宴的戯言

リラクゼーションセラピストと名乗り始めて3年目。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ありがとうございました

2018年09月18日 | 戯言
あまり色々な物事に対しての理解が薄い(と思っていた)幼少時代から
何故か忌野清志郎さんや樹木希林さんが好きだった。

最近理解がハマってきた感

「嘘のない人たち」が好きみたい。

空気が読めてなんでもない会話を重ねながらも
関わる人たちの些細な変化を愛を持って茶化したりしながら関係性を深めていける同級生達の姿をとてもとても羨ましく思っていたけど

どうやら私はとても不器用で
感じたことをそのタイミングで放出しちゃう無粋さは未だに抜けないし
空気をまぁるくするための嘘や気のきいた言葉も出せやしない。

調子の良いときは
相手のことなんか考えちゃいなくて
自分の中で閃いた下らない言葉遊びに酔うばかりで
あわよくばそれが誰かの暗闇を灯す小さな明かりみたいになったらラッキーだなと願うばかり。

樹木希林さんが残した言葉を
色々少し、理解できるつもりになった大人の私で読んでみると

嗚呼、なんて理想的な大人。
この人と面と向かっても居心地良いと感じられるような自分になれたら良いなと思った。

自分に迷いや嘘があったら
きっと居心地悪くてしょうがないんだろうなぁ。

尊敬できる大人が生きてた世界を
少しでも体感したいな。

人それぞれ感じる世界は違うけれど。
コメント

壊れた司令塔補修作業

2018年05月23日 | 戯言
いやはや、5月というのはなんだかどうして
毎年毎年空気の気持ち良さと地球がワクワクする感覚を感じるというのに
それとはうらはらに身体や頭がどうにもこうにも思い通りに動かなくなったりしちゃって
いわゆる5月病ってヤツなのかな、とも思ってしまうのだけどどうなんでしょうね。

北海道の春はゆっくりやってくるので5月になってようやく
雪が解けきって花がちらほら咲き始めるという感じなのだけど
それまで約半年の間雪に覆われてカチンコチンに強張ってた身体が
いきなり春の洗礼を受けるというか
さぁ、余計なものは出し切って軽くなりなさい!動きなさい!とけしかけられるような
そんな感覚になっちゃうんですよね。いつも。

うぅぅ。起きなさいといわれても、もうすこしこの暖かさの中でまどろんでいたいよう、、、。

そんな布団の中から出たくない(by打首獄門同好会)状態は冬の寒さを乗り越えたのちの
うららかな小春日和の中も続くわけで、、、

なんて言ってるうちに陽の長さはどんどん長くなっていって
気付けば朝4時半にはもうまぶしくて暑くて寝てられないや!ていう強制的な目覚めを与えられたりして。


前置きが長くなりましたが

いやはや、私ストレスに強いつもりだったけど全然そんなことなかったよ!!!

てことで、強烈なストレスを感じる出来事がありましてね。

いつもなら数か月後に円形脱毛ができる程度のストレス案件なのだけど

今回はがっつり自律神経やられちゃいました。



ほんとね、しんどいよね。自律神経イカレちゃん。
頭はズドーンと重くなるしずーっとめまいしてるしふらついて転びそうになるし
食欲ないなと思ってたら急激に食欲湧いてきて過食しちゃったり
かと思えば急に動悸が激しくなって、え、これって求心必要なやつ?といつも
なんとなく受け流してたCMにすごく見入ってしまったり。。


あまりにもしんどくて病院であっちゃこっちゃ検査受けても
何一つ異常なんて見つからなくて
いやまぁ、そうですよね、私もうすうす気づいてはいたんですよ
だけど認めたくなかったんですよ、なんかしら異常があるって思ったんですよ
だからこんなに時間とお金をかけて「はい!君いま異常だよ!」って言って欲しくて行ったのに
はい!異常なし!帰ってよし!あ、お金は置いて行ってね!って。おい。


検査の途中からわかっちゃいたんですよ
絶対異常なんかでないんだ。
ストレスなんだよ、これ、ストレスだったんだよやっぱり。て。
それを証明してもらう為にあの金額は高すぎた。。



