goo

紅葉狩り!

土日二日間を利用して紅葉狩り。
予定は無かったものの天気予報に踊らされて・・・行かなければ~!
昼食を角館で蕎麦~に合わせて10:30過ぎ出発。予定していたお店が・・・何と臨時休業。
しょうがないので第二候補のお蕎麦屋さんへ。ここも観光客で結構な混雑。
今回は「冷がけ」、出汁汁が大変美味しゅうございました。


昼食後は角館の街中を車でサラッと流して・・・紅葉はまだまだですね~!
その後向かった先は田沢湖高原。
紅葉・・・全国的に塩害の影響なのか、茶色~まったくもって綺麗とは言えません。
展望台でUターンして玉川方面へ北上です。途中あっちこっち立ち寄り写真とりながらひたすら北上。

車は今回の第一目的地の蔦温泉駐車場。もちろん車中泊、早く到着していれば温泉にも疲れましたが
ちょっと遅くなったので立ち寄り湯は無理でした。
食事して就寝、その数時間後に・・・車中泊禁止してますので・・・看板出しておいて欲しかった。正直。

何とか数キロ離れた場所で車中泊して、まだ真っ暗な朝4:30慌てて起きて再び蔦温泉行った時には・・・
駐車場は満杯、道路も近場は路駐で大変な状況・・・そんな中駐車場状況を知っていたこともあり何とか蔦温泉敷地内に駐車、ラッキーでした。
車中泊禁止とは言うものの、起きていれば車中泊ではないのかね~しかしとんでもない激混みです。
まだ真っ暗な中、ヘッドライト、懐中電灯その他いろんな明かりが動いている異様な光景でした。

4:50頃から蔦沼で待つこと40分、とにかく観光客は増える一方。
朝焼けの蔦沼を見学できる場所は限られいるし、人はどんど増える。
そして・・・あぶれた人はルートを外れて好き放題に動き回る。あっちこっちで「バキ、バキ」枝が折れる音。
完全なマナー違反です。中国人観光客も相当な数、違反者の中には日本人もかなりの確立。




5:50分、皆さんまだうっとり見学中の中退散しまして奥入瀬へ。
奥入瀬の紅葉最盛期はもうちょっと先かな~あっちこっち車止めてちょっとだけ写真撮って・・・
写真は銚子大滝です。時間も早いので観光客も少な目でした。


奥入瀬の次は当然通り道にある十和田湖畔。久々に「乙女の像」まで散歩。
青い空の下での早朝散策はとっても気持ち良いものでしたね~


展望台からの一望です。やっぱり天気が良いとすべてが良し、そんな感じです。


一泊二日、走行距離430km。秋田県と隣接の青森県の一部走っただけです。
お昼には秋田市に戻って昼食。今日も蕎麦です。


今年の車中泊の旅もこれで終了です。お疲れ様でした。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

城散策&食事!

先日栃木方面に遊びに行った帰りに寄り道しました。
出発前日に東北6県高速乗り放題に申し込んでおいたので気軽に高速乗ったり下りたり、とっても便利。

予定に大幅に狂いが生じて、当初お昼前に到着予定だった白河市。
お昼は白河ラーメンを考えておりましたが、早朝営業しているお店も見つからず・・・
とりあえず新白河駅へ向かいましたら、何と駅そば屋さんに白河ラーメンの看板、ラッキー~


朝食後に向かったのが「白河小峰城」
お城に入る敷地内への入り口は・・・まだ開いてない、しばし周辺ブラブラしているところへ
お城の管理者が来て開けてくれました。これまたラッキー。
天守入場は9:30からという言う事だったので外観だけ見て終了です。しかし立派でしたね~新しかったですね~!


白河より高速乗って向かった先が白石市の「白石城」。天気は下り坂で雲が低く垂れ込めて嫌な感じ。
ここも鉄骨のお城ですので天守には上がらず・・・周辺散策だけです。


お昼は「白石うーめん」。ネットで調べて評価の高かったお店「やまぶき亭」さんです。


激混みでしたね~
注文する内容によっては大分待たされる感じでした。


昼食後は周辺ブラブラしようかと思いましたが・・・天気も下り坂でしたので帰路へ。
帰りの高速はドシャ降り、疲れましたね~。まぁ楽しい旅でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

土曜の夜!

