高円寺的地下音楽夜話 再編準備中

東にUFO、南に円盤、
北を抜ければペンギンの棲み家。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

川村ひさしさんが亡くなった

2012年05月26日 15時01分58秒 | 人物・場所
親しい友人にはかなり昔に打ち明けたのだが、自分が初めて見た日本のロックコンサートは日比谷野音で行なわれた「バッド・ボーイズ」だった。
前座に「ケンとメリー愛のスカイライン」の「BUZZ」、ゲストに寺田十三夫がGSの「アダムス」のギターの人と結成した「信天翁」などが出た。

この時の様子ははじめてのロックコンサートということもあって鮮明に憶えているのだが、ネットの時代の恩恵かより詳細なファンサイトが以前からアップされている。

http://www8.big.or.jp/~hsato/badboys/Story3.html

ただし、この記事で抜けている部分を私の記憶から補正すると、
(写真はコンサート司会者)
というあやふやな紹介をされている人物こそ、その後「Pops In Picture」のナビゲーターや後期「ヤングおー!おー!」の客席側MCを担当していた川村ひさし氏だ。

「PIP」は、まだ日本盤が出ていなかった「KISS」の紹介をしたり、まるまる一回分の放送を「QUEEN」の初来日特集にあてたり、ものすごく画期的な音楽番組だった。
番組冒頭の提供クレジットに国内ロック系全レコード会社の名前が誇らしげに掲げられており、番組への期待はいやがおうにも高まった。

ただ、放送時間帯が平日夕方、早朝に近い深夜枠、更に不定期化、UHFへの移行、など関東での視聴環境はどんどん厳しくなっていき、いつのまにかフェイドアウトしてしまった。
長く続いた「ヤングおー!おー!」もなくなり、川村氏は関東在住者の視界から消えていった。

長い時間が経って阪神大震災のレポートで久しぶりに登場した川村氏は川村龍一と改名され、関西を拠点に発信を続けていたことを知った。

その川村氏が亡くなったそうだ。
まだ70歳前ではないか。

前進中だった様子だし、過去を振り返るのも性に合わなかったかもしれないが、「Young Music Show」とともに70年代最重要ロック番組だった「Pops In Picture」を振り返った著書など読んでみたかった気がする。

なんか「話の分かる兄貴」みたいな、大人と子供の橋渡しみたいな印象のある人物だった。

安らかに。
コメント