宴的戯言

リラクゼーションセラピストと名乗り始めて3年目。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戯言

2019年10月12日 | 戯言
触れた瞬間
君の全てを理解できたらきっと救えるのかな
君の楽しい悲しい苦しい辛い激しくて穏やかな感情全て

もしも理解しきったとしてうまく立ち回れるのか私は
そんな上手な芝居をうてるのか
理解したことができるのであれば今頃万能マンなのでは
否、できないということは理解できたていないということなのか


理解したいから言葉を重ねられるんだ
わからないからふとした瞬間驚いたり笑えたりできるんだ
もっと知りたいからまた会いたくなるんだ


毎日アップデートされてく私と君と
昨日の理解を塗り替えていこう
コメント

虹と白の陰と陽

2019年08月20日 | 戯言


心に正直に動いていたいと
身体を無視して動きすぎてしまったのかチャクラ診断とハンドリーディングでは「夜の星空や宇宙が見える。もう少し地に足つけることにも意識してみては?」とアドバイスを頂いていた1ヶ月前。
そうか、確かに最近の私は直感でしか動いていないな
でもそれくらい早いリズムが心地良いなと感じていた


否、ほんとは何処かで気付いていた
この感覚だけで日々を過ごしていたらざくっとクレバスにはまってしばし身動きが取れなくなってしまうことを。


いかんせんバランス感覚がよろしくない。よろしくどうぞ。

瞬間の美学よろしく常にギリギリを求めてしまうのは後天性のものか先天性のものか
把握できたところでなにも解決しないだろうし
解決したいならば過去など省みずこれからの地図を描くしかないのだろう


私は私を生きているか
誰かを支える魂であるだろうか


沢山の学びや嬉しさを与えて頂ける皆に恩返しできているだろうか


時々は頭も身体も全て真っ白な灰にして
もう一度彩りの世界に産まれなおす


コメント

リスタート(何度目かの夢)

2019年07月30日 | 戯言
昔思い描いていた夢は
憧れのアーティスト三人と一軒家でルームシェアすることでした。

彼らと恋仲になりたい訳ではなく
もっと根源的な生きるところのサポートをしたいと本能的に思っていたのかもしれません。

どんなに遅い時間になっても美味しいご飯が食べられる環境を作ってあげたい、とか
皆が集って呑む夜には美味しいおつまみを作ってあげたいとか。

そして各々のステージで綺麗な華を咲かせてほしいな。そんな妄想をしていた中学時代。



時は流れ上京した私が強く惹かれたのは裏原辺りの古いアパートや同潤会アパートなどの個室アトリエのような空間でした。

いいなー、こんな好き勝手に壁の色変えたり壁ぶち抜いたりしても良いお部屋に住みたいなー。 「いま住んでるあんた達が出ていったらここは撤去する予定だから好きに使ってくれて構わないよ!」そんなアパートないかなぁ、、と探す日々。

しかしなかなかそんな夢やドラマみたいな物件と出会うこともなく。

しかしながら私の東京ライフは他の部分でかなりドラマティックな展開を広げていたのでした。



北海道旭川に棲みかを移してもうすぐ五年。

此処1ヶ月の間に起こった出来事が
今までの人生全部伏線だったのかな?と感じる程物凄いスピードで回収されてる感覚です。


運命の歯車が動きだしたキーパーソンとの出会いは4月末。
街中で呑んだ帰り道素敵な音が聞こえてきてふらふら近づいたのが初対面でした。

ハンドパンという楽器で
ほわほわ夢の中のような
何処か宗教音楽のような神聖な音が響く夜に私はとても楽しくなってしまい
そこから小一時間あれこれお話をした気がするのだけれど内容はほとんど覚えていません。



彼は出会ったときから
「今度一軒家を借りてシェアハウスをやるんです」というお話しをしてくれていたのです。
私はその若者の話を完全に他人事として聞いていて
へー若いっていいなー楽しそうだなーなんて聞いていたはずなのに

そろそろ出会って3ヶ月なのかな?

何故か此処1ヶ月はそのシェアハウスの立ち上げを手伝ってる自分がいます。
どゆこと?


