習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

『ピザ!』

2019-01-13 15:53:37 | 映画

 

こういう小さなお話を、90分程度(91分)の小さな映画として無理せずちゃんと収めるのは上手い。小さな寓話として気持ちよく見られる。インド映画のはずなのに、よくあるマサラムービーのこってりとした商業映画とは一線を画する。だからといってアート映画では断じてない。ジャンル的には児童映画ということになろうか。昔よくあったイラン映画。キアロスタミの『友だちのうちはどこ?』の路線に近いけど、ラストのオチも含めて、これはもちろんもっと甘いし軽い映画だ。

 

ここに多くを期待したなら、がっかりするけど、何も期待せず見ると、おおっ、と思わされる。特にロケーションが素晴らしい。少年たちが駆け抜ける町のたたずまい。ドキュメンタリータッチで捉えた描写が凄くいい。母親や祖母とのやりとりも生き生きしていて、インドの下層市民の日常のスケッチとして新鮮。

 

何も考えず、見ていると、お話も微笑ましくて、気持ちがいい。子どもたちの無邪気さ、小さな冒険。彼らの生活圈に出来たピザ屋もスノッブというほどではないし、手が届きそうで届かないという微妙さがこの映画の上手さか。リアリズムではなく、ちょっとしたファンタジーとして愉しめる。

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« かしこしばい『河童ライダー』 | トップ | 1980年代映画ベストテン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事