ぽんしゅう座

映画を観るくらいしか趣味のない男の、雑談です。

■ 東北の神武たち (1957)

2017年01月18日 | ■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」
家畜同然の扱いに甘んじる農家の次男・三男どもの話しだが、それは村落共同体を存続させるための知恵であり、その掟を自然の摂理として受け入れた者たちの諦念が、同志的大らかさに転じ、悲惨さが可笑しみに昇華している。

市川崑は、この理不尽な掟こそが、人が人として生きるための永遠の矛盾だとして、どこの誰をも攻めようとしない。娘っ子を求めて山を目指す主人公・利助(芥川比呂志)の歩みこそが、たとえ無いものねだりだとしても、連綿と続く「人」の歴史なのだと思う。

(1月14日/シネマヴェーラ渋谷)

★★★★

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ■ 湯を沸かすほどの熱い愛 (2... | トップ | ■ こつまなんきん (1960) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■銀幕酔談・感想篇「今宵もほろ酔い」」カテゴリの最新記事