たまたまお休みの日に内見に立ち会ったのが歯車ぐるんぐるん廻るきっかけだったかもしれません。

これから若きクリエイターが作り上げていく空間の元の姿を見ておきたいななんて好奇心を抑えきれずノコノコついていったのでした。


そこで出会った一軒家がまさに私の理想そのもので
古すぎるタイルでできた浴槽と
石炭で沸かすタイプのお風呂とか
家財道具一式残ったまま、時間が止まったお部屋とか
タンスに残された着物やスーツ


「燃やす以外ならなにしても良いですよ」と云い放つイカれた管理会社のお兄さんとの出会い。

あれ?これ私の思い描いてた夢全部叶えられる場所じゃない?

このシェアハウスに住む若者たちのサポートしながら子育てとか楽しそうすぎない?と。。
なにより好き勝手やっていいというキーワード。

こんなにワクワクすることがあるだろか?


そんなこんなで「私も一緒に作っていきたいです!住みたいです!」と意思表明をしまして

ちょっと寝て明日からいよいよセルフリノベを開始する流れになりました。

一体とどんな空間に育っていくんでしょうかね。

とにかく、今はとても楽しみでしかないです。
いろいろな可能性を模索し続けられる空間に育てていけたら良いなぁ。。


コメント

2019年07月05日 | 戯言
魂がワクワク暴れだしそうだ

こんな感覚はいつぶりなんだろう

感化して呼応する感覚

水辺に波紋が広がるように

雷が空気を震わせ窓ガラスに振動を与えるように

ノックされた魂ちゃんが少しずつ少しずつ鼓動を早めていく。


コメント

長年の夢が昇華された日について書きたいのだが

2019年01月17日 | 興行
寒中お見舞い申し上げます。

長いこと更新できていなかったのだけど
書きたいことが多過ぎて
うまく言葉にまとめることができなくて更新できないという幸せな悩みを抱えたまま数ヶ月が過ぎてしまいました。


先月、長年の夢を叶えに東京まで出向いてきました。

そこに至るまでの時間や思いをまとめるだけでも
私の半生どころか5分の4生を語る勢いになりそうな感じです。

少し、落ち着いて整理していけそうな感覚が戻ってきたので
これからちまちまとシリーズ化みたいな感じで垂れ流していきたいなと思いました。


皆!私、hideちゃんのお庭で楽しい遊びしてきたよ!!!


うふふ


では、次回からちまちま
思い残すことないくらいぶちまけていきますね。

写真はhide birthday party2018にて
極楽鳥Z
撮影・大塚秀美


アディオス


コメント

ありがとうございました

2018年09月18日 | 戯言
あまり色々な物事に対しての理解が薄い(と思っていた)幼少時代から
何故か忌野清志郎さんや樹木希林さんが好きだった。

最近理解がハマってきた感

「嘘のない人たち」が好きみたい。

空気が読めてなんでもない会話を重ねながらも
関わる人たちの些細な変化を愛を持って茶化したりしながら関係性を深めていける同級生達の姿をとてもとても羨ましく思っていたけど

どうやら私はとても不器用で
感じたことをそのタイミングで放出しちゃう無粋さは未だに抜けないし
空気をまぁるくするための嘘や気のきいた言葉も出せやしない。

調子の良いときは
相手のことなんか考えちゃいなくて
自分の中で閃いた下らない言葉遊びに酔うばかりで
あわよくばそれが誰かの暗闇を灯す小さな明かりみたいになったらラッキーだなと願うばかり。

樹木希林さんが残した言葉を
色々少し、理解できるつもりになった大人の私で読んでみると

嗚呼、なんて理想的な大人。
この人と面と向かっても居心地良いと感じられるような自分になれたら良いなと思った。

自分に迷いや嘘があったら
きっと居心地悪くてしょうがないんだろうなぁ。

尊敬できる大人が生きてた世界を
少しでも体感したいな。

人それぞれ感じる世界は違うけれど。
コメント

壊れた司令塔補修作業

2018年05月23日 | 戯言
いやはや、5月というのはなんだかどうして
毎年毎年空気の気持ち良さと地球がワクワクする感覚を感じるというのに
それとはうらはらに身体や頭がどうにもこうにも思い通りに動かなくなったりしちゃって
いわゆる5月病ってヤツなのかな、とも思ってしまうのだけどどうなんでしょうね。

