おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

まだまだ彼我の差は大きいかね・・・

2018-05-14 21:30:18 | 千葉ロッテ
今日,改めてハムの強さを痛感させられたのは,この記事

日ハム白井さんが,新人への導入教育を徹底し,それを2軍の雰囲気,更には1軍の雰囲気を変えることに繋がり,チームとしての力が増したとのこと。チームの勝利が第一とは言っても,なかなか現実にはそうはいかないわけで,そこを鉄は熱いうちに打てとばかりに新人を中心として浸透させているというのは,組織というのをよく分かっとるなあとしみじみと感じさせられます。

特に,身につまされたのは,3ページ目の

「1軍でレギュラーを取る力は自分にない。2軍生活を何とか続けて給料がもらえればいい」と向上心を失う選手が出てくる

という部分。うちにもずいぶんと思い当たる選手がいるからなあ(苦笑)

そして,もう1つ,感じたのは,


2007年は優勝しとくべきだったなあ

あの年は,ナルニャン・コバヒロと両エースを擁しながら,福浦様も急激な衰え,そして雅やんのやらかしなどもあって,わずか2ゲーム差でハムに敗れたんだよね。何と,あの年のハムは打率5位,本塁打と得点数は6位だっということで,一方,こちらは,ツヨポン,ゴリ・サブ,更にはオーティズとズレータもいたわけで,チーム力としても2005年の輝きをまだ残していた時期だっただけに(実際,成績を見ても,得点数圧倒的1位,防御率も3位),返す返すも雅やんが,雨天再開後セギノールに逆転HR打たれた試合が痛かった(よく読んだら,これ世紀の誤審があった日でもあったんやな。あ,なんか腹立ってきた(苦笑))。

タラレバを言っても始まらんが,あの年優勝しとけば,ボビーが石もて追われることもなく,辞めても,永久に崇められる存在として君臨し,かつ,その後のしょうもない内ゲバもなかっただけになあ・・・(ため息)

まあ,しかし,興亡を時の運と見るべきよりは,やはり普段からの積み重ねが大事だということなんでしょうね。

そういう意味で,白井さんとは,方向がある意味真逆ではありますが,井口が2軍に落とす際に,必ず意味付けをさせる,また2軍に絶対にいたくないというような扱いを,「1,2軍一貫して」やるということはとても大事なことなんでしょうね。

ローマは一日にして成らず,すぐに結果が出るとまでは思いませんが,やはりなんとしてでも「優勝」の2文字を掴み取るために,首脳陣にも知恵を絞ってほしいところですね。

さてさて,そんなこととはかかわりなく,明日は唯一地方開催の富山での試合。

公式ツイで見られる,富山球場のほっこりぶりを見ても,大変とはいえ,やはりたまには違うところでやるというのはおもしろいものですね。

何と言っても,凱旋登板,あの!?ゴエモンといえど,さすがに期するものがあるでしょうから,彼にはナイスピッチングを,そして打線には,いつまでも良い左腕には無条件降伏とかアホなこと言わんと,なんとかがんばって打ち崩してほしいところですね。

それではおやすみなさい

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
↑左腕を今度こそ打ち崩すぞ!と意気込む同志もクリックお願いします
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« さよなら,船長・・・(うん... | トップ | つまらんのう・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブログのタイトル違ってたんですね (jun)
2018-05-14 22:10:06
このシーズンって、確か最終戦で成瀬が手痛い飛翔を食らってシーズン終了したときでしたっけ?
マリンでのホークスとのCSで、成瀬完封&サブの走者一掃右中間タイムリーもあったなぁ・・・
言われてみると確かに、2005の余韻+新戦力(成瀬とか)がいて、チーム状態良かったですね

やはりプロ野球も人間がやるものなので、組織とか人のマネジメントが凄く重要ですよね
仰るとおりで、他チームならとっくに戦力外の選手が、二軍で安穏とできる雰囲気が元凶の一つだと思います。たしか今岡二軍監督が「下に居たくないと思わせる環境」を掲げていたので、少しずつでも改善していってもらえることを期待したいですね
>junさん (ポンタ)
2018-05-15 22:48:03
コメントありがとうございます!

ん,引用したのは,見知らぬブログの方ですが(汗),そうなんです,ダルとの球界最高の対決にシーズン中は勝利し,最後の最後,CS2ndの大舞台での対決に,飛翔して敗れたシーズンです。ホークスには1stシリーズ,ホームで激勝し,あと一歩だったんですけどね・・・。そう,あの頃は,混パとか言われていたのです(涙) やっぱり勝つべきときに勝っておかんといかんかったなあと思います。最も,あれは2005年のあまりの称賛されっぷりに,WBCに盛大に提供したボビーの奢りも間違いなく一因でしたが・・・。

やっぱりうちもついに入れ替えの時期がきたんでしょうね。首脳陣をあれだけ引き連れてきた井口としては,ある意味,「ロッテ」というチーム自体にはそれほど思い入れがないと思いますし,間違いなく根本から変えるつもりでしょうから,半ば怖いもの見たさもあって,見守りたいところですね。

コメントを投稿

千葉ロッテ」カテゴリの最新記事