宴的戯言

リラクゼーションセラピストと名乗り始めて3年目。

未来の話

2018年04月01日 | 戯言
最近、空き寺問題てのが浮上してるというニュースをたまたま見て


私は寺が好きだということを思いだし


あー、空き寺乗っ取って好き勝手したいなぁ、、、



なんてことをよく妄想するようになってしまいました。


今のお仕事始めて少ししたくらいから
寺の境内でこのお仕事できたら気持ち良いだろうなぁ、と妄想することもしばしば

寺の中にバーを作ったり、ヨガをやっていたりライブをやっていたり

色々な寺の可能性を見聞きする度に


あ、私寺作りたいかも。と。




今夜、フランク重虎氏に何気なく電話してそんなお話しをしたら

出るわ出るわ、寺のアイディア。
爆笑しすぎて涙出ちゃうし腹筋痛い。

スペースコブラを崇拝するお寺
掛け軸に掲げられるのはTバックのエロい女性で
置かれる仏像は左手サイコガンの鉄仮面で



あー、言葉にするとつまらない




実現したいな。



空き寺面白計画。

東京の面白いお友達がライブできる場所。
地元の方々が故人を偲んだり今の自分が生きてる事を感謝できる場所。


そんな場所を作っていけたらサイコーだなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スペースコジキ

2018年03月29日 | 戯言
最近自分がグラつく時の条件が少しづつわかってきました。


何かを手に入れた(つもりになっている)時
何者かになれた(気がしてる)時
何かをできるようになった(つもりになっている)時


その瞬間は多幸感みたいなものに包まれるのだけど
視野を広げて自分のちっぽけさや足らなさを感じた時に
とてつもない喪失感に見舞われ足元や心がザワザワとぐらつくのだなぁ、と。


そこで極端な私は考えたのでした。


私は何もできないけれど生きている
何も持ってないけど生きている
何物でもないけれど生きている
生きてるだけで良いじゃん
何も武器なんか持ってなくても攻撃されないよ
攻撃されても私は生き延びてやる


そんな思考をしてみたのです。

広い宇宙の中で私は丸腰だ。と。
持っていない、空っぽであることを恐れていないよ。と。




そう考えていた矢先に素敵な出会いがやってきたのです。


お会いしてすぐにお話のデコボコがハマっていく感じを味わえる方との出会い。
話題を変えてもどんどんそのハマり具合がフィットしていって
お互いにすごく共感したのが

「願いってすぐ叶うよね!」て所で。

私も彼女も今までご飯に困ったことが無くて
どうしようもなく貧乏になって電気が止まったりガスが止まっても
お腹すいたなーと思うと誰かしらがご飯に誘ってくれたり
ご馳走してくれたりっていうご縁に恵まれているって話で盛り上がってしまい

私たちって宇宙に守られてるよね!と爆笑したのでした。

その日ちょっぴりグラついてた私は
空っぽだ!と自分の思考をリセットした15分後にそんな出会いがあって
お話してるだけでものすごいパワーを貰えて
すっかり浄化されちゃって。。

しかもその方は私が半年くらい前からぼんやりと
「次の夏にはそこに星空を眺めにいきたいなー」と考えていた土地でペンションを経営されているとか。。

もうこれは行くしかないでしょう、というご縁。

別れ際、お互いに「出会えてよかったねー!」と笑顔でさよならしたのでした。



私にとって宇宙は
空白を埋める為に最適なギフトを与えてくれる存在なのかもしれない
なんてことを最近強く感じるようになってきています。


もう間もなく3月のブルームーンですね。

こうなったらいいな。ていうイメージを持っていると叶いやすいタイミングみたいです。
言葉ではなく映像で思い描く準備をちまちましています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賜り物の命

2018年03月02日 | 戯言
先日無事にまた一つ小じわや歳を重ねました。
東京に住んでいた頃はお誕生日朝に酔っぱらった勢いで母親に
「産んでくれてありがと~~~☆」なんて電話一本で済ませていたのですが
せっかく今は近所に住んでいることだし、と、
春色のカットソーをプレゼントしてみました。
春に向けて少しだけ気持ちが軽くなったような表情を見せてくれて
とても喜んでいるように見えたのでしみじみ、良かったなぁ、と思いました。



