日常のことばたち

時々落ち込むこともあるけれど、いまを生きるんだ。

荒木飛呂彦原画展に行ってきた!

2018-09-02 23:15:56 | 日常
お久しぶりです。

なんとか生きてます。

近況としては、8/25に大学同期と荒木飛呂彦原画展へ行き、めちゃめちゃ楽しんできました。

会場は国立新美術館。

漫画家で国立新美術館で原画展は、手塚治虫さん以来二人目らしいです。





チケットは完全日時指定。

もちろんすべて完売です。(当日券は先行販売分が余った場合のみ)



入場可能の時間になっても、入場を整理されて、少人数ずつ誘導されていました。

荒木飛呂彦先生の生原稿や生原画を観てきましたよ!

























これらは、撮影可能エリアに展示してあった原画です。

東京会場のキービジュアルは、



空条承太郎とスタープラチナ。

11月開催の大阪会場のキービジュアルは、



ディオとザ・ワールド。

550円でコーナー別の解説が聞けるICレコーダーのような機械をレンタルして、このキービジュアルについて聞いてきました。

正義と悪ということで、空条承太郎(スタープラチナ)に対して、ディオ(ザ・ワールド)。

承太郎の背景に富士山が描かれ、三角を意識。それに対してディオの背景には月が描かれ、円を意識。

この時のディオは、

「なんで負けたのかなぁ?」

と物思いにふけっている様子だそうです。(荒木飛呂彦先生解説)

東京キービジュアルの承太郎とスタープラチナがディ・モールトカッコイイです。



原画展の前にちょっと寄り道して、メルセデスミーに行ってきました。

メルセデスとジョジョがコラボして、カフェもジョジョ模様になっていました。





















カフェでエメラルド・スプラッシュ・ソーダを頼みました。

コースターが花京院のレロレロです。

オラオララテも気になりました。


2時間45分をかけて会場を出てランチ。

近くの六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで、週刊少年ジャンプ展もやっているとのことで、六本木ヒルズまで行くと、何やらドラえもんがたくさんいました。



ここで、最高気温37℃ということもあり、結構疲労困憊。

ジャンプ展は諦めて、早めに帰宅。

東京キービジュアルの複製原画が欲しかったのですが、54000円…(税、送料、梱包料込み)

うぅ…手が出ない…。

泣く泣く諦めて、他のグッズを買って帰ってきました。

夏のいい思い出になりました。

東京では、10/1までやっているので、時間があれば、もう一度行きたいなと思いました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人生のどん底 | トップ | 「縁を大事にしたら、運命も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事