あるコリア系日本人の徒然草

反日・嫌韓が言われて久しいですが、朝鮮民族として、また日本人として、ありのままの感情を吐露していこうと思います。

うんざり。

2005年03月01日 | その他日々雑談
帰ってきたらノ・ムヒョン韓国大統領の「謝罪・賠償」発言が出ていた。三・一独立宣言にちなんでの韓国民へのパフォーマンスなのかもしれないが、いい加減うんざりである。これでますます日本国民の嫌韓度が強まるだろう。自分がそれに(アリのように)抵抗しているようで、強い脱力感にさいなまれる。ちなみに日本は韓国に対して「謝罪・賠償」はする必要が無い、というのが私のスタンスである。もっとも中国に対しては、場合によっては個人補償をする必要があるかもしれない、とは思っているが。今日はコメントへの返事だけで手一杯になりそうなので、この「謝罪」「賠償」「責任」「恥」という概念を、ドイツ・日本の戦後処理を比較しながら、明日か明後日にも述べていこうと思う。

それにしても、自分が無力の存在である。
コメント (54)   この記事についてブログを書く
« コリアと友好を築く意義 | トップ | コメントについて »
最近の画像もっと見る

54 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一読者)
2005-03-02 00:34:45
こんばんは。



管理人さんの冷静なお話、いつも興味深く拝見しております。うんざり。などと言わず、これからも続けていって下さいね。



私自身は、下の方のエントリのコメント欄に書かれていた丸いさんのご意見には非常に共感しました者です。



管理人さんのおっしゃるシンパシーは、ここ十数年前までの日本の保守派は持っていたのではないかと思うのですけど‥それにもかかわらずの韓国政府、韓国報道機関、それにのせられ続ける韓国人に、日本人がうんざりしてしまったのではないかと思うのですが。ただ日本人も主張すべき事を主張してこなかったという所はあると思います。あくまで個人的主観です。



漢字の多すぎる文章、資料を読むことを避けてしまう面倒くさがり、頭の悪さですので、管理人さんと議論できるほどの者ではありません。この辺で失礼いたします。

これからも冷静な議論を楽しみにしています。
こんばんわ (ゆー)
2005-03-02 00:57:25
今日友達とノ・ムヒョン大統領のこの発言について話しててあんまりおもしろい結論に辿り着いたので書いちゃいます。



友人曰く、日本は浮気した夫だそうです。



えと、つまり過去に一度浮気(侵略)をした夫が妻に謝罪をしおわびのプレゼントを贈る(賠償)かわりに家事を手伝うこと(経済協力)を約束し、いったんは妻もそれで納得した。

で、夫としては浮気の事はそれで終わりのつもりだったのに、ヒステリックな妻は根にもって何かあるたび(靖国参拝等)にそのことを持ち出すってわけだそうです。

しかも妻がぎゃーぎゃー夫の過去を責め立てるたび夫の方はだんまりを決め込むから妻は夫が反省してるものとばかり思い込んでしまう。

でも実際は夫は影で妻がしつこくてうんざりすると陰口を叩いている。で、それを知った妻は益々怒りを爆発させる。

ってわけだそうです。



あはは~おばかなカキコでごめんなさい☆

でも案外当てはまっているような気がして友達と2人で盛り上がっちゃたものですから~つい。



でも文章にすると急につまらなくなっちゃうのはなぜ~?

本当はもっとおもしろい話なのにぃ(><)



