おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

なんか,そこそこ満足してしもたなあ(笑)

2018-10-08 21:24:40 | 千葉ロッテ
ロッテ1-6ソフトバンク







参戦空しく,昨日をなぞるような序盤でのあっという間の大差モードでしたが,なんだかんだ言って面白かったなあ。高田くんのファインプレーに対するため息(というか怒号)に始まり,岡田くんの日本ワースト記録達成直後のクリーンヒット,マルチヒット,更には猛打賞,そして,森くん&高谷君の忖度盗塁で,いろいろと球場が優しさと愛情と笑いに包まれた空間という感じでしたね(笑)

もともと,うちのチームを応援するファンとしては,残された記録よりも,それぞれのエピソード,歴史で言うなら,勝利した帝国の記録よりは,列伝あるいは市井の人々の日々の一コマに面白みを感じるような性質であったということをしみじみと思い出しました。

そもそも,思い出してみると,もともとは私が,マリンって本当に素晴らしい・・・と思った原点も,モロさんの紙吹雪と水しぶき舞う引退試合だったんですよね。記録で言えば,それこそ,サブ・サトといったレジェンドどころか,ネモティとどっこいどっこい,あるいはそれ以下の成績しか残していなかったかもしれませんが,あのとき盛大にモロさんを送り出したことを,単なる興行とか,こんな選手に・・・とか言う人はいなかったはず。そういう記録でなく記憶に残る選手を大事にしてきたからこそ,マリンという場所が特別であったのかもしれませんね。

先週はいまいちアレでしたが,今日は応援も素晴らしいテンポでしたし,送り出しも,それこそ相手のソフトバンクファン,ソフトバンクのナインの対応も含めて素晴らしいものがありました。実際,来週からはガチモードが待っているチームでありながら,全球ストレート,点差あるのにわざわざファースト付いた守備,ワンテンポ・ツーテンポ遅れた送球とか,いろいろと気を使っていただきました(笑) ジャンプ一番好捕の直後の高田くんの若干申し訳無さそうな感じもよかったしね。でも,一般のプロ野球ファン含めて残るのがやっぱり記録だとすると,最後に猛打賞&盗塁を記録して終われたというのは本当に良かった。こういう,ある種の思いやり,それに対して結果を出すということも含めての興行,プロ野球なのかなと改めて思った次第でした。


そんでもって,ホーム13連敗というひどい状況は続くわけですが,改めて,こんだけひどい状況が始まったのも,福浦様の2000本カウントダウン,しかも,長いビジターの後の一気のホーム連戦が始まった後からというのも,偶然とは言えないことでしょう。

実際,今日なんかでも,もちろん勝ちたい!とは思いつつも,やっぱりまずは岡田くんが優先だったわけで,ファンとしても気持ちの持って行き方が難しいところがあり,選手・首脳陣としては,それ以上に,なかなか力の入れ方,気持ちの上げ方が難しかったのではないかと思います。もちろん必要以上に力が入った面もあったと思うしね。そして,一度切れてしまった集中の糸が再びつなぎにくいというのも,またよく知られたところ。

もちろん,そういうプレッシャーも含めて勝つのがプロであるのは当然ですし,このままで終わってほしくないと思う気持ちは強いですが,まあ,放っておいても,来年にはリセットされるという気持ちも一方であり。ある意味,あえて外国人打者をぶった切り,弱いチームにメジャーの力を注入どころか,大リーグ養成ギプスでハンデ戦をやっているようなのが今年のチームでもありますので,その蓄積された力,また悔しさが,来年以降に爆発することを期待し,残り試合も応援していきたいと思います。

何はともあれ


岡田くん,お疲れ様!

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村
↑やっぱり引退試合はええのう・・・とすっかり骨抜きになってしまった同志もクリックお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« ふう,ネモティの人柄にホッ... | トップ | 残り3試合をいかに戦うか!? »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おつかれさまでした (jun)
2018-10-08 22:50:12
岡田選手、おつかれさまでした。
やっぱり2010のあの一打は今でもYou tubeで見て涙してしまうくらい、凄いインパクトでした。
特に守備では、他球団ファンにも印象づけられるだけのモノを持っていたと思います。数少ない、セリーグファンにも名前を知られてる選手でしたね。
奥様に「頼むから2年だけ野球をやらせて欲しい」といったエピソードも含め、一つ一つがファンの胸にグッとくるものを感じる選手でした。本当におつかれさまでした&ありがとうございました。

それはそれとして、相手チームからそこまで忖度されて、それでもホームで負け続けるチームは何なんでしょうね・・・。
今回引退した3選手は、それぞれ思い入れもあるし、ファンとして盛大に送り出せたことは嬉しくはあるんですけど。一方で、ピンで引退興行を3連チャンするのは・・・という思いも正直あります。その分若手の貴重なチャンスを奪ってる訳ですし、本来真剣勝負するはずの相手チームに何回も気を遣わせることになるし。名を冠してレギュラーシーズンに引退興行するのは、チームの中心選手のみとすべきなのかなぁと。常日頃「プロ野球は興行だ」と言ってる身としては、満員御礼で参加したファンも満足してるから興行的に成功で良しと思いつつも、釈然としない気持になったのは事実です。
忖度して、でもきちんと調整したうえで勝利してる相手から見たら「俺たちのチームだったら、何年も前に淘汰されてるよ」と腹の底で思われてるような、そのくらい力の差を感じるこの数試合の試合内容で。まぁ、要は来年以降も現役続行する連中がだらしなさ過ぎるってことですね・・・。
引退興行で儲かって良しとするだけでなく、来季以降にきちんと戦力を整える布石としての今回の大量引退・戦力外だったと、フロントには思わせて欲しいものです(期待薄だけど)。
最終戦も負けたら、マリンの雰囲気は、どうなっちゃうんだろ・・・。