私はずっと不安定で支離滅裂な愛情を四方八方にばらまくウイルスのような生き方をしていたし
きっと、心のどこかでそんな不安定さがお気に入りだったのかもしれないのだけれど
最近になって「信頼」という言葉の意味が頭ではなくて全身で感じられるような出来事がありまして。

それからというもの、宇宙さんという愛情に包まれてる安定感マシマシ
こうなったら良いなぁ、とぼんやり思い浮かべると
ものすごい速さでそれが実現していたりと
宇宙へのオーダーの通り方が尋常じゃなくクリアになってきました。

細々と、整理したり準備しなければいけないことは山積みのはずなのに
きっと苦しむことなく、楽しくこなしていけるだろうなという
楽観に似た覚悟。

それに加えて、今後なにがあっても絶対大丈夫だ、ていう信頼という大きな力が
ふんわりふんわりと、常に傍に存在しています。

借り物の入れ物と、賜り物の魂を
これでもかといわんばかりに大事に大事に
自分は自分だけど、自分じゃない。

いつの日か宇宙に返却する日が来るその時まで
大事に使わせて頂こうと、改めて思いました。


まだ出会ったこともない、あなたの存在も
きっと今の私の一部になっている。

ありがとうございます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分に魔法をかける

2018年01月23日 | 戯言
妊婦さんて神々しさしら感じてしまうほど愛を放出しているよなぁ。

そんな事をふと考えていた。

丁度プリミ恥部さんの「愛を味方にする生き方」を再読していた。
自分の内側に「愛」を満たす事について書かれているページがあった。

あぁ、そうか。

妊婦さんは毎日毎日自分の内側に向かって
「愛してるよ」って感じながら生きているんだ。

もう、存在そのものが愛になっているんだ。

そんな納得が今月の新月に起こった。


それまでなんだか落ち着かなくて
ザワザワしていてイライラしていて
体もずーーーーーーーんっと重い感じがあったのだけど

「私は私を愛しているよ」と暇さえあれば心の中で唱えだして
いつも見守っているよ。大丈夫だよ。愛してるよ。って
こうして黙ってタイピングしている間も頭の中で繰り返して

そんな魔法をかけ続けていたら
不思議なくらい目覚めはスッキリするし体も軽くなってきた。


思い返せば絶好調だった20代半ばの頃は
毎日毎日「ビールうまーい!地球ラブ!自分サイコー!」なんて
能天気な自画自賛の中で生きていて
ほんとにほんとに幸せだった。


愛してるよ、の他に
「自分サイコー!」魔法も今後は取り入れて
さらなる元気を身体に注入していこうと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

封じていたもの

2017年12月25日 | 戯言
12月上旬
1年以上前から予約していたチャクラ調整へお邪魔してきました。

詳しい内容はまた次の記事で書こうと思っています。
今日はそのセッションから2週間とちょっと。

この2週間の間、それまでやり過ごしてこれていた
イライラや怒りや悲しみみたいなものに気づきやすくなっているように感じています。

普段からあまり怒りを覚えなかったり
悲しい、寂しいと感じても
そこまでどん底に引き込まれないというか
「これも味わいの一つだから」とすぐに気分を変えられたりしていたのが
なんだか制御できない程のイライラを覚えたり
無性に寂しさに襲われて無気力寸前になったりすることも。。

小一時間でそういう波は過ぎ去っていくのですが
ここ数年、あまりなかったことなのでほんの少し戸惑いつつ
チャクラを開かれて、今まで滞っていたあらゆる種類のエネルギーが
流れ出しているのかな?という感覚も。。

