日本ポー学会 ブログ

日本ポー学会のブログです。メインホームページ
http://www.poejapan.org/ と併せてご覧ください。

ポー生誕200年記念大会プログラム

2009-08-27 17:53:22 | Weblog
ポー生誕200年記念大会のプログラムを転載します。
http://www.poejapan.org/

日 本 ポ ー 学 会 (The Poe Society of Japan)
ポー生誕200年記念
第2回年次大会・第3回総会プログラム

日時 2009年9月19日(土)~20日(日)
会場 慶應義塾大学 三田キャンパス 北館ホール
    〒108-8345 東京都港区三田 2-15-45
<19日>
▼10: 30~12:00 役員会 〔研究室棟地下一階・第一会議室〕
▼12: 30 受付開始
▼13: 00 開会式 
開会の辞 日本ポー学会会長 巽 孝之
会場校挨拶 坂上 弘(三田文学会理事長、慶應義塾大学出版会会長)
                
―――――――
▼13: 15~15: 00 研究発表
1. 司会・河野智子(明治大学・兼)
宇佐教子 (首都大学東京・院)
“The Black Cat” における告白形式と同時代作品の相互影響                            
2. 司会・野口啓子(津田塾大学)                            
加藤雄二 (東京外国語大学) 
ポーを(脱)歴史化する――モダニズムと現代批評におけるテクストと作家像の形成
3. 司会・宇沢美子(慶應義塾大学)         
小森健太朗 (近畿大学、作家・評論家)  
黒岩涙香によるポーの模作『捨小舟』の探偵・重鬢  
―――――――
▼15: 30~16: 30 特別講演
〔セント・アーマンド教授 ポー&ラヴクラフト・コレクション贈呈式  八木敏雄(ポー学会顧問)〕
 司会・伊藤詔子(松山大学)
 バートン・L・セント=アーマンド(ブラウン大学名誉教授)
 Barton Levi St. Armand
アメリカ版死者の書――「アルンハイムの地所」を読む
“An American Book of the Dead”: “The Domain of Arnheim” as Posthumous Voyage 
―――――――
▼16: 50~17: 50 ピアノ演奏と講演
 青柳いづみこ (大阪音楽大学教授、ピアニスト)
音楽になったエドガー・アラン・ポー――ドビュッシーのオペラ『アッシャー家の崩壊』とその周辺
―――――――
▼18: 00~20: 00 懇親会(キャンパス内 慶應義塾ファカルティクラブにて)
会費 5000円(学生3000円)

<20日>
▼10: 00 受付開始
▼10: 30~12: 00 ワークショップ
19-20世紀フランス文学におけるポーの影響
坂巻康司(東北大学)
今井 勉(東北大学)
寺本成彦(東北大学)
廣田大地(大阪大学・院) 
―――――――
▼13: 30~16: 30 シンポジアム
ポーと世界文学
司会 巽 孝之(慶應義塾大学) 
講師 高山 宏(明治大学)
     井上 健(東京大学)
     安藤礼二(多摩美術大学、文芸評論家)
     鴻巣友季子(翻訳家・文芸評論家)
―――――――
▼16: 50~17: 50 総会         
閉会の辞 日本ポー学会副会長 伊藤 詔子

▼展示 (2 日間)
コレクション、記念切手、写真、記念大会関連資料など

お知らせ
*懇親会の会場ファカルティ・クラブは全体の会場と同じ北館の1階にございます。
*懇親会の出欠について、同封のはがきで9月10日まで厳守でご連絡ください。
*当日はこのNewsletter No.5をお持ちください。
*会員以外の方も来聴歓迎です。お誘いあわせの上ご参会ください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 青柳いづみこ氏第25回講談... | トップ | 雑誌『東京人』10月号掲載の... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事