しばらく二人で夜の街へ出てないね~・・・奥様からのお誘いがありましてフラッと夜の街へ。
以前より噂に聞いていたお店へ飛び込み~「二人ですけど良いですか?」
カウンターだったらOKとの事でお願いしました。ちょっと遅かったら入れなかったな~たぶん。

メニューみながら、まずはビールを注文。


そして・・・フグがある。安い、秋田沖のトラフグ・・・これは頼まずにはいられません。
スタッフはテキパキ、仕事も早いですね~


お刺身はホッキにイカにマグロを注文。一皿のまとめて、セロリはサービス。


比内地鶏の焼き鳥。弾力があり美味しかった~普段レバーは食べない奥様も「おいしいね!」


オコゼの唐揚げ、これも久しぶり。なかなかメニューでは見ないですからね~


熱燗大徳利3本飲んで〆の肴は卵焼き~大変美味しゅうございました。そして安かった!ビックリです。
是非また訪問したお店「じんきゅう」さんです。


2軒目~まぁ1軒で帰るはずもなく・・・行きつけのワインバーへ。
奥様は白ワインと赤ワイン1杯、私は赤ワイン2杯。しかし飲めるね~








オーナーが使用しているソムリエナイフ見せてもらいました。欲しい~!


ここで帰れば良いのに・・・ちょっと小腹が・・・3軒目~
無理して飲まなくても良いのに、カウンターのテーブルテント見て思わず注文。


秋田川反で〆と言ったらここ「紀文」の千秋麺でしょう。相変わらずの激混み。
しかしラーメンは注文してからあっという間に運ばれてきます。今日も半ラーメンです。

5:00~美味しく飲んで食べて・・・家路についた22:00過ぎだったような
明日は奥様二日酔いだな~。お疲れ様でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鮭の街 村上市!

これまで何度も走った7号線。日本海沿岸も何度も走ってますが・・・
村上市街も数回通りすがりに走ったことはありましたが、観光は今回が初めてです。
村上と言えば「鮭」。村上市役所へ車を止めて周辺散策して来ました。

この日は偶然「町家の屏風まつり」も開催されておりまして、あっちこっちに立ち寄らせていただきました。

吉永小百合さんが出演したJR東日本「大人の休日倶楽部」CMの撮影店「きっかわ」。




お昼は村上駅前にある石田屋旅館さんで「海鮮丼」。
事前調査ではハラコもちょっとだけ乗っているような写真もありましたこの日は・・・残念。
本日の魚は、スズキ、ノドクロ、イカ、ヒラメ、マグロ、ホタテ、甘えび、ウニ。
鮮度抜群、大変美味しゅうございました。
村上、まだまだ海鮮丼の美味しいお店があるようです。まぁ漁港が近いですから当然ですね!


翌日のお昼
五泉市からちょっと離れた集落の中にある蕎麦屋「阿弥陀瀬」でいただきました。
蕎麦は最高、甘めのタレは好みが別れるかもしれません。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東武ワールドスクウェア!

猛暑の中、行って来ました「東武ワールドスクウェア」
世界の有名な建築物や遺跡なを25分の1の縮小で再現したテーマパークです。
園内には45の世界遺産と21ケ国102点の建造物が精巧に再現されております。

しかしとにかく暑かった、休憩所には凍った保冷剤のサービスもあって大変助かりました。

写真はほんの一部です。


インド・タージ・マハル


カンボジア・アンコールワット
左奥に見える建物は台北101ですね~


ギリシャ・パルテノン神殿


エジプト・アブシンベル大神殿


エジプト・スフィンクス
カフラー王ピラミッドの右奥の砂丘の稜線にはたくさんのラクダが見えます


エジプト・ギザの三大ピラミッド
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Remede nikaho(レメデニカホ)!