今後の韓国対日外交の予想。 (druji)
2005-03-02 07:21:11
予想と言うほどのものではないが、当たり前のことを当たり前に書くだけです。



韓国は民主国家です。

できれば韓国は日本と仲良くしたがっている。



だが、民主国家である以上「国民感情」を無視した政策行為は「政権の自殺行為」である。

つまり、『韓国が自国民の国民感情を無視してまで、日本の期待通りの政策を行う』はずがない。



何故、日本人の多くはこのような簡単な事実を理解していないのだろう。



民主国家と民主国家は両国が自主的に積極的な協力意思を打ち出さない限り、『相互の協力関係』など絶対にできない。



アメリカがイラクに民主主義を持ち込んだから『反米的シーア派が多数派になった』のです。

まさしく、これが民主主義の常態です。



韓国が民主化されて、その民主主義がようやく社会的に定着したのだから、今後の日韓関係は相互の自主的意志に基づいた努力が無い限り発展することはありません。



ノムヒョンは努力していました。

小泉を済州島に招いたり、鹿児島に出てきたり。

私がノムヒョンの立場なら、絶対にしませんよ。小泉が靖国へ二度と行かない。といわないかぎり。



そして、国民感情を自分の政策実現のための抵抗勢力にならないように、可能なら味方につけるようにして、政権運営を安定させるために利用します。(これは民主国家の政権運営の常識)



対日関係が上手くいかなくなるが、自分の政権を不安定化させてまで上手くやる必要は無い。

貿易関係は多国間協議の場で話せばいい。



つまり、今後、韓国にどのような指導者が出てきても、日本が韓国民感情に配慮する姿勢を出さない限り、『絶対に良くならない。寧ろ、厳しさが増していくだけである』
drujiさんへ (○宮)
2005-03-02 10:30:04
それは違うんじゃないのかな。

日本政府は韓国政府および国民感情にこれまで配慮しすぎていたと思います(最も大きいのが、確たる証拠も無く、慰安婦発言をした「河野洋平」「宮沢喜一」ですね)。

むしろ、韓国政府および国民が日本の国民感情を配慮してこなかったのが、最大の原因だと思います。それをあおってきた日本の反日勢力も大きな責任があります。結局、李承晩初代大統領の自らの政権の正当性を確保するための反日教育がその後の政権でも維持され、その結果として、国民の反日感情をコントロールできなくなったのが現在の状況でしょう(アジアカップ時の中国と同じですね)。この状況が変わるのは、韓国が大きく変わらない限り無理です(ここまで増長させた日本にも問題はあると思いますが。あ、こう書くとまた付け入ってくるかな)。李完用氏の「愛国心」がわからないようでは、韓国は当分発展途上国(後進国?)のままですね。日本は安泰ということでしょうか。

 ただ、私はこのような「反日」勢力に感謝しているところもあるのですよ。彼らがいわゆる「従軍慰安婦」を教科書に載せると言う行動を起こさなければ、この問題については深く考えなかったですから(現在の日本の反韓勢力が強くなったのはこの事件からでしょう。言論界では「世界」「論座」は壊滅に近い打撃を受けている。かろうじて残っているのが週間金曜日w)。最近の朝日の凋落ぶりを見ると、時代の移り変わりを感じます。

 今回の大統領発言は極めて重たいものであり、日本政府には毅然とした態度で対応していただきたい。このような状況下で「ノービザ」などとんでもない。指紋押捺を復活させてもいいくらいだと思います(こうすることで大量の帰化韓国・朝鮮人がいる中、何故かふえている在日韓国・朝鮮人の増加にストップがかけられるかもしれないから)。
よくぞ言ってくれました (abusan)
2005-03-02 12:54:51
正直、微妙な問題なので在日系blogで触れる

のは一日以上かかるだろうと思ってました。

まあ、ノ・ムヒョン韓国大統領発言への

手放しの賛同は日本人的に論外と言うべき

ものですが。日本人として断固として抗議

します(ー_ーメ)



はて、ノ・ムヒョン大統領は国際社会をどう

思っているのでしょうか。歴史カードの乱用

が韓国と韓国人の品位を著しく貶め、日本以外

の諸国からも軽んじられる原因になる事を

判ってやっているのでしょうか?



西岡力曰く「韓国の辻元清美」



もう最悪でつ(ー_ーメ)
盧武鉉発言の別の視点からの意見 (通りすがりの者)
2005-03-02 13:23:14
やってしまいましたね盧武鉉大統領。

賠償発言もさることながら、北朝鮮の拉致問題を絡めて言ってしまったのは間違いでしたね。

盧武鉉大統領を見ていると、外交戦略を本当に持っているのか、本当に国際感覚があるのか疑問を持ちます。

いまは、日韓関係をこじらす時期ではないのに・・・・・



昨日の保守系のブログを巡回したところ、ほぼ大統領発言ことについて触れてました。小泉首相は平静を装っていましたが、国内の世論は明らかに反韓に傾きつつあります。この首相の態度は対韓という意味では有効ですが、対日本国内世論という意味では、”ガス抜き”として大統領発言を憂慮(or非難)すると発言すべきでした。ここで”ガス抜き”をしなかったことによって、南北朝鮮に強硬姿勢で望むように長期で求められることになります。すでに対中国でそうなったように。



