goo

隠れ三滝-霧降高原-

【日光 霧降高原・隠れ三滝ハイキング】
東武日光駅からバスで約15分。
霧降高原の入り口にある「霧降の滝」から、隠れ三滝と呼ばれる『丁字滝』『玉簾滝』『マックラ滝』をめぐるハイキングへ出かけた。
ガイドブック(ネイチャーウォーク)によると、初心者向けの約2時間半のコース。

霧降川沿いのハイキング道に出るまでは、笹や草が生い茂る道を進む。
ここで、さっそくアクシデント!
虫が同行者を執拗に追ってくる。しかも、刺されてパニック!
行き交うハイカーに心配されつつ、長袖をそそくさと着る私達・・・。
虫よけスプレーを塗りたくる。

しばらく進むと霧降川沿いに歩くコースに出る。
虫を忘れて、清流を楽しみながら歩く。
川の冷たい水を、火照った顔にをかけて冷やす。
いつまでも、手をつけていたいほどキレイな水だった。

主道をそれて、道標にしたがい『丁字滝』へ。

人もいなく、滝の飛沫を思い切り浴びることができる。
こんなに滝のそばまで寄るのは初めて。

主道に戻り、しばらく歩くと『玉簾滝』にでる。

岩場を歩くと、滝近くまで行ける。
この時点で、出発から約2時間。Tシャツは汗でびっしょり。
木漏れ日の陽射しは強いけれど、空気が気持ち良い。
汗をかくことが、こんなに気持ちいいだなんて。
ちょっとコワイな、と思う岩場もなるべく足場が良さそうなところを選びながら登るのも、また楽しい。普段使っていない脳を使っているなーなんて思ってしまった。


続いて、マックラ滝を目指し、急な登り坂をゆっくりと進む。
距離にすると、玉簾滝からは約0.4km(25分)くらいだが、平坦な道と違って息がきれる。
やっとマックラ滝近くの川沿いに出る。

ここで、お昼休憩。
川辺の石に座って、持ってきたおにぎりを食す。
外で食べるゴハンの美味しいこと!
川をのぞくと、水棲の虫がいた。

一休みしたあとは、丸太の橋を渡り『マックラ滝』へ。
その昔、周囲の森は今よりずっと深く濃く、木々が鬱蒼と茂って真っ暗だったため、この名がついたとか。

細かな水の粒に包まれる。

このあとは、車道にでてスタート地点まで戻る。
車道とはいえ、車は通行止めになっているらしく、自然を感じながら歩くことができる。
しかし、この道が一番キツかった!
なだらかな坂道がダラダラと続くので、息がきれる。
アスファルト道は、山道と比べるとやはり暑い。

初めてのハイキングは、スタート→ゴール 約3時間半(休憩30分)でした。
歩き初めは重く感じていたリュックも、途中からは重さを感じない程『歩くこと』を楽しんでいた。
大好きな滝を巡るコースに大満足。
さて、次はどこに行こうか。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« Raichle of SW... 用もないのに。 »
 
コメント
 
 
 
滝! (姉妹堂)
2006-08-21 18:16:00
トレッキング(ハイキング?)、いいですね~。わたしもやってみたいです!

滝と、洞窟と、橋とダム。

この4つ、なぜか、聞くと行ってみたくなる。

マニアックなやつ、と夫にはバカにされています。

自然の中を歩くのって、気持ちいいですよね!
 
 
 
マニア。 (popoki)
2006-08-26 08:49:16
トレッキング、いいですよ~。

完歩した達成感と爽やかさは、やみつきになりそうです。

姉妹堂さんは「滝・洞窟・橋・ダム」マニアですね(笑)

結構、いますよ「滝・洞窟・橋・ダム」マニア。

ご安心を♪

私は、「滝・洞窟・水」マニアです。目的がある旅っていいなぁと実感した日光でした。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。