秋田県にかほ市にありますレストラン。本年4月オープン、まだ新しいお店です。
仁賀保と言えばTDK、そのTDKが所有してい社用迎賓館を譲り受け改装したお洒落な店内です。

先日いつもお世話になってますワインショップのオーナーから情報をいただき行って来ました。
ランチは前日までの完全予約制、価格は・・・何と1500円(税別)。

夜に是非行って見たいな~ちょっと遠いから近くのホテル泊まるか、電車で往復するか悩みます。


駐車場は道路挟んだ向かいにあります。




ノンアルコールシャンパン


酒粕クッキー


自家製農園産の新鮮野菜




パンがフワッフワ、大変美味しゅうございました。







若い方にはちょっと足りないかもしれませんが、私には十分な量でした。
是非また足を運びたいレメデニカホです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鳥海山 元滝!

毎日うだるような・・・干上がってしまいそうな気温、異常気象です。
わざわざお昼食べに仁賀保へ来たので食後はせっかくだから涼を求めて元滝へ!

元滝、秋田県にかほ市象潟にあります。ここには鳥海山の伏流水があふれ出しております。
滝に近づくと・・・涼しい~
ここも人気スポットになっているのか駐車場にはクラブツーリズムのバスも1台待機しておりました。




シャッタースピード優先、手持ち撮影なのでちょっとボケ気味ですね(Canon G1X MarkⅡ)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

カーブドッチワイナリー!

久々に女房の実家へ。何度も走った慣れた道をただ目的地に向かって走るのも芸がない。
どこか立ち寄るところないかな~・・・水族館は先週行ったし・・・

そう言えば・・・普段お世話になっておりますワイン屋さんのオーナーから聞いたワイナリーが
新潟にあったな~ちょっと遠回りになるけどランチには間に合う。行ってみるべ~

カーブ・ドッチワイナリー(HPより抜粋)
海と砂に囲まれた新潟ワインコースト。ここは個性的な5軒のワイナリーが集まる今もっとも新しいワイン産地です。
新潟市街地の南西部、車で30分ほどの日本海に広がる海岸地帯に位置し、この海の砂のような特異な土壌から素晴らしいワインが次々に産み出されています。この地最初のワイナリーであるカーブドッチが、ぶどうを植えワイナリーを創設したのが1992年。「国産生ぶどう100%、かつ欧州系のワイン専用種100%のワインを造る」という当時では考えられなかった目標を掲げ、更にワイン未開のこの地を世界に誇るワイン産地とするという大きな挑戦を秘めたスタート。




自宅7:30出発、目的のカーブドッチ到着は11:55。お昼ギリギリ~
しかし・・・駐車場が・・・すごい台数、これはランチは無理か?

諦めムードに足も重くダラダラとりあえずレストラン方向へ。
敷地内にはお洒落なカフェやらパン屋さんやらいろいろあります。
直進するとカフェ、左に行くとレストラン。
最初わからずカフェに入ってしまい・・・ん~ここは・・・間違った。


気を取り直してレストラン。そしてドアを押すと、何と予想に反して席があるではないか。
駐車場の車の数は何だったんだ~・・・後で気づいたのですが、ここには温泉もあったんですね~。


ワイナリーですから、ワイン。しかし私は飲めないのでノンアルコールワイン。
女房はシャルドネの泡。瓶内二次発酵ですから・・・発泡が結構強かったな~!


ランチメニューは3種類、2200円~5000円の4種類。
ランチですからね~・・・当然2200円です。最近そんなに食べないし。

スイカとトマトの冷製スープ。トマトの酸味とスイカの甘さがなぜか絶妙にマッチ。


天然酵母パン。おかわりもあります。パンも美味い。お土産でも購入しました。


スパイスを効かせたモロッコ風子羊のパテ。


豚スペリアリブのロースト 焼きトウモロコシを添えて
トロトロのお肉、大変美味しゅうございました。


ココナッツのセミフレッドとパイナップルのマリネ。
久々にアイスコーヒーがとっても美味しく感じました。コンビとはやはり違うな~!