北朝鮮問題で、北・中・露VS日・米・韓とされるものが、北・中・露・韓VS日・米になりつつあると言われていますが、本当にそうでしょうか。特に中・露VS日・米と対立していると言われていますが、北朝鮮核問題に関しては明確にNOと言えます。なぜならこの四カ国は朝鮮半島が核を持つことを容認してはいません。中国はただでさえ、北朝鮮の現政権を制御できていない上に、北朝鮮が核を保有したら、日本の核武装を招きかねません。最近、いくつかの日本の番組で核武装について議論すべきとの発言がありますが、その反応はおしなべて冷静です。数年前なら、番組が潰れていたでしょう。日本が核武装をすべきかどうかは別にして、中国はこれからも半島の非核化に動くでしょう。また、台湾問題で日米と対立を深めているため、北朝鮮問題で対立を決定づけることはしないでしょう。



現在の流れで、6カ国協議で解決されなかった場合、国連の安保理に付託されることがほぼ決まっているようです。その時に中国は拒否権を行使しないとの観測が出ています。そうすれば経済制裁→北朝鮮崩壊の流れに進んでいきます。いくつかの可能性の一つとして、中国が”緩衝地帯”として、北朝鮮を吸収するとの予想があります。もう一つは、南北朝鮮の緩やかな国家連合です。いづれにせよ、日本との関係を損ねる発言をしたのは失敗でした。

もし中国が北を吸収する場合は、対中として日米の協力が必要です。もし南北朝鮮の国家連合の場合は、やはり周辺国の経済支援が必要です。しかし今回、国際法を無視してまで公式に「賠償要求」の発言をしてしまったため、日本の姿勢は強硬になるでしょう。しかも頂けないのは、「日本の拉致被害」と「過去の”強制連行”」を同一視してしまったことです。これにより対北朝鮮への「補償」も日本側から支払いにくい状況にしてしまいました。現在の米韓関係についてはいまさら語りません。



日本はすでに日韓基本条約とそれに付随する条約の中で、「韓国を半島における唯一の合法政権として認める」と「完全かつ最終的に解決した」との文言があります。これは一般的には、北朝鮮のの「賠償金」も含まれると解釈されています。しかし、実質的に北朝鮮との国交回復交渉の条件として「経済協力資金」として、多額の「賠償金」を支払う方向で進めています。それが良いか悪いかは別にして。今回の発言により、日韓基本条約をより「厳格」に遵守していくことを求められることになるでしょう。尚かつ、かねてから議論が沸き起こっている”強制連行”議論に対して、火に油を注いでしまいました。



おそらく盧武鉉大統領は読み違いをしているでしょう。世間で言われているように「北・中・露・韓VS日・米」の対立構造だと。そして国内向けへの単なるガス抜きとしての発言だったのかもしれません。しかしその代償は大きくなりそうです。

私もうんざり (Korean Japanese)
2005-03-02 15:30:40
Pontakaさん、私も同感です。朝鮮学校出身の元恐日韓国人(朝鮮人)の私がうんざりなんだから、日本人ならなおさらですね。



盧大統領は経済政策や国内政治はともかく、大統領自身の対日意識に関しては今までの大統領より少しまともかと思ってたんですが。



国内の民主化問題を専門にしていた人だから、日本に対する変な先入観が少なかった分、素直にまともな事を言っていたのが、マスコミや野党、与党内部からたたかれて、いつものようになってしまったんですかね。



朝鮮日報の一コマ漫画に、「任期中は過去史問わない」と言った盧大統領が「謝罪し、賠償せよ」と言っているのを聞いて、小泉首相が「もう任期終わったの?」と側近に聞いているのがありました。笑っちゃいました。
ドイツと日本の戦後処理 (huda)
2005-03-02 18:53:21
こんばんは。



