だじゃもそ!~ヨーデル&お絵描きブログ

ヨーデルとお絵描きが好き、でも、最近はゲームと音楽だな。w

花粉症の舌下免疫療法

2018年09月08日 23時56分16秒 | いろいろ

久々の更新だあ。
このブログそこそこアクセスがある形跡があるので、放置しすぎるのももったいないんだよなー。笑

さて、このわたくしですが、今年の春に花粉症デビューしてしまったようです。
さんざん、

「花粉症になっても絶対認めない。」

などと言っていたのに、あっけなく症状が発症し、認めている自分が居ます。

医者に行って、アレルギーテストを行ったら杉とヒノキの両方に反応がありました。

そこは耳鼻咽喉科なのですが、前から舌下免疫療法っていうのがあるというポスターがはってありました。
花粉症ってそんな風に対処できるんだなって思っていたら、まさか自分が花粉症になるとは!!汗

そんな風に存在を知っていたので、自分が花粉症と認めてからすぐにやりたいと申し出ました。

最初は、医者で舌の下に薬剤をたらして2分ほどで飲み込み、
30分くらい待機して、何も起こらなかった事を確認しました。

その後は、一日一回、家で自分で同様に薬剤を垂らして2分ほど待って飲み込むという事をやりました。
薬剤は毎日少しづつ増やしていく形です。

一月ほど治療を行った後の話・・・

旅行に行ったのをきっかけに、薬の投与を勝手にさぼってしまいました。
途中で、これはまずいと思い残っている薬剤をやってはやめ、やってはやめを繰り返して
一か月ほど間を空けて、久々に受診をし薬をもらいに行きました。

「前に薬を出してから、どれくらい経ってますか!?最後に使った日からどのくらい経ってますか!?」

医者にお叱りを受けました。

体の中にアレルギー物質を、様子を見ながら投与して徐々に量を増やしていっているのに、
勝手にやめて、また同じ強い量を投与したら事故が起こるかもしれない。
最初の量に戻して治療しなくてはならなくなるよ。

との事でした。

なんか、今現在症状が出ているわけでもないのに、しかも、因果関係が確実な感じもしないので
根気が続かないなあ。

もしかしたら、今年症状が出ていたのはスギ、じゃなくてヒノキだけだったのかもしれないしね。
と、思うとなんか・・・ね。でも、これしか根治が望める治療はなさそうだし。

医者を信じて頑張ってみますかね。なんだかんだお医者様には助けられている人生ですからね。

コメント

断ち切る

2018年06月22日 23時39分39秒 | いろいろ

ここ最近私のゲーム好きに関連して、様々なキーワードが
現実世界に現れ始めた。

まず、体調を崩して早くねるような状況に陥った。⇒⇒【ゲームがあまりできなくなる】


そして、ネットのニュースを見ていたら、WHOがゲーム依存を正式に疾患として扱う流れとなった。というのが目についた。⇒⇒【なんかゲームのよくないニュース】

https://www.huffingtonpost.jp/2018/06/18/who-game-addiction_a_23462206/

娘の学校が、土曜日授業の兼ね合いでお休みだったので、勉強を見たり、回転すしに連れて行ったりした。
そのことが楽しかったのか、次の日に「お父さんもパソコンばかりやってないでもっとお話ししてくれればいいのに。」と妻に訴えてきたらしい。

その話を聞いて正直「自分が批判された感じがしてふざけんな」と思ってしまったのです。(心が狭いのです)
そういう意味で言ってるんじゃないと妻が一生懸命説明するも、言葉そのものに捕らわれて、心が揺さぶられた気がしたのでした。⇒⇒【パソコンでゲームをやっている自分に対する客観的な評価】

娘はもっともっとお父さんとお話ししたり遊んだりしたいんだーっていう、むしろお父さん好き好き表現なんだから
喜ぶべきところなのに、自分の批判だと思うという事は、自分でもその事を気にしているという事なのでしょうね。⇒⇒【なんか良くない事の気づき】

そして、まだまだ体調不良で早寝が続いた時、なんか思い立った!

うりゃーーーーー!!!!

スマホのゲーム、ひとつを残して削除!!!!!
タブレットのゲーム、削除!!!!!
パソコンのゲームのリンク、削除削除削除!!!!!!

勢いに任せて

削除削除!!!!
へへへ、やってやったぜ。消してやった!!!

