ポニーさんの街ぶらと撮り鉄 「ポニ夢中」 (ぬる鉄紀行)

鉄道(ぬる鉄)写真ばっかですが覗いてくださいね。 適度にテキトーにやっております

初入場 京都鉄道博物館その3 EF66 35号機 (2019年4月 オマケは35号機昔)

2019-06-11 12:06:09 | 都会の風景
こんにちは  火曜日いかがお過ごしでしょうか   浜松は今日も曇りと思われます
適度にテキトーにお送りしているポニーさんの「ひとり京都撮影協会」 は4月28日 京都鉄道博物館初入場 
EF66 35号機が展示されておりました  落成が昭和49年、西暦でいうと1974年か  今年で45年 
スタイリング、性能 博物館モノの機関車です
1年先輩の27号機が今も現役というのがホント不思議  可能な限り頑張ってほしいですね。

昔懐かしの写真  昭和52~53年ころでしょうか 浜松市街を通過する次位コキフ(空かよ・・) 優等貨物列車
この頃はヘッドライト点灯せずに走行しておりました  ブルトレ牽引の姿は記録できておりません・・

運転室に外気が入りこみにくく夏は超暑く 上部に弁当箱(冷房装置)を装着  ワム牽引の姿を。

更新色なりたてでしょうか ピカピカです

菊川-金谷間 昔のコンテナは今のエンジと違って明るい色でしたね。

35号機は66の中でも個人的一番記録できたのではないかと  これが最後の撮影だったと思われます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 近鉄山田線 漕代-斎宮 田... | トップ | 山手線E235系「スシロー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

都会の風景」カテゴリの最新記事