戦後処理の元となる戦時行為自体が日独では違いますのでなかなか難しいと思いますが、pontakaさんがどのような切り口で語られるか楽しみにしております。



この比較になるとたいてい持ち出される、ヴァイツゼッカー大統領の『荒れ野の四十年』は高校生だったか大学生だったかの時に翻訳(岩波ブックレット)を読んだことがあります。当時は素直に読めましたが、下記リンク先のような見方もあり、今の私は、この「とかげのシッポ切り」という見方に近い見方をしています。



http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog118.html



ところで、私はドイツ人と接したことは片手で数えるほどしかないので、自分の体験としては十分なものを持ち合わせていないのですが、ドイツ人は<戦争を始めたことそのもの>を悪いことだと思っているのでしょうか。



この疑問は、同時代的観点という視座を持ち合わせているかどうか、と言い換えることが出来るかもしれません。多くの日本人は、恐らく持ち合わせていないのに対して、ドイツ人は60年前の出来事を既に歴史化して俯瞰することが出来るようになっているのではないかと。



上手く説明できないです。お読み捨てを。
Unknown (紀伊国屋)
2005-03-02 19:30:38
 今日、Pontaka氏はこう書いている。

 <韓国民へのパフォーマンスなのかもしれないが、いい加減うんざりである>

 昨日はこう書いている

<日本人はマナーとして韓国人に対しシンパシーを感じればよいのではないか>

 

 日本人のマナーとしての韓国人へのシンパシー(同情や哀れみ)を感じればよいと言うのなら、いい加減うんざりはないであろう。

 とてもあなたの同情心や哀れみがうんざりからは感じられない。

 



 まずは隗よりはじめよである。

    

 

 
皆様への御返事 (pontaka)
2005-03-02 22:11:36
>一読者さん

応援ありがとうございます。僕も「丸い」さんのご意見に非常に理解を示す一人です。



>ゆーさん

面白い話ですね。結構的をついているかも。



>drujiさん

初めまして。確かにノムヒョン大統領は、国民受けを狙っているんでしょうね。しかし国民へのパフォーマンスを外交に波及させるのは、民主主義でももっとも危険なことだと思うのですが。ヒトラー然り、日露戦争後の日本然りです。従って、今回のことは100%ノムヒョン大統領の失敗だと思っています。



>○宮さん

李完用氏の「愛国心」は別に僕は特に評価していません。日本側からすると「いいやつ」だったかもしれないが、朝鮮半島側からすると「売国奴」になってもしょうがないでしょう。結局最終判断するのは朝鮮半島側です。日本がどうのこうの言う問題ではないと考えます。あと、ノービザと今回の発言は、別に関係ないと思います。僕はノービザに反対ですが、理由は唯一、韓国からの強盗スリ団などの犯罪グループの潜入を防ぐためです。別に政治的意図はあまり気にしていません。指紋押捺云々は、アメリカなどで取り入れられているとはいえ、慎重にした方が良いでしょうね。日本がアメリカほど外国人にとってまだ魅力的でない現在、優秀な外国人まで招致できない政策をとるメリットをよく考えた方がよいと思ってます。



>abusanさん

僕も日本人として断固抗議しますよ。僕が日本人ということ、忘れないでね(笑)。どうもコリア系の一面ばかり注目されてしまうもので。ちなみにノムヒョン大統領は、基本的に国際音痴だと思います。だからこそ、国内で言っていることと国際舞台で言っていることが無茶苦茶に矛盾してしまうんでしょうね。まあ僕は、彼の発言は完全にパフォーマンスだと思ってます。しかし、危険なパフォーマンスです。





>通りすがりの者さん

お名前もし変えてもらえれば嬉しいです。ちょっと判別しにくいもので。確かにノムヒョン大統領は国際感覚が全く無い人ですね。それに小泉首相も毅然とした態度で臨むべきだったと、僕も思います。真の友好関係は遠慮では生まれませんもんね。六カ国協議においては、核に関しては北・韓VS日・米・中・露になりつつあり、拉致に関しては北・韓・中・露VS日・米になりつつあるのではないでしょうか。あと、日韓基本条約について一言。北朝鮮への「賠償金」も含まれると仰ってますが、これは違うと思います。この前の文書公開にて、韓国側が北側への賠償金ももらおうとしたが、将来の北朝鮮との交渉に重大な障害になりかねないと考えた日本が断った、という事実が判明しています。この話はよくあるネット上のデマ(Junk)だと思います。



