あんな話こんな話

会津生まれの会津育ち…三匹の猫と柴ワンコや家族に囲まれ、家庭菜園に勤しみ都会には住めそうにないローカルな私の日常。

古代ハスの種から芽が出たっ!!

2012-07-17 22:55:34 | 植物

去年の夏、会津若松市内にある御薬園へと胡麻羊羹を買いに行った時
庭園に咲いている古代ハスの種と蜂の巣みたいなのが
売られていたんだったか…無料でくれたんだったか
すっかりと忘れてしまったけど
来年の春になったら蒔いてみようと思っていた。

春先に蜂の巣みたいなのに入っていた種を出して
確か売店の人が種の殻が固いので、一か所殻を切りってやると良いと
そんな事を言ってくれたのを思い出し、種の一か所に穴をあけ
コップの水に入れてみたけど、浮かんでいるのもあって
何日経ってもウンともスンとも言わずに、結局芽は出ずじまいだった。

やっぱりなぁ~ そんな簡単なものではないと思っていたよ。
そんな事があって、すっかりと忘れてしまっていた
袋に入れてもらった方の2粒の古代ハスの種。

先日の事引き出しの整理をしていたら、紙の袋に入ったままの種を見つけて
どうしようか…きっと今回もダメに違いないと思ったけど
古代ハスは2000年もの時を経て、あんなにきれいに咲いてるではないか!

ものは試しと、ニッパーみたいなもので種の殻を切って
コップに水を張って2粒の蓮の種を沈めたが
正直 期待はしていなかった。

何日くらい経ったのか、気が付くといつの間にか種から芽が。
それが今月の11日の事だった。


7月11日現在の古代ハスの種

嬉しさ半分戸惑いが半分…2メートルにもなる古代ハス。
育てられるんだろうか…容器はどうしようか?
今はコップにすっぽりと入ってしまうけど。

ちなみに!蓮の種から育てた品種は同じ品種にはなららず
別の品種として扱われるそうで、大賀ハスの種を採ってきて花が咲いても
なんか遺伝子がどうのこうのって、大賀ハスの花とは言えいらしい。

とは言っても、2000年前の地層から発見された一粒の子孫である事に変わりはなく
古代のハスとしてのロマンは充分にあるのではないかなぁ~。

とか思いながらも、その後毎日写真を撮り続けていたが
成長が著しく早いのにビックリどころか、驚異さえも覚えるほどの速度だった。


早く出た方には、すでに根も出たようだ…7月12日


出遅れた方の芽もぐんぐん伸びている…7月13日


すでにコップから顔を出してしまった!!7月14日

しかし、いつまでもコップのままでは仕方ないだろうと
何か良い入れ物は無いかと思っていたが、以前サツマイモの観葉植物仕立てで
使った100均で買った屑入れを使う事にした。
そして、田んぼの泥が良いとあったので
泥をすくって来て屑入れに入れ水を入れたのだが
なかなか水が澄んで来ない…夫が水が動かないと澄まないのだと言った。


PCの屑入れに田んぼの泥を入れる。7月14日

それでも丸っと一日置いたら、少しだけ澄んで来たようなので
思い切って古代ハスに苗を、屑入れの泥の中に植え込んでみた。


まだ濁っているけど…大丈夫かな。7月15日

ちょっと驚いたのは蓮の花には水を浄化する力があるのだろうか?
次の日には屑入れの水はきれいに澄んでいた。


葉っぱがじゅんさいみたい…7月16日


また次の日には葉っぱが開いて来た…7月17日


蓮の葉のアップ

水から出ていた葉の部分も膨らみ始めて、このまま無事に成長してくれるのだろうか?
それなら、この小さい屑入れじゃ容器が小さすぎはしないか?
っていうか、あんな2メートル以上にも成長する古代ハス

去年行った御薬園の古代ハスの記事 → こんなに大きくなるのだけど(~_~;) 

置く場所があるんだろうか? 無事に冬は越せるんだろうか?
しかも栽培するのには中途半端な時期に…。
不安感は募るばかりだけど、はてさて…これからどうなる事か?
とにかく育ててみようと思う。


という事で、去年観に行った蓮の花をUP!