また長くなってしまいました。



ストレスの解消法、昔は暇さえあれば鎌倉材木座にぴゅーんといって
砂浜でごとごろしていたなぁ、と思い出しまして。

あ、今の季節の芝生サイコーじゃないか。と閃いたのです。天才。

翌日すぐに近所の公園に出向きました。

一面にたっぷりたんぽぽが咲いた公園はまるで天国のように美しくて

いつの間にこんな春真っ盛りになっていたのだ!と軽くショックを受けつつ

そーっと靴下を脱いで地面に足裏タッチ。


じわじわ~~と足裏がほどけていくのを感じます。

同時に身体のなかにあった鉛のような熱くて重いなにかがドロリと下がっていくのを感じました。

気温はまだまだ上がりきっていない午前中なのに

ふんわりした地面はホカホカと温かくて

全てを包み込んでくれるような優しさ。



それから数日、私は毎朝出勤途中にある公園で

朝の10秒チャージよろしく

30秒アーシングをしてから出社しております。

驚くほど身体の不調、心の乱れが整ってきて

足裏も掌もなぜかやんわりホカホカしています。


自律神経乱れちゃった人万人に効果があるかは私にはわからないけれども

少なくとも私にはベストな選択だったようです。


沢山のエネルギーを与えてくれる地球と宇宙と太陽に感謝。
コメント

相性

2018年05月08日 | 戯言
なんだか身体の調子が良いなぁ
いつも並んで待つお店なのに
一緒に居るとすんなり入れちゃう。
どのお店に行っても店員さんが親切だし暖かいね


そんな素敵な相性が存在する事に気付いた。


なんだか胃腸の具合が宜しくないなぁ
胸も苦しい気がするし消化不良感がきつい。。
いつも美味しく食べられるものが食べられない。
行きたいお店は何故か臨時休業、気になるメニューはことごとく品切れ
口数も減る一方。
なんだか、、、苦しい、、窒息しそう。。


そんな相性もあるんだって事に気付けた。


思っていた以上に関わる人、身を置く環境の影響が身体や心にがっつり表現されることに気付けた今日。


心身共に健康でいられる
暖かく柔らかな空気の中に身を置く為
そのために、私は私を磨き続けていかねばならないのだなということに気づけた。

雑じり気のない、純度の高い水の中で生きたい。

透明な中で恥じたり萎縮しない自分で居たい。


そんな自分で居られる大切な相性を大事にしていきたい。。
コメント

未来の話

2018年04月01日 | 戯言
最近、空き寺問題てのが浮上してるというニュースをたまたま見て


私は寺が好きだということを思いだし


あー、空き寺乗っ取って好き勝手したいなぁ、、、



なんてことをよく妄想するようになってしまいました。


今のお仕事始めて少ししたくらいから
寺の境内でこのお仕事できたら気持ち良いだろうなぁ、と妄想することもしばしば

寺の中にバーを作ったり、ヨガをやっていたりライブをやっていたり

色々な寺の可能性を見聞きする度に


あ、私寺作りたいかも。と。




今夜、フランク重虎氏に何気なく電話してそんなお話しをしたら

出るわ出るわ、寺のアイディア。
爆笑しすぎて涙出ちゃうし腹筋痛い。

スペースコブラを崇拝するお寺
掛け軸に掲げられるのはTバックのエロい女性で
置かれる仏像は左手サイコガンの鉄仮面で



あー、言葉にするとつまらない




実現したいな。



空き寺面白計画。

東京の面白いお友達がライブできる場所。
地元の方々が故人を偲んだり今の自分が生きてる事を感謝できる場所。


そんな場所を作っていけたらサイコーだなぁ。
コメント

スペースコジキ

2018年03月29日 | 戯言
最近自分がグラつく時の条件が少しづつわかってきました。


何かを手に入れた(つもりになっている)時
何者かになれた(気がしてる)時
何かをできるようになった(つもりになっている)時


その瞬間は多幸感みたいなものに包まれるのだけど
視野を広げて自分のちっぽけさや足らなさを感じた時に
とてつもない喪失感に見舞われ足元や心がザワザワとぐらつくのだなぁ、と。


そこで極端な私は考えたのでした。


私は何もできないけれど生きている
何も持ってないけど生きている
何物でもないけれど生きている
生きてるだけで良いじゃん
何も武器なんか持ってなくても攻撃されないよ
攻撃されても私は生き延びてやる


そんな思考をしてみたのです。

広い宇宙の中で私は丸腰だ。と。
持っていない、空っぽであることを恐れていないよ。と。




そう考えていた矢先に素敵な出会いがやってきたのです。


お会いしてすぐにお話のデコボコがハマっていく感じを味わえる方との出会い。
話題を変えてもどんどんそのハマり具合がフィットしていって
お互いにすごく共感したのが

「願いってすぐ叶うよね!」て所で。

私も彼女も今までご飯に困ったことが無くて
どうしようもなく貧乏になって電気が止まったりガスが止まっても
お腹すいたなーと思うと誰かしらがご飯に誘ってくれたり
ご馳走してくれたりっていうご縁に恵まれているって話で盛り上がってしまい

