習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

小路幸也『リライブ』

2010-11-21 22:41:02 | その他
 7篇からなる短編連作だ。死ぬ直前、その人の前に現れるバクと名乗る存在。彼は(それは目には見えない存在で、意識に働きかけるので「彼」というのは少し変かもしれないのだが)もう一度、ある時点から人生を生き直すことを持ちかける。そのかわり、交換条件として、自分が過ごした最初の人生でのやり直す前の記憶を貰うという。

 この設定のもとで生き直す人たちの、その顛末が描かれていくことになる。最初のエピソードにはちょっと驚かされた。なんと、あの、誰もが知っている夏目漱石の『こころ』を、ほぼそのまま焼き直した話なのである。だから、先生とか、Kをリライブさせてしまうのだ。Kは死なないし、お嬢さんと先生も幸せに暮らすのである。その大胆さには、笑えるやら、呆れるやらで、ちょっとした感動がある。

 その後のエピソードも、単純と言えば単純なのだが、でも、読んでいて、心がほっこりする。さすが、小路幸也だ。第6話には、エピソード0とでも言うべきストーリーテラーであるバク誕生秘話を挟んで、ラストまで、一気に読ませる。軽い読み物として、悪くない。とても楽しかったし、なんだかいい気分にさせられる。単純なよみがえりではなく、第3者も関与させ、けっこう重層的な結末も用意するのは、心憎い。


コメント   この記事についてブログを書く
« 売込隊ビーム・プロデュース... | トップ | 酔族館『ウルトラの子』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事