北海道の春はゆっくりやってくるので5月になってようやく
雪が解けきって花がちらほら咲き始めるという感じなのだけど
それまで約半年の間雪に覆われてカチンコチンに強張ってた身体が
いきなり春の洗礼を受けるというか
さぁ、余計なものは出し切って軽くなりなさい!動きなさい!とけしかけられるような
そんな感覚になっちゃうんですよね。いつも。

うぅぅ。起きなさいといわれても、もうすこしこの暖かさの中でまどろんでいたいよう、、、。

そんな布団の中から出たくない(by打首獄門同好会)状態は冬の寒さを乗り越えたのちの
うららかな小春日和の中も続くわけで、、、

なんて言ってるうちに陽の長さはどんどん長くなっていって
気付けば朝4時半にはもうまぶしくて暑くて寝てられないや!ていう強制的な目覚めを与えられたりして。


前置きが長くなりましたが

いやはや、私ストレスに強いつもりだったけど全然そんなことなかったよ!!!

てことで、強烈なストレスを感じる出来事がありましてね。

いつもなら数か月後に円形脱毛ができる程度のストレス案件なのだけど

今回はがっつり自律神経やられちゃいました。



ほんとね、しんどいよね。自律神経イカレちゃん。
頭はズドーンと重くなるしずーっとめまいしてるしふらついて転びそうになるし
食欲ないなと思ってたら急激に食欲湧いてきて過食しちゃったり
かと思えば急に動悸が激しくなって、え、これって求心必要なやつ?といつも
なんとなく受け流してたCMにすごく見入ってしまったり。。


あまりにもしんどくて病院であっちゃこっちゃ検査受けても
何一つ異常なんて見つからなくて
いやまぁ、そうですよね、私もうすうす気づいてはいたんですよ
だけど認めたくなかったんですよ、なんかしら異常があるって思ったんですよ
だからこんなに時間とお金をかけて「はい!君いま異常だよ!」って言って欲しくて行ったのに
はい!異常なし!帰ってよし!あ、お金は置いて行ってね!って。おい。


検査の途中からわかっちゃいたんですよ
絶対異常なんかでないんだ。
ストレスなんだよ、これ、ストレスだったんだよやっぱり。て。
それを証明してもらう為にあの金額は高すぎた。。



また長くなってしまいました。



ストレスの解消法、昔は暇さえあれば鎌倉材木座にぴゅーんといって
砂浜でごとごろしていたなぁ、と思い出しまして。

あ、今の季節の芝生サイコーじゃないか。と閃いたのです。天才。

翌日すぐに近所の公園に出向きました。

一面にたっぷりたんぽぽが咲いた公園はまるで天国のように美しくて

いつの間にこんな春真っ盛りになっていたのだ!と軽くショックを受けつつ

そーっと靴下を脱いで地面に足裏タッチ。


じわじわ~~と足裏がほどけていくのを感じます。

同時に身体のなかにあった鉛のような熱くて重いなにかがドロリと下がっていくのを感じました。

気温はまだまだ上がりきっていない午前中なのに

ふんわりした地面はホカホカと温かくて

全てを包み込んでくれるような優しさ。



それから数日、私は毎朝出勤途中にある公園で

朝の10秒チャージよろしく

30秒アーシングをしてから出社しております。

驚くほど身体の不調、心の乱れが整ってきて

足裏も掌もなぜかやんわりホカホカしています。


自律神経乱れちゃった人万人に効果があるかは私にはわからないけれども

少なくとも私にはベストな選択だったようです。


沢山のエネルギーを与えてくれる地球と宇宙と太陽に感謝。
コメント

相性

2018年05月08日 | 戯言
なんだか身体の調子が良いなぁ
いつも並んで待つお店なのに
一緒に居るとすんなり入れちゃう。
どのお店に行っても店員さんが親切だし暖かいね


そんな素敵な相性が存在する事に気付いた。


なんだか胃腸の具合が宜しくないなぁ
胸も苦しい気がするし消化不良感がきつい。。
いつも美味しく食べられるものが食べられない。
行きたいお店は何故か臨時休業、気になるメニューはことごとく品切れ
口数も減る一方。
なんだか、、、苦しい、、窒息しそう。。