一つは残しているけど、これは、まーいい。
一つなら節度を保てる気がする。たぶん。

なにせ、今のゲームばかりの生活を断ち切るために、あらゆる方向から
メッセージが投げかけられた一週間だったのでした。

なんか、不思議。
そして、気づきをくれてありがとう。

コメント

いろいろ焦る

2018年05月31日 00時44分06秒 | 人生の模索

やらなきゃいけない事もあるし、
やりたい事もある。

SNSをやっていると、昔ながらの付き合いの人や、そのまた知り合いの人たちが、
様々な活動をして輝いている。

自分も何かやりたいと思いながら、やっているのはゲームばかり。
それでも、会社の中でのコミュニケーションの一助になっているのだからと
正当化しようと思えば出来るのだけど、
腑に落ちないのは
こじつけに近いからなのだと自分自身が知っているから。

笑顔を見たら、素直に、充実している人なのだと、幸せな人なんだと思えばよいのに、
なぜか、その笑顔の裏にあるだろう、日常の苦労や、違った一面を想像してしまう。

そんなもの、存在すらしないのにねー。www

新しい学校へ通う人
新しいコンサートを開く人
新しい展覧会を開く人
ブログで弁舌を振るう人
自分のコミュニティで笑顔に包まれている人

正直うらやましい・・・。

昔、アインシュタインがこれはダメだって言ってた3つくらいのことがあって(あくまで私の記憶の話)
そのうちの一つが
「人をうらやむこと」
だったなあって思い出す。笑

自分を活性化させる刺激。
積極的に採り入れていかないとね。

先日、妻の勧めで美術館へ行ってきたのだけど、たんたんと見た割には
刺激になったかな。
あと、気になる音楽がきっかけで久しぶりに映画作品を見たのもよかったかな。
こんな風に少しづつでも自分を刺激していきたいな。

自分の中からあふれ出る、創作意欲を、また爆発させてみたいな!!!
あふれ出るのが、花粉症のアレルゲンだけじゃ悲しいぜ!!

みんな、私に刺激をくれ~~~~!!笑
(人任せなのが気になるが、この際どんな力でも使うのが吉!!ww)

コメント

猫とのコミュニケーション

2018年03月15日 23時50分57秒 | いろいろ

家に帰り、ご飯を食べた後は猫とのプレイタイム。

終わりになると私が、「シャケ、もうおしまいだよ。ケージの中に入ってください。」と伝えます。

だいたい、やだー。っていう感じでウロウロしたり、端っこへ行って横になったりします。

それでも、「はいってくださーい」としつこく言っていると、窓のカーテンの下に隠れます。

「じゃあ、自分でケージに入るか、お父さんが(私の事)抱っこして連れていくのかどっちがいいのー」

しーん。

大抵、無視されます。

それでも、しつこく言っていると、しぶしぶケージの中に入り、トイレをガサガサ始めます。

「シャケ、ありがとうね。」

といって、扉を閉めて終わり。

そんなやり取りをしばらく続けていたら、だんだん、中に入ってくれるまでの時間が短くなってきました。


今日は、「お父さんかえって来てうれしい?うれしいなら、にゃんってお返事してくれるといいんだけどなー」
などと何気に伝えると、すぐにではないけど、

「にゃーん」と言ってくれました。

さらに、今日は本当に眠くて、「シャケ、お父さん今日は本当に眠くて。。。もう終わりにしてもいい?」
と伝えると、いつもより早くケージの中に入ろうとしてくれました。

よく、ユーチューブなどに出てくる猫が多弁におしゃべりしているけど、うちの猫はそんなに多弁ではないけど、
なんかちゃんと意味が通じているのかなって思います。

最近、甘噛みで抗議してきたりもします。もっと遊んでよーとか。なんで、寝てるのよ!!みたいな感じで。笑

かわいい猫ちゃんです。ふふふ。

コメント

啼き声があまりにもうるさくて

2018年02月28日 00時07分43秒 | いろいろ

うちのにゃんこがここ数日うるさい。

遊んでいる時はそうでもないのだけど、
遊び終わった後の、もっと遊んでコール。

まあ、これはいつもの事なんだけど、あまりにもうるさくなってきた。

おかしい。

近頃、おしっこの匂いも強くなってきた。
うーむ。

なんせ、まずはトイレの臭いのをどうにかしてあげようと
新しいトイレを買ってきて、それを設置した。

今まで一台のトイレで、洗っている間は使えないというなんとも不便な状態だったので
それを解消する良い機会になりました。

換気扇も回しまくり。

そして、今日の夜いつもどうりに遊んだ後、
またにゃーにゃーが始まった。

が、あれ?

前みたいに、ある程度のところであきらめて寝床へ入ってしまった。。。

これってもしかして

「にゃあああ!!!トイレが臭いんじゃボケーーーーーー!ちゃんと掃除して行ってくれよ!!
僕のお部屋が臭いじゃないかーーーーー!もう嫌だーーーーー!ふにゃーーーーー!!!!」

という心の叫びだったのでしょうか。。。汗

なんか解消できたようでよかった。

コメント (3)