ポメ日記

シニア犬のポメラニアンの愛之助との生活を綴っていきます。

天国への旅立ち。

2019-03-18 13:12:02 | 愛之助
つい、この間は、ポカポカ陽気の春めいたお天気の時もあったのに、先週の水曜日に愛之助を動物病院に連れて行った日から、ずっと寒い日が続いたお陰で、木曜日の午前0時過ぎに我が家に戻ってきた愛之助の亡骸と、保冷剤を使う事も無く、一緒に過ごせたこの3日間は、愛之助とのお別れをするのに、十分な時間となりました。

土曜日に、ご近所の方が愛之助へのお別れをしに我が家に来られたのですが、その時にも、その方が「まるで生きているみたいやわ・・・今にも目が覚めて動き出しそう・・・」と、言ってくれて、私もこのまま愛之助を剥製にしてずっと一緒にいたいような気持ちになりましたが、皆から「愛之助は、この家の子になって幸せやったと思うよ・・・」などと慰めの言葉を頂いたりしたので、愛之助は、もう十分に私の気持ちに応えて、頑張ってくれたのだから、これからは、どうか、天国で安らかに過ごして欲しいと思い、昨日の日曜日の朝に、愛之助の棺の中に皆様から頂いたお花を入れて、家を出るまで、愛之助が一番好きだった場所に棺を置いて一緒に最後の時間を過ごしました。

小さな愛之助の身体がたくさんのお花に囲まれて埋もれてしまいそうな感じになりましたが、私にとっては、満足のいく愛之助の最後の姿となりました。

家を出る時から、冷たい雨が降りしきる中、火葬場に行き、「愛ちゃん、ありがとう」と心の中で何度も呟きながら手を合わせて愛之助を見送りました。

小さな身体の愛之助の遺骨は、全て小さな骨壺の中に納める事が出来ましたので、この小さな骨壺の中に、愛之助の全部が入っているという事は、愛之助そのものを連れて帰る事が出来たという思いがして、納得して家に帰る事ができました。


水曜日の朝に何も食べなかった愛之助が唯一「ちゅーる」を絞り出したら、ペロペロと舐めて口に入れたので、「ちゅーる」をお供えして、棺の中に入らなかったお花で、小さなアレンジを作り、供養していると、やっぱりジェイも一緒に供養してあげようと思いたち、ジェイも愛之助の隣に連れてくるも、

光の加減で、愛之助とジェイの写真が分かりにくいし、ジェイの写真の存在感の方が強く見えるので、愛之助の写真を壁に張り付けてみるも・・・😌💦


それでも、愛之助メインで供養したいのに、やっぱりまだジェイの存在感が大きく感じるし、愛之助の写真にロウソクの炎が写り込んでしまっているので愛之助とジェイの立ち位置を変えてみると、


生前、2匹を並べて写真撮影した時の感覚がよみがえってきました。

愛之助とジェイは、生前、それほど仲良くはなかったのだけれども、愛之助もジェイと同じく肺水腫になり、動物病院に連れて行ったその日の深夜に息を引き取る結果となり、何だかやっぱり愛之助とジェイは、何かしらの繋がりがあったように感じます。

明日は、もう愛之助の初七日になります。

3月の6日に目ヤニの件で動物病院に連れて行ってからの日々を思い返すと、時の経つのが早いのか、遅いのか時間の感覚が分からなくなっていますが、今は、ただただ天国に旅立った愛之助が安らかに過ごしてくれる事だけを願っています。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 感謝。 | トップ | 愛之助へのお花。 »
最近の画像もっと見る

愛之助」カテゴリの最新記事