私たちって宇宙に守られてるよね!と爆笑したのでした。

その日ちょっぴりグラついてた私は
空っぽだ!と自分の思考をリセットした15分後にそんな出会いがあって
お話してるだけでものすごいパワーを貰えて
すっかり浄化されちゃって。。

しかもその方は私が半年くらい前からぼんやりと
「次の夏にはそこに星空を眺めにいきたいなー」と考えていた土地でペンションを経営されているとか。。

もうこれは行くしかないでしょう、というご縁。

別れ際、お互いに「出会えてよかったねー!」と笑顔でさよならしたのでした。



私にとって宇宙は
空白を埋める為に最適なギフトを与えてくれる存在なのかもしれない
なんてことを最近強く感じるようになってきています。


もう間もなく3月のブルームーンですね。

こうなったらいいな。ていうイメージを持っていると叶いやすいタイミングみたいです。
言葉ではなく映像で思い描く準備をちまちましています。





コメント

賜り物の命

2018年03月02日 | 戯言
先日無事にまた一つ小じわや歳を重ねました。
東京に住んでいた頃はお誕生日朝に酔っぱらった勢いで母親に
「産んでくれてありがと~~~☆」なんて電話一本で済ませていたのですが
せっかく今は近所に住んでいることだし、と、
春色のカットソーをプレゼントしてみました。
春に向けて少しだけ気持ちが軽くなったような表情を見せてくれて
とても喜んでいるように見えたのでしみじみ、良かったなぁ、と思いました。



私はずっと不安定で支離滅裂な愛情を四方八方にばらまくウイルスのような生き方をしていたし
きっと、心のどこかでそんな不安定さがお気に入りだったのかもしれないのだけれど
最近になって「信頼」という言葉の意味が頭ではなくて全身で感じられるような出来事がありまして。

それからというもの、宇宙さんという愛情に包まれてる安定感マシマシ
こうなったら良いなぁ、とぼんやり思い浮かべると
ものすごい速さでそれが実現していたりと
宇宙へのオーダーの通り方が尋常じゃなくクリアになってきました。

細々と、整理したり準備しなければいけないことは山積みのはずなのに
きっと苦しむことなく、楽しくこなしていけるだろうなという
楽観に似た覚悟。

それに加えて、今後なにがあっても絶対大丈夫だ、ていう信頼という大きな力が
ふんわりふんわりと、常に傍に存在しています。

借り物の入れ物と、賜り物の魂を
これでもかといわんばかりに大事に大事に
自分は自分だけど、自分じゃない。

いつの日か宇宙に返却する日が来るその時まで
大事に使わせて頂こうと、改めて思いました。


まだ出会ったこともない、あなたの存在も
きっと今の私の一部になっている。

ありがとうございます。



コメント

自分に魔法をかける

2018年01月23日 | 戯言
妊婦さんて神々しさしら感じてしまうほど愛を放出しているよなぁ。

そんな事をふと考えていた。

丁度プリミ恥部さんの「愛を味方にする生き方」を再読していた。
自分の内側に「愛」を満たす事について書かれているページがあった。

あぁ、そうか。

妊婦さんは毎日毎日自分の内側に向かって
「愛してるよ」って感じながら生きているんだ。

もう、存在そのものが愛になっているんだ。

そんな納得が今月の新月に起こった。


それまでなんだか落ち着かなくて
ザワザワしていてイライラしていて
体もずーーーーーーーんっと重い感じがあったのだけど

「私は私を愛しているよ」と暇さえあれば心の中で唱えだして
いつも見守っているよ。大丈夫だよ。愛してるよ。って
こうして黙ってタイピングしている間も頭の中で繰り返して

そんな魔法をかけ続けていたら
不思議なくらい目覚めはスッキリするし体も軽くなってきた。


思い返せば絶好調だった20代半ばの頃は
毎日毎日「ビールうまーい!地球ラブ!自分サイコー!」なんて
能天気な自画自賛の中で生きていて
ほんとにほんとに幸せだった。


愛してるよ、の他に
「自分サイコー!」魔法も今後は取り入れて
さらなる元気を身体に注入していこうと思う。
コメント

封じていたもの

2017年12月25日 | 戯言
12月上旬
1年以上前から予約していたチャクラ調整へお邪魔してきました。

詳しい内容はまた次の記事で書こうと思っています。
今日はそのセッションから2週間とちょっと。

この2週間の間、それまでやり過ごしてこれていた
イライラや怒りや悲しみみたいなものに気づきやすくなっているように感じています。

普段からあまり怒りを覚えなかったり
悲しい、寂しいと感じても
そこまでどん底に引き込まれないというか
「これも味わいの一つだから」とすぐに気分を変えられたりしていたのが
なんだか制御できない程のイライラを覚えたり
無性に寂しさに襲われて無気力寸前になったりすることも。。

