ポメ日記

シニア犬のポメラニアンの愛之助との生活を綴っていきます。

もどかしい気持ち

2019-03-08 12:28:07 | 愛之助
さて、今回、急遽愛之助を病院に連れて行こうと思ったのは、次の日にお出掛けの予定が入っていたからという事も大きな要因になっており、昨日は愛之助を病院に預けてお出掛けをして来ました。😌

そのお出掛けの様子は、また後日に記事にするとして、まずは、昨日の愛之助の様子を・・・😅💦


前日に病院で愛之助を預ける時に、薬を飲ます事が出来ないとの話をしていたので、病院の方で薬を飲ませてくれていたのだけれども、その方法が、錠剤をお湯で溶かして、シリンジで与えるという方法で、これは以前にもジェイに薬を飲ます時に試みた方法なのだが、今回は、病院側がちゃんとキットを用意してくれていて、

説明書も付いていた。😆

要は、蓋の付いた容器に薬を入れてお湯を入れて容器をシェイクして錠剤を溶かして、それをシリンジで与えるという方法なのですが、ここで経験者からのワンポイントアドバイス!😆

容器にお湯を入れる時に、あらかじめシリンジを使ってお湯を入れないと、結構な量のお湯を入れてしまいがちになり、その後、何度もシリンジで吸い上げて与えなくてはいけない状態になるので、お湯を入れる時にはシリンジを使ってお湯の量を調節するのが、ベストざんすよ!😝

と、いう事で、無事に、この方法で、愛之助にも薬を飲ます事が出来て、今回初めてとなる目薬の方も上手く目にさす事が出来て、とりあえず、今、愛之助に出来る事は、出来てはいるのだけれども・・・😌

前日に点滴をした効果が余り表れていないような気がする愛之助の表情・・・😥


相変わらず、ご飯は、食べないけれども、気に入ったオヤツなら喜んで食べる愛之助・・・😅


下痢や嘔吐といった症状は、無いものの、しんどそうなオーラを醸し出している愛之助を連れて、朝一番に動物病院へ・・・😚

家でお留守番させておくよりも、私が安心出来るので、という理由で動物病院に預けられる愛之助・・・😌


そして、お出掛け先で、以前に購入して、愛之助に好評だった「腎臓にやさしいトリーツ」と、お店の人に教えて貰った腎臓の療養食を買って来ました。😚


お出掛け帰りに愛之助を迎えに行くと、やっぱり病院でも全くご飯を食べないとの事で、病院で愛之助にこの「腎臓にやさしいトリーツ」を与えてみると、パクパク食べ出す愛之助・・・😅

でも、これは、あくまで「トリーツ」で、この袋の裏面を見ると、

小型犬は、体重1㎏あたり、2粒程度との事なので、愛之助の体重に換算すると、愛之助は、1日に8粒程度しか食べられないという事になり・・・😥

そして、まぁ、当然というか、やっぱり、というか、腎臓の療養食の方は、全く食べず・・・😥💦

今までは、とにかく低脂肪のモノを、という事での食生活に気を付けていて、低脂肪の食事というのは、高タンパクの食事という事になり・・・😥

今回からは、低タンパクのモノを摂取しなければいけない状態になり、そして、低タンパクのモノとなると高脂肪のモノとなり・・・😥

結果、愛之助にとってのベストなモノと言えば「低脂肪、低タンパク」のモノという事になるのだが、獣医さん曰く、そんなん食事の意味を成していない、という事になり・・・😥

これから、腎臓ケアに向けての治療を開始するのですが、それをする事によっての何かしらの不具合が起きそうな気がして、何とももどかしい気持ちの私です。😥💦

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 嫌な予感 | トップ | 願いを込めて・・・ »
最近の画像もっと見る

愛之助」カテゴリの最新記事