排水溝のつまりがとれていくように
徐々にクリアになって、そのうち丁度良い感じになるのかなぁと感じています。

怒ることって、他者には全然関係ないタイミングで降りかかるもの
みたいなイメージが強くて
だから、自ずと自分の中に封じ込めていたのかもしれません。

相手に伝わるタイミングで伝えないと意味ないよな。。。みたいな感じで。
でもでも、そんなタイミングなんて待っていてもなかなか来ないものなんですよね。

そもそも、ちゃんと伝われば怒りにもならない事の方が多くて
伝えたいのに伝えられないっていうモヤモヤしたものが
イライラに変わって怒りみたいになって、、って結局自分のせいだったりして。


なんだか、そういう詰まりみたいなものが
溶けてきている最中なのかな、と感じている最近です。

メリークリスマス。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰ってきた感

2017年11月26日 | 戯言
頻繁にこのブログを投稿していた2004年からの数年は
今思えば内観する時間をとても多く持っていたように思います。

加えて毎日PCの前に座っていて、
言葉が閃くと同時に書き残すことが可能でした。

自分の中から生まれたものを即座にリリースできるという環境こそが
私の中に流れるなにかをクリアにし続けてくれていたし
目に見えない、不思議な力を全身で味方につけた生き方になっていたようにも思います。

バーのカウンターに立っていたときも
お客様が去ったあとの、ほんのりぬくもりが残った空気の中
二つ折り携帯のボタンをポチポチ、まるで自動書記のように文字を打つのがとても楽しかったです。

環境や生活リズムが変わり、慌ただしく時間が過ぎていく中で
最近ふと、あの頃のような温かさを覚える瞬間があります。


私やあなたを包んでいるこの空気、空間すべてが
実は愛の正体で
私たちはいつも見えない大きな愛に包まれている。


言葉にすると大げさになってしまうけど
ありがたいことに最近こんな感じです。


そして思い返せば昔の私もそんな感覚を持って生きていたなぁと思い出したのでした。




なんだ、私知ってたんじゃん、コレ。




このモードの無敵感ったら最強なのです。

できないこと、わからないことへの恐怖がまずとても薄れます。
できないならできるように工夫しようとか
わからないことを知れるワクワク感の方が増してしまうのです。


いまいち愛が云々というイメージが難しい方には
「宇宙」の擬人化をオススメしたいです。

宇宙とはここ、地球も含めてを指します。
つまり我々は毎日宇宙空間の中で生きているわけです。

で、その宇宙さんったら毎日毎日私たちを全身くまなく抱いてくれているのです。
なんなら耳の穴や鼻の穴まで愛でてくれているのです。

そして私たちはというと
そんな宇宙さんのことをナデナデしながら歩いていたり
抱かれていることに甘えまくって身を委ねて安心して眠りについているのです。
そんな間も抱かれている!
なんて幸せ!


最近の私はこんな感じの妄想で
毎日ニヤニヤ過ごしています。

どうですか、キモイですか。

でもみんなが知ってる私のはずだよ。

ただいま。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎮魂

2017年09月22日 | 戯言
イレギュラーな元気を与えられ
本来のパフォーマンス以上の動きをしてしまっていた2ヶ月前。

この状態になってしまうと
周りが全てスローモーションに見えてしまって
思考はくるくると絶えず回転してしまう。

周りの時空も同じように動いていると錯覚しているので
知らず知らずのうちに身近な大切な人達を振り回してしまっている。


何年も前から同じ失敗を繰り返している。

今度こそは、と願うのだけど。



鎮まりたまえ


と思える時には既に鎮まり返ってる。



嬉しいことも悲しいことも
そのまま受け止めたいし
そのまま受け止めているつもりだけど

時々脳内で増幅されてしまうみたい。

生きてりゃしょうがないことだけど
もう少し、リアルに感じられたら
もっとうまくやっていけるのかなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