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の青虫食生活 | トップ | これからの里芋は水で育つ!! »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あきばば)
2012-07-18 01:18:14
すばらしい~~~
ロマンのある栽培ですねえ。

どんなになるか楽しみです!!
Unknown (ナニナニ)
2012-07-18 06:24:17
古代ハス、種から芽が、すごいですね。

株分けしてもらって育てて町じゅうで、古代ハスの展覧会をやってる所もありますよ。

pochikoさんの好奇心で、古い種も育つのですね、
これからも、観察日記ですね。
古代ハス (kiki)
2012-07-18 07:02:17
おはようございます。pochikoさんのなにごとにも取り込む姿勢すばらしいですね。
昔 御薬園に行き御茶をたしなんだことがあります。今回も行ってお庭を見たかったんですが、団体の行動は思うように行きませんね。
古代ハスの花はきれいでほんのりと柔らかさがあっていいですね。
でもあそこまで観察力 小学生の夏休み理科の課題としたら、優秀賞でしょうね。
孫ちゃんが小学生になったら、いっしょに観察して楽しんでるpochikoさんが想像できます。
観察日記 (山小屋)
2012-07-18 07:25:09
小学生?にも負けない観察日記ですね。
ハスが種から芽を出すようすがよくわかりました。
ハスはかなり根を大きく張るようです。
丸いバケツよりは長方形の入れ物のほうが
よいかも知れません。
花が咲くのが楽しみです。
ぜひ、咲かせてください。
そうそう、大きくなったら田んぼも一角に
水を張ってそこで育てるのもよさそうです。
増えれば「pochikoハス園」として一般公開
してください。
見に行きますよ。
ヤッタァー!! (おっちゃん)
2012-07-18 09:12:14
2000年の眠りから
蘇った蓮♪

pochiko家なら、蓮田も作れるし
何年かしたら、いっぱい咲くだろねぇ♪
少しは喰ってもい~だろし(^^_)ルン♪

そん時は、お邪魔させて下さい(゜゜)(。。)ペコッ
ハスの花 (m)
2012-07-18 09:24:33
たのしみですねー
大賀ハスの大賀先生は息子の学校の創設者?初代校長先生とのことで、大賀ハスと聞こえると耳がダンボになります(笑)
ハスの花は咲くときにポンと音がするっていうでしょう?
実際に聞いてみたいですね。

pochikoさんは夏休みの自由研究が得意だったでしょう?
そんな子供のころのpochikoさんが見えるようです(笑)
孫太郎君も楽しみね~
おお!どうする (やく)
2012-07-18 10:15:22
写真、楽しー♪
あたかも見ていたような気分になりました。
小さなものが育つのって本当にうれしく幸せな気持ちになりますね。
さて、これからどうする、どうする?
蓮池作られるのでしょうか?
奥ゆかしいですねぇ、 (シン)
2012-07-18 16:56:36
御薬園。
ほぼ4年前に伺ったとき、ここの御茶屋御殿で抹茶と羊羹をご馳走になったことを、昨日のように覚えています。
あの日は平日だったのか、人で混むようなことはなく、森閑とした静寂の中にいたような感じでした。

2,000年前の古代ハス。
その種が千葉県で発掘されてからでも、すでに60年くらいは経過しています。
大賀ハスと別とは言え、仰るとおり古代ハスの血を引いているのですから、縄文の人々の花を愛する情熱みたいなものが残されているように感じます。

とは言え、当地の旧・島松駅逓所脇の池にあるハスは古代ハスとは関係ありませんが、蓮根を食用にするために、本州から持って来て、育てたものと説明を受けました。

ハスの花、如雨露のような枝(茎?)、葉の見事なこと、感動します。
古代のハス (ころん)
2012-07-18 19:53:29
拍手です~~立派な芽が出ましたね。
Potiko蓮園公開日がきますように・・
蓮の花のお写真魅入りました。

四国高知モネの庭を想いだしています。
観察と管理 (azami)
2012-07-18 20:20:48
わぁ~凄いんだ~!古代ハスの種を育てちゃったとは!
最初に芽が出始めた時は感動したでしょう~。
その後も日々観察と管理を続けて・・・
これから先、上手く成長し続けて欲しいなぁ~。。。
このまま成長して葉っぱや茎が枯れて、その後に球根(?)が大きくなって、
来年か再来年に花が咲いたら・・・って先々のことを想像したら嬉しくなりますね~。
pochikoさんちのハスなのに、自分ちのことの様に楽しみになります。
いろいろ手探りの難しい管理なのかもしれませんけど、pochikoさんの持ち前の知恵とアイデアで頑張って育てて下さいね。応援してます!

大賀ハスの種子を発見した大賀博士は岡山市の出身で岡山の後楽園では大賀ハスの「観蓮節」というのが開催され、
今年も7月1日に午前4時から開門されて大勢の人が観賞に訪れたようです。
(私も行って見たかったけど、はな子の世話の関係で今はちょっと無理でした)
その他にも県内に何箇所か大賀ハスを見られる所があるんですけど、
私はまだ1度も見たことがないので、いつか機会があれば、ぜひ出かけてみたいと思ってます。
ただ、開花の時を見るには午前の早い時間に・・・って所がちょっと問題なんですよね~。

それにしても、去年撮られたハスの花の美しいことったら!
優しく包み込まれるような花姿にうっとりしてます。

コメントを投稿

植物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事