日本ポー学会 ブログ

日本ポー学会のブログです。メインホームページ
http://www.poejapan.org/ と併せてご覧ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2019年度年次大会(午前のプログラムの会場変更のお知らせ)

2019-08-08 19:19:48 | Weblog

☆日本ポー学会年次大会(2019)のポスター(7月10日更新)

午前のプログラムの会場変更のお知らせです。

午前のプログラムが立正大学932号教室、午後のプログラムは石橋湛山記念講堂で行われます。

 

日時:2019年9月7日(土)会場:立正大学 品川キャンパス

* 今年度の大会は、ポーの生誕210周年、没後170年を記念する大会でもあり、特別な企画が準備されています。

日本ポー学会第11回年次大会・第12回総会http://www.poejapan.org

2019年9月7日(土)受付開始10時

於・立正大学 

午前:932号教室 午後:品川キャンパス石橋湛山記念講堂(〒141-8602東京都品川区大崎4-2-16)

▼10:20  開会式   総合司会 河野 智子(東京外国語大学・非)

開会の辞                                            日本ポー学会会長 巽 孝之

会場校挨拶                                               立正大学学長   吉川 洋

▼10:30-11:50  研究発表

1. 船という棺に幽閉されたピムの物語――hoaxから出られないミステリー             

    宇佐 教子 (首都大学東京・非)      司会 髙瀬 祐子(沼津高等専門学校) 

2. 推理は詩作のごとく――"The Murders in the Rue Morgue"におけるフランス革命と詩的想像力

    岡本 晃幸 (藤女子大学)            司会 鎌田 禎子(北海道医療大学) 

▼12:50-15:20  シンポジアム 

「ポー、トピカル/ポー、トロピカル」(Poe, Topical or Poe, Tropical) リンク→シンポジアムの要旨

司会  伊藤 詔子 (広島大学)

講師  福島 祥一郎 (同志社女子大学) 「ポーとニューヨーク」

    西山 智則 (埼玉学園大学) 「生きる屍」の表象をめぐって――ポー、ゾンビ、ハイチ  

    伊藤 詔子 「死」というトポスの創出――ポーと朔太郎

    高山 宏 (大妻女子大学) 「場のマニエリスト、マニエリストの場」

▼15:40-17:20  特別公演 ドビュッシー未完のオペラ『アッシャー家の崩壊』演奏会

ピアノ 青柳 いづみこ   ソプラノ 盛田 麻央               司会 巽 孝之(慶応義塾大学)

http://www.poejapan.org/poe12th2019.pdf

▼17:30-18:00 総会  

▼18:00 閉会の辞                      日本ポー学会副会長 井上 健

▼18:30-20:30 懇親会

会員外も参加無料

特別企画について

ドビュッシー未完のオペラ 『アッシャー家の崩壊』演奏会 ピアノ:青柳いづみこ ソプラノ:盛田麻央

青柳いづみこさんのピアノの演奏とマデリーヌ(マデライン)役の声楽家、盛田麻央さんによる特別公演。

    リンク 青柳いづみこ「音楽になったエドガー・アラン・ポー」

    司会 日本ポー学会会長 巽孝之 (慶応義塾大学)

    会場 立正大学 品川キャンパス 石橋湛山記念講堂ホール

 

この記事についてブログを書く
« 講演会情報「ポーとホーソー... | トップ | 巽孝之先生新著 『ニュー・... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事