避難せよ

2017年09月21日 | 戯言
普通に元気を10としようか

9、8、7、、、くらいが普通に人と過ごせる限界としよう。

6辺りから愚痴が増えたりため息が出たり
目の前の相手所ではなくなってくる感じ。

まぁでも世の中の安居酒屋で悪口ツマミに呑んでる人々は大体5、6だよ。

5からは避難が必要なんだ。

君の大事な心を守るために

他の誰かからの干渉を受けない場所に逃げ込んじゃおうよ。


仮にね、5の時に頑張って誰かの言葉に耳を向けたところで
激しく消耗してしまうんだよ。

0.2ずつ消耗していたはずが
絶対数が減れば減るほどさ
消耗は激しくなってく。

0.5、0.8、1.2、、、てな具合にさ。

2以下になっちゃったら
10が遠くて遠くてしょうがないよね。



だからさ、
綺麗な君は7になったら休んだ方が良いし
仮に5まで頑張っちゃったら
柔らかい布団の中に避難して
誰の声も届かない世界に逃げ込んじゃえば良いと思うんだ。

柔らかい優しい世界へ
いってらっしゃい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

疲れ果てた君を言葉がすり抜けていけば良い

2017年09月19日 | 戯言
無表情を頑張る君に

イライラや悲しみやどうしようもない疲れやだるさを
表に出さぬよう、平常心を頑張る優しい君に

この強い風が
まるで無菌室へ向かう時のエアーシャワーのように
君を重くしている
疲れやダルさ憂いや悲しみを
吹き飛ばしてくれたら良いのにな。

君の中には電池があってさ
人よりちょっぴり繊細な君の電池は
私の電池より少しだけ減りが早いみたい。

私の電池は
お友達と電話でくだらない話をしながらビールを呑んだり
ライブハウスで身体をスポンジにして
音を染み込ませると
あっという間に充電できちゃう。

君の電池はきっと1人でゆっくり
夜風を感じたり星のまたたきを眺めたり細い月を撫でたりしながら満たされていくんだろうね。



雪が降ると空気が澄むように
こんなつたない言葉でも
君をすり抜けて
君を汚すゴミを吸着して
透明で真っ直ぐな君に戻る道具になれば良いのになぁ。


いつだって待ってるんだから
また一緒に微笑み会おうよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな扉を開けて歩いてまた扉

2016年08月02日 | 戯言
前回の更新からまたまた随分と期間が空いてしまって
もうなんの話なんだかよくわからなくなっているけど続きのような現在のお話を書きますよー。


空っぽになった私は、ヨガの何に魅力を感じていたのかを考え直した。

健康的にお仕事続けられそうだなぁ
裸足で仕事できるのって気持ち良さそうだなぁ
人と笑顔で触れあえるのって心にも良さそうだなぁ


そんなことを考えていたら
ずっと昔に登録してた転職サイトから頻繁にきてた求人を急に思い出した。

温浴施設のリラクゼーションなら裸足で働けるし、あわよくばお風呂にも入れたりするんじゃないかな?


閃いちゃったら即行動
住まいの近くの条件にあうところを探して連絡!

ただ、近所の温浴施設は徒歩だと少し遠い。。

「裸足で働く」は妥協して
徒歩圏内で綺麗なところで未経験な上
無知でしかないリラクゼーション業界とやらに飛び込んでみちゃおうっと
なかばノリで新たな扉の鍵を手に入れたのでした。


一生記憶から消えることはないであろう怒濤の研修がちょうど一年前。
かけがえのない仲間とも出会えて
新しい扉もぐいーんと開けて

セラピストとして来月で1年目を迎えます。

沢山のお客様と出会えて
ご贔屓にしていただけて
勉強させて頂けて
ほんとにあっという間の1年でした。

同時に子育てと家事をこなすのは本当に大変だったけど
ありがたいことに子供も大きな病気やけがをすることもなくすくすく
育ちすぎってくらい育ってくれちゃって。。

今月いっぱいで近所ではあるけど
もう少し広いお部屋に引っ越すことになって
やっと自宅サロンの夢が近づいてきたところ。。

新たな扉をまた開けようか、といった最近です。


気の流れを感じながら
弛めたり元気やワクワクを与えられるような施術をできるスペースを造る予定ですよん。

ハーブティーの講習やアロマの講習なんかもしていきたいな。

そしてアクセスバーズも行いますよー。

ああ楽しみ。。

日当たり抜群な新居での生活に向けて
あれこれ整理中。

また近々残せますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加