食後は周辺散策、写真の建物がレストランです。


そして・・・周辺一帯に広がる葡萄畑。雰囲気も良く気持ちも安らぎます。


そして最後はワインショップでお買い物。試飲も出来ないのでお店の方とちょっとお話して1本だけ購入。
まだまだ生産数量も少ない純国産ワイン、高額でしたが大好きなピノを選択。国産ピノ、楽しみです。


奥様実家で宿泊、翌日も快晴、そして朝から暑い。帰路は旅行気分で笹川ながれ経由。
この日も粟島がクッキリ綺麗に見えてました。


昨日道中で粟島の奥に見えた島?奥様興奮気味に「もしかして佐渡」
それしかないでしょうね~しかし新潟県生まれの奥様、佐渡が見えること知らなかったようです。


お昼は桑川駅向かいにある「ちどり食堂」にてお刺身定食。ちっちゃなお店ですが混んでましたね~
手際がいまいち、魚釣りに行ってるのか、結構時間を要しましたね~でも美味しかったです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

加茂水族館!

24日の日曜日、女房のご所望により行って来ました「加茂水族館」
自宅8:00、そんなに混んでもいないだろうとお気楽気分で向かいました。
10:20到着、えっ・・・何でこんなに混んでるの!
臨時駐車場もほぼ満車に近く、一番奥まで誘導されて・・・ビックリ仰天です。
車のナンバーも・・・遠くから来てましたね~混むはずです。

2014年鶴岡市のお荷物水族館がリニューアル、4年で来場者250万人達成だそうです。
計算すれば1日平均約1700人の来場者と言う事になります。すごいですね~。

館内あまりの激混みでクラゲ見るというより人の後ろ頭ばっかり・・・
ゆっくり時間をかけてみれば楽しいでしょうね~











クラゲを見て昼食。水族館出たのが11:30過ぎ。
これから近場にあるラーメンの有名店「琴平荘」行ってもたぶん相当待たされるだろうね~
悩んだ末向かった先は庄内町にある手打ち蕎麦「しま田」。加茂水族館から25分でした。
田園地帯の集落にある民家、その家の居間がそのままお蕎麦屋さんになってます。
とっても居心地の良い空間でした。場所柄なのかお昼時間でしたが空いてました。


十割蕎麦800円二人分に穴子天200円、かき揚げ200円、鰊煮つけ200円を各1人前・・・安!


お店出たのが12:30過ぎ。これからまっすぐ帰ってもちょっと早いので・・・
鶴岡にある「藤沢周平記念館」へ向かうことに。方向的には逆ですが、行きたいと言うのであればしょうがない。
目的地までは約25分、鶴岡市役所に車を止めて、ぶらぶら周辺散策しながら約1時間。

14:00過ぎに鶴岡出発して自宅到着は16:20。本日の走行距離は310km。お疲れさまでした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

The Jim Thompson House!

5月下旬の出張中、午前半日時間が空いたので一人で観光。
ホテルから電車乗り継いで向かった先はバンコクでも人気の観光スポット「ジム・トンプソンの家」。
シルク王の異名で知られるアメリカ人実業家ジム・トンプソンが謎の失踪を遂げる直前まで住んでいた家です。
駅の乗り継ぎでも、駅降りてからも一言駅員さんに目的地を告げれば丁寧に進む方向を教えてくれます。
シーロム線ナショナル・スタジアム駅下車、駅からは歩いて5分くらい、しかし外は暑い。

駅の階段降りて逆方向に進むと右折する場所に案内板がある・・・
しか~し、私は木の枝で隠れていた案内板を見落としてしばし直進してしまった。暑かった~!


まっすぐ進んだ左側に受付があります。
受付で入場券150バーツ(約500円)を支払うと案内時間が書かれた紙が渡されます。
ガイドさんと一緒じゃないと建物内部の見学は出来ないようです。記載された時間に受付に行くと日本語対応のガイドさんが案内してくれます






案内してくれた可愛いタイ人の女性。
日本語は大学で勉強したそうです。
この日この時間の日本人は・・・1人。しか~し、数分後に関西弁の叔母様4名が合流~ちょっと残念。








見学は約30~40分位、丁寧な説明を聞きながらの見学でした。
シルク製品の売店、レストランもありますので時間に余裕があればゆっくり楽しむ事ができます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