>Korean Japaneseさん

仰る通りです。ノムヒョン大統領自身は、日本との関係に歴史を持ち出したくないのかもしれませんが、結局マスコミやらに押しやられて今回の発言になったのだと思います。朝鮮日報の一こま見ました。何かセンスあるマンガですね。



>hudaさん

この自由史観グループの見解は、僕も知っています。「トカゲのしっぽきり」というのは、ある意味正しい一面があるかもしれませんが、ドイツを比較的よく知っている僕としては、少し悪意に満ちた言い方をしすぎだと思います。僕が接した経験からすると、基本的には(僕と同じくらいの世代の)ドイツ人にとって、あの大戦の話し自体タブーになっている感じがします。ただ僕が日本人ということで、特に仲のいい数人のドイツ人とは話しました。その感じからすると、「戦争を起こした」そのものに対しても、ドイツ人としての責任を感じているようです。またもう一つ、ヒトラーがドイツ人によって民主的手続きによって選ばれた事実にも、責任を感じているようです。ということで、ドイツ人以外(僕の周りではメキシコ人・インド人など)からむしろ同情されています。

自由史観グループが、「ドイツはホロコーストのみに対して責任を感じている」というのは、明らかな誤りのような気がします。「ドイツ人は60年前の出来事を既に歴史化して俯瞰する」とのことですが、やはり今でも引きずってます。去年はポーランド国会がドイツに対する賠償決議を行い(報復措置ではあるが)、ぎくしゃくしてます。また、最近では強制労働に対する(ユダヤ人だけではない)補償も始まったばかりです。残念ながらあの大戦の敗戦国(日本・ドイツ)は、最後の最後にばばを引いたんでしょうね。しかし日本に対する連合国の処置は、ドイツに比べると本当に優しいものです。彼らはいわゆる「固有の領土」まで奪われ、それを二度と取り返せないんですから。結構同情します。一番ひどいことをして今でものうのうとしているのは、ロシアですね。だからこそ彼らからすると、日本が北方領土でがたがた言うのが理解できないんでしょう。

でも、僕のお話ごときを楽しみにしている、と言われると、照れちゃいます。ともあれ光栄なことなので、あまり無理しない程度に書いていこうと思います。



>紀伊国屋さん

やはりあなたは私の主張を理解しておられないようです。私は何度も繰り返し言っていますが、「他民族に征服された歴史事実に対して、シンパシーを抱け」と提案しているのであり、その提案と韓国人の反日行為・誤った歴史認識は全く別次元の話です。従って、私の両主張は全くもって矛盾するものではありません。あなたの仰っていることは、「(両方とも甘酸っぱいフルーツにもかかわらず)リンゴが好きなのにミカンが嫌いなのはおかしい」と言っているようなものです。ということで、私は「隗より始めて」います。

もっとも私の文章力不足が原因かもしれないので、そのことに対してはお詫び申し上げます。一方あなたの方は、あなた自身の礼儀をわきまえない言い方についてどう考えておられるのか、分かりかねますが。

コメントを投稿

その他日々雑談」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

言っちゃった・・・ (世の中驚くことばかり!)
2005年03月01日(火) ASAHI COM. 韓国大統領、歴史問題で日本批判 「謝罪と賠償を」  盧武鉉(ノ・ムヒョン)韓国大統領は1日、1919年に起きた日本による植民地支配に対する抵抗運動「3・1運動」86周年記念式典で演説し、日本に対して「過去の真実を究明し、真
国籍取得特例法案 (Korean Japanese)
2001年1月、自民、公明の両党によって旧植民地出身者と子孫の特別永住者が日本国籍を取る要件を緩和する「国籍取得特例法案」を作成しました。 この法案が出された時、私は50年かかってやっと、本来の姿になりつつあるなと感慨深いものがありました。 日本国により