そんな相性もあるんだって事に気付けた。


思っていた以上に関わる人、身を置く環境の影響が身体や心にがっつり表現されることに気付けた今日。


心身共に健康でいられる
暖かく柔らかな空気の中に身を置く為
そのために、私は私を磨き続けていかねばならないのだなということに気づけた。

雑じり気のない、純度の高い水の中で生きたい。

透明な中で恥じたり萎縮しない自分で居たい。


そんな自分で居られる大切な相性を大事にしていきたい。。
コメント

未来の話

2018年04月01日 | 戯言
最近、空き寺問題てのが浮上してるというニュースをたまたま見て


私は寺が好きだということを思いだし


あー、空き寺乗っ取って好き勝手したいなぁ、、、



なんてことをよく妄想するようになってしまいました。


今のお仕事始めて少ししたくらいから
寺の境内でこのお仕事できたら気持ち良いだろうなぁ、と妄想することもしばしば

寺の中にバーを作ったり、ヨガをやっていたりライブをやっていたり

色々な寺の可能性を見聞きする度に


あ、私寺作りたいかも。と。




今夜、フランク重虎氏に何気なく電話してそんなお話しをしたら

出るわ出るわ、寺のアイディア。
爆笑しすぎて涙出ちゃうし腹筋痛い。

スペースコブラを崇拝するお寺
掛け軸に掲げられるのはTバックのエロい女性で
置かれる仏像は左手サイコガンの鉄仮面で



あー、言葉にするとつまらない




実現したいな。



空き寺面白計画。

東京の面白いお友達がライブできる場所。
地元の方々が故人を偲んだり今の自分が生きてる事を感謝できる場所。


そんな場所を作っていけたらサイコーだなぁ。
コメント

スペースコジキ

2018年03月29日 | 戯言
最近自分がグラつく時の条件が少しづつわかってきました。


何かを手に入れた(つもりになっている)時
何者かになれた(気がしてる)時
何かをできるようになった(つもりになっている)時


その瞬間は多幸感みたいなものに包まれるのだけど
視野を広げて自分のちっぽけさや足らなさを感じた時に
とてつもない喪失感に見舞われ足元や心がザワザワとぐらつくのだなぁ、と。


そこで極端な私は考えたのでした。


私は何もできないけれど生きている
何も持ってないけど生きている
何物でもないけれど生きている
生きてるだけで良いじゃん
何も武器なんか持ってなくても攻撃されないよ
攻撃されても私は生き延びてやる


そんな思考をしてみたのです。

広い宇宙の中で私は丸腰だ。と。
持っていない、空っぽであることを恐れていないよ。と。




そう考えていた矢先に素敵な出会いがやってきたのです。


お会いしてすぐにお話のデコボコがハマっていく感じを味わえる方との出会い。
話題を変えてもどんどんそのハマり具合がフィットしていって
お互いにすごく共感したのが

「願いってすぐ叶うよね!」て所で。

私も彼女も今までご飯に困ったことが無くて
どうしようもなく貧乏になって電気が止まったりガスが止まっても
お腹すいたなーと思うと誰かしらがご飯に誘ってくれたり
ご馳走してくれたりっていうご縁に恵まれているって話で盛り上がってしまい

私たちって宇宙に守られてるよね!と爆笑したのでした。

その日ちょっぴりグラついてた私は
空っぽだ!と自分の思考をリセットした15分後にそんな出会いがあって
お話してるだけでものすごいパワーを貰えて
すっかり浄化されちゃって。。

しかもその方は私が半年くらい前からぼんやりと
「次の夏にはそこに星空を眺めにいきたいなー」と考えていた土地でペンションを経営されているとか。。

もうこれは行くしかないでしょう、というご縁。

別れ際、お互いに「出会えてよかったねー!」と笑顔でさよならしたのでした。



私にとって宇宙は
空白を埋める為に最適なギフトを与えてくれる存在なのかもしれない
なんてことを最近強く感じるようになってきています。


もう間もなく3月のブルームーンですね。

こうなったらいいな。ていうイメージを持っていると叶いやすいタイミングみたいです。
言葉ではなく映像で思い描く準備をちまちましています。





コメント