追伸 高田にブーイングはないです。彼だって生き残りに必死だし、とっさに体が動くことこそプロ選手の証だと思います。
岡田選手ありがとう、お疲れ様でした。 (アンノーン)
2018-10-09 00:51:22
岡田、大好きな選手でした。
彼の守備はファンとして誇らしかったです。
派手な守備が印象的ですが、打球の予測、受け身や次の塁に行かせない確実な送球、堅実さ安定感があり、本当に超一流選手でしたね。

思えば今シーズン、岡田の衰えは首脳陣にとって予想外だったのかもしれません。当初は普通に外野の戦力として計算されていたと思います。

試合に関してはすみません、今シーズンはもう良いでしょう、疲れました…。
せめて平沢が活躍してれば気は紛れるのですが…。
鋭く振り抜け (mak6582)
2018-10-09 01:30:45
テレビで中継を見ておりましたが、予定調和の土肥くん炎上に早々に引退試合のまったり感に切り替わった球場の雰囲気はテレビからもよく伝わってきました。そもそも実況、解説がそんなモードでしたから(笑)

引退試合としてはこれ以上にないいものでしたね。根元以上にソフトバンク側も選手、スタンド共々送り出す雰囲気を作ってくれました。

高田くんのバツの悪い顔は中継ではずっと抜かれてました。ハイライトで何度も繰り返されるし。極め付けは最終打席の盗塁シーンでしたね。森、高谷、藤岡3人の明らかに戸惑っている感じや高谷の下手過ぎる忖度は、感動を通り越して爆笑しておりました。そんな風に引退試合に付き合ってくれたソフトバンクの選手には感謝と申し訳なさでいっぱいです。

打者は1試合丸々出場させるという引退試合の定番は見てるファンには満足感をくれますが、付き合う敵味方の選手の大変さをちょっと感じた根元、岡田の引退試合でしたね。

私にとってはこの2日間で完全にシーズンは終わってしまった気分になっており、福浦2000本安打に始まり引退試合4戦全敗に腹は立ちますが怒りまではわかず、ホーム13連敗もどうでもええはって感じです。あと3試合、中継でどこまで見れるかわかりませんが、何か気持ちを再び揺さぶってくれるようなパフォーマンスを見せて欲しい。

長くなりましたが最後に、
岡田の応援歌、今日まで間違って覚えていることに気づきました。「鋭く振り抜け」→「塁をくぐり抜け」だと思っておりました。ずっと一人で違う歌詞を歌っていて恥。

岡田選手、お疲れ様でした。
Unknown (ハムサン)
2018-10-09 02:35:29
岡田選手お疲れ様。

大好きな選手でしたねえ。育成の星というところも魅力で、一時は「66」のレプリカユニフォームを着て、球場に通ってました。1塁コーチャーズボックスでタッチを交わした小坂コーチと共に守備でお金をとれる選手でした。飛ばないボール時代は岡田の時代でしたね。中でも圧巻だったのが2011年の巨人との交流戦。阿部、坂本、小笠原のときの三つのスーパーキャッチ、あの年の岡田はホームラン以外は全部アウトにするんじゃないかってくらい神懸かってました。最近は、不名誉な記録の方で注目されていましたが、最後の打席にホームランが出れば、これ以上ない引退試合でしたが…。それは出来過ぎですね。
>皆さんへ (ポンタ)
2018-10-10 01:18:12
コメントありがとうございます!

>junさん
ネモティらとは違い,色んな意味で記録にもの頃選手で,一般人にも名を知られた,ある意味特別な選手でしたね。急激な衰えは残念でしたが,まだできるかも?と思えるうちに身を引く,いい終わり方だったのではと思います。
引退興行ばっかりやってもというお気持ちも全くそのとおりだと思いますが,色んな意味で,今年はちょっと異常な年でした(笑) 福浦様の2000本安打が至上命題と課し,そこを達成したものの,チームの目標もなくなり,ある意味でなんでもあり状態になってしまったので,まあ,これはこれでありというところかと。間違いなく,チームの入れ替えのために引退が重なったという面もあると思うので,来季以降は,そんな余裕が無いくらい,シーズン最後まで競った野球を見せてほしいところですね。
高田くんに関しては,まあ,本気でブーイングしてた人がどれくらいいたかは知りませんが(私は思わず笑ってしまいました),岡田くんのブログ見ても,きちんと分かる人はわかっていたと思います。しかし,今宮くんが故障かと思いきや,ホンマに層が厚いですな・・・。

>アンノーンさん
守備それ自体に加え,その後の体の柔らかさ,故障に強いところも含めて,稀有な選手でしたね。それだけに急激な衰えは残念なところでした。
まあ,本人もやりきった感があると思うので,第二の人生に期待ですね!

>mak6582さん
私も,気持ちがある意味切れてしまっているというか,かなり結果については,度外視な気持ちになってしまっています(苦笑) 実際,ちょっと9月以降は,異常な雰囲気が続いていたこともあり,なかなか感情的になってもどうしようもないなあというところです。井口の様子を見ても,ある意味割り切っているようにも見られ,変に勝ちたがりなだけではないということで,来季以降はやってくれるのではないかと。来年もこんなんだと,いよいよ暴動レベルですが・・・。

>ハムサンさん
おっしゃるとおり,稀有な守備で金が取れる選手でしたね。統一球にドハマリしたという評価はある意味正しいのでしょうが,飛ぶボールが戻ってきたと思われるタイミングで身を引くというのは,一つのあり方だったのではないかと思います。
また何らかの形で球団に絡むのではと思うので,がんばってほしいところですね。

コメントを投稿

千葉ロッテ」カテゴリの最新記事