習慣HIROSE

映画・演劇のレビュー

猟奇的ピンク『(Let's)Take it easy at home??』

2018-06-02 00:37:58 | 演劇

 

帰って行く場所がある。そこに行けば待っていてくれる人がいる。旅の終わりには必ずこの町に戻る。そこには先生がいる。彼は昔ここで住んでいた。でも、もう家族はいない。先生のもとに行くことで彼は日常に戻れる。

 

夏になると必ず長い旅をする。長期休暇を取り、いろんなところを訪れる。そして、最後は必ず、ここを訪れ、今ではもう年老いた先生に会う。この町を見て、それから、今、自分が住む(暮らす)ところに戻る。

 

もう先生以外、誰も、いない。いや、いないわけではないだろうが、合うべき人も見るべきもののもない。

 

ひきこもりの男、大学生、女子大生と女子高生。自動販売機から、80円のポカリスエットを買う。いくつものイメージが切れ切れに描かれる。でも、それらは微妙に重なり一つの世界を形成する。繰り返されるエピソードもある。チラシにもある「中学の時、親が離婚した。妹は1歳だった」で始まるナレーションもそうだ。記憶の中のできごと。幻のような町。現実と空想の狭間で、この短い芝居は走馬燈のように見え隠れする。

 

この芝居自体が、どこに行こうとするのかわからない。それでは芝居として体を成さないではないかと言われると、確かにそうだな、と思う。でも、この幻のように儚い65分の世界はなんだか心地よい。

 

 

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 演劇集団よろずや『オー・マ... | トップ | 『恋は雨上がりのように』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

演劇」カテゴリの最新記事