木工挽物という仕事

基本的には時代遅れの仕事
正反対の位置にいるブログから発信してみます
でもブログも先端じゃなくなりましたね

その日

2019-12-08 02:02:00 | 人生
二日連続で「合掌」記事を書いたのだが、今度は先日芋の初収穫のご相伴に与ったお相手しゃちくんのお母様の急逝
いろいろ自分と比べて思いが交錯します
一週間近く気付かなかった 恥ずかしい という言葉もあったのだが懸命に生きてるとそこに気付く余裕がないことも現代人の弱点の一つだろう
古い友人のW君、彼のご母堂もよく似た状況でしばらくその死に気付いてあげられなかったことを後悔してました


僕は今母の部屋の上に住んでるんで毎朝薬とちょっとした食料やビールなどを届けるんですが朝その部屋の鍵を開けることが多くなりました
以前は朝はちゃんと自分で解錠をして僕の来るのを待ってたんですがこの頃はそっちの気配りも出来なくなってきました
最初は僕自身が解錠するときに何か起こってるんではないかという不安で鼓動を速めながらの解錠でしたがこの頃は普通
たまに開けてもカーテンが引いてあって暗いままの時もあり緊張することも有りますがそれも日常に近くなってきました


いつか来る日
それは突然かもしれない。ゆっくりかもしれない

両方とも辛くて悲しいけれどご本人にとっては前者の方が恵まれているのではないかと思える
勿論平均寿命を達成された方あるいはその近辺の方、限定なのだが


三日続けて 「合掌」
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 20歳年上の後輩 | トップ | 財布を忘れる »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご高齢のご両親がいらっしゃると (masamikeitas)
2019-12-08 03:21:24
かっつん、おはようございます。

ご高齢のご両親がいらっしゃると、何かと心配ですね。

>一週間近く気付かなかった 恥ずかしい という言葉もあったのだが懸命に生きてるとそこに気付く余裕がないことも現代人の弱点の一つだろう

シャチさんのブログを拝読しましたが、致し方ないことだと思いました。
どうしても仕事優先で生きていますから。

かっつんは毎朝お母様を確認されているので、大丈夫なのでは。
お母様もかっつんが毎朝見に来られているので安心されているのでは。
Unknown (natu)
2019-12-08 11:19:50
かっつんさんの記事を拝見して自分の場合のことを考えて見ました。1,2週間どころか1ヶ月くらいは気がつかないかも知れません。
時々孫からラインがくる程度で、長男は東京に住み次男は千葉ですが商売をしているので忙しい身です。facedookで次男とは繋がっている程度なのでfbを何週間も投稿しなければ気がつく程度です。死んでいく本人は別に困ることはないのですが、あとに残る人に迷惑をかけることになりますね。
正月に会うことが出来たら話し合っておきます。
masaやん (かっつん)
2019-12-09 00:39:37
あれほど心にかけて毎日の生活を続けていたのに心の隙間で自分が恥ずかしいと感じることは起きてしまいます
うちはそういう意味では僕が健康な限りその機を逃すことはないでしょうが、それはあくまで環境の違いという事でしょう
母に対する失態は何処でどう起こるかしれません
しゃちくんはいろんな転ばぬ先の杖を用意されてたと思いますが僕はまだまだ足りない部分も多いです。
natuさん (かっつん)
2019-12-09 00:48:38
あなたの行動で本当に今を生きる勇気を感じさせていただいてます
いつの日か必ず訪れるその日があります
でもそれは誰も平等な形でやってくるとは限りませんね
どんな形で迎えようと悔いのない最期を迎えたいものです。
残された者への配慮 すべての人に必要でしょう。その決意とても素晴らしいと思います。

コメントを投稿

人生」カテゴリの最新記事