小一時間でそういう波は過ぎ去っていくのですが
ここ数年、あまりなかったことなのでほんの少し戸惑いつつ
チャクラを開かれて、今まで滞っていたあらゆる種類のエネルギーが
流れ出しているのかな?という感覚も。。

排水溝のつまりがとれていくように
徐々にクリアになって、そのうち丁度良い感じになるのかなぁと感じています。

怒ることって、他者には全然関係ないタイミングで降りかかるもの
みたいなイメージが強くて
だから、自ずと自分の中に封じ込めていたのかもしれません。

相手に伝わるタイミングで伝えないと意味ないよな。。。みたいな感じで。
でもでも、そんなタイミングなんて待っていてもなかなか来ないものなんですよね。

そもそも、ちゃんと伝われば怒りにもならない事の方が多くて
伝えたいのに伝えられないっていうモヤモヤしたものが
イライラに変わって怒りみたいになって、、って結局自分のせいだったりして。


なんだか、そういう詰まりみたいなものが
溶けてきている最中なのかな、と感じている最近です。

メリークリスマス。




コメント

帰ってきた感

2017年11月26日 | 戯言
頻繁にこのブログを投稿していた2004年からの数年は
今思えば内観する時間をとても多く持っていたように思います。

加えて毎日PCの前に座っていて、
言葉が閃くと同時に書き残すことが可能でした。

自分の中から生まれたものを即座にリリースできるという環境こそが
私の中に流れるなにかをクリアにし続けてくれていたし
目に見えない、不思議な力を全身で味方につけた生き方になっていたようにも思います。

バーのカウンターに立っていたときも
お客様が去ったあとの、ほんのりぬくもりが残った空気の中
二つ折り携帯のボタンをポチポチ、まるで自動書記のように文字を打つのがとても楽しかったです。

環境や生活リズムが変わり、慌ただしく時間が過ぎていく中で
最近ふと、あの頃のような温かさを覚える瞬間があります。


私やあなたを包んでいるこの空気、空間すべてが
実は愛の正体で
私たちはいつも見えない大きな愛に包まれている。


言葉にすると大げさになってしまうけど
ありがたいことに最近こんな感じです。


そして思い返せば昔の私もそんな感覚を持って生きていたなぁと思い出したのでした。




なんだ、私知ってたんじゃん、コレ。




このモードの無敵感ったら最強なのです。

できないこと、わからないことへの恐怖がまずとても薄れます。
できないならできるように工夫しようとか
わからないことを知れるワクワク感の方が増してしまうのです。


いまいち愛が云々というイメージが難しい方には
「宇宙」の擬人化をオススメしたいです。

宇宙とはここ、地球も含めてを指します。
つまり我々は毎日宇宙空間の中で生きているわけです。

で、その宇宙さんったら毎日毎日私たちを全身くまなく抱いてくれているのです。
なんなら耳の穴や鼻の穴まで愛でてくれているのです。

そして私たちはというと
そんな宇宙さんのことをナデナデしながら歩いていたり
抱かれていることに甘えまくって身を委ねて安心して眠りについているのです。
そんな間も抱かれている!
なんて幸せ!


最近の私はこんな感じの妄想で
毎日ニヤニヤ過ごしています。

どうですか、キモイですか。

でもみんなが知ってる私のはずだよ。

ただいま。

コメント

鎮魂

2017年09月22日 | 戯言
イレギュラーな元気を与えられ
本来のパフォーマンス以上の動きをしてしまっていた2ヶ月前。

この状態になってしまうと
周りが全てスローモーションに見えてしまって
思考はくるくると絶えず回転してしまう。

周りの時空も同じように動いていると錯覚しているので
知らず知らずのうちに身近な大切な人達を振り回してしまっている。


何年も前から同じ失敗を繰り返している。

今度こそは、と願うのだけど。



鎮まりたまえ


と思える時には既に鎮まり返ってる。



嬉しいことも悲しいことも
そのまま受け止めたいし
そのまま受け止めているつもりだけど

時々脳内で増幅されてしまうみたい。

生きてりゃしょうがないことだけど
もう少し、リアルに感じられたら
もっとうまくやっていけるのかなぁ。
コメント