日常のことばたち

時々落ち込むこともあるけれど、いまを生きるんだ。

生きればいろんなことあるけど

2019-03-26 01:23:41 | 日常
ひとりで死ぬなってことだな。

誰かを道連れにしろというわけではない。

生きていると良いことばかりじゃなくて、悪いことも起きて、ショックを受けたりする。

それでも時間は進んでいって、何もしなくてもお腹は減って…

泣きながらご飯を食べたことを思い出す。

そんな私にも、死んでしまいたいと思うことがあったけど、それでもなんとかここで生きている。

なんで生きているのかと問われたら、人の死は周囲に大きな衝撃を与えるから、悲しませたくないという気持ちもあるし、単純に勇気がなかっただけかもしれないし。

良い意味で結果論だけ見れば、

「今生きているということは、まだ死ぬ時ではないということ」

多様性が認められるようになったこの世の中では、いろんなことがあるし、いろんな人がいるし、いろんな生き方があってもいいと思う。

辛いことがあっても、腐らずに真面目に生きてきたら、良いこともあると思うし、そうなるように自分で変えることもできると思う。

そして、最期を迎える時は、ベッドの上でとは思っていないけど、生きていたことを誰かに伝えたり、思いを託したりして、天に召されたら幸せだと思う。

泣いてくれてもいいんだけど、

「あいつ、良いやつだったな」

と思ってもらえるように、今を生きていきたいと思う。

なんでもない毎日の積み重ねが、思い出という過去を、今へつないでいって、2つの目で見据える未来を映し出すんだろう。

それが明日でも、10年後でも、40年後でも。

自分の卒論のテーマでもあったけど、

「今を生きる」

ということには、常に考えさせられるし、生涯のテーマでもあると思う。

生きていれば、良いこともあるよ。(個人の感想です。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Amazonェ… | トップ | 桜の下 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事