あんな話こんな話

会津生まれの会津育ち…三匹の猫と柴ワンコや家族に囲まれ、家庭菜園に勤しみ都会には住めそうにないローカルな私の日常。

子供の日はサクぼんと笹団子作り!!

2018-05-05 23:41:06 | ばあばの保育

屋根より高い鯉のぼり~も今日でお終いだね。

今日は子供の日だけど、チビ太の体調がイマイチで病院へ行ったりしていたので
去年養鱒公園へ行った時のように、どこか行楽地とかにお出かけする事もなく
いつもの日曜日って感じなのは…ちょっと可哀想かなと思った。

ならば、この間市政だよりに出ていた笹団子作り…これ、孫たちとやったら喜びそう!!
そう思いついて、午前中にサクぼんとヨモギの葉を取りに行く。
農道沿いは除草剤なんかが掛けられている恐れがあるので
どこがいいかなと探したら…我が家の垣根の根元にヨモギ!!

採ったばっかりのヨモギを茹でる!

ヨモギには素晴らしい健康パワーがぎっしり詰まって
優れた浄血・造血・止血剤の効能があり
3月~5月のうちに、絶対食べてほしい野草のひとつのようだ。
まさに先人の知恵だねえ~

ヨモギの効能、詳しくはこちら  ぽちっと!!

ここなら除草剤はかかっていないし、ペットたちのおしっこの洗礼を受けてはいない。
安心して使えるなと、先っちょの新萌えの柔らかいとこだけ取っ手来て
水洗いして茹でる…お浸しよりも柔らかく。

団子の粉をボールにあけて、そこに砂糖を入れて熱湯を入れこねる。
ちゃんとした分量は団子粉150グラムに砂糖大さじ一杯
熱湯1カップとあるが、そこそこ適当に団子粉は300グラム使ったので
水も砂糖も倍数にした。

最初は熱いのでスプーンを使って混ぜ、その後よく練って
蒸し器で30分ほど蒸す。
蒸し器を出すの面倒だったので、大き目な鍋に丼を入れて
そこにクッキングペーパーを敷き、こねた団子を蒸した。

太い指と小さい指とでチョンチョンと(笑)

蒸し上がった団子をボールにとって
細かく刻んでさらにすり鉢で擂ったヨモギを入れて
よ~~く混ぜ込む…色が均一になるように。

一生懸命に搗くサクぼん…手が疲れたべな。

なかなか良い塩梅の色合い

熱々をすりこぎ棒で搗くように、サクぼん一生懸命に搗く!
時々ばあばがひっくり返して餅つきのようにトントンと搗いて
まる子も参戦してトントントン…。

なんとか色が均一にはなったけど
ちょっと柔らかめなヨモギ団子。
う~~~ん、もうちょっと固めが良かったけど
ここまで来ちゃったら引き返せないし
ヨモギ団子作り続行を決意!!

柔らかいヨモギ団子を手に取って、広げてあんこを包んで
笹の葉に包んだら出来上がるが、これがなかなか難しい。
サクぼんもあっちこっちあんこをはみ出させながら
なんとか丸く形を作り、広げ笹の葉っぱの上に乗せる。

冷凍しておいた笹の葉っぱ

あんことだんごと笹の葉と準備万端OKOK!!

笹は以前作った笹巻きを作った時の残っていたのを冷凍しておいたのを
一度水洗いをしてそれを使う。
本当は売ってるのみたいにキャンディ型のを作りたかったのだけど
なかなか面倒くさそうで、市政だよりに出ていた作り方が
一番簡単で可愛らしいな~と思って作った。

笹の葉っぱにあんこを包んだお餅をチョンと乗っける。

笹の葉は表のツルツルのとこで包むと食べる時に剥がれやすい。

昔はさ~こんな形のヨモギ団子? 大福みたいなんだけど
やせうまって、痩せた馬みたいだからかな~作って食べたんだよ。
何だか懐かしいなあ~小さい頃よく作ってもらってたっけ。
そんなやせうまの由来を話しながら、こんな形だったのだと見せる。

まる子もお手伝いしたんだよな~~^^

なぁ~~に形なんざ、ちっとくれ不格好だって
あんこは出来合いだべし不味いわけがないぞと
サクぼん、まる子、自分たちが作ったんだからいっぺ食えよ~~と
何とか出来上がった。

けっこういっぱい出来た♪

仏様にあげっぺな!

買ったほうが100倍美味しいと思うけど
こうやって、みんなでワイワイとああでもないこうでもないって
不格好ながら作った笹団子の味は格別だと思うぞばあばは!
決して負け惜しみではなく、そういうの楽しい思い出と一緒に残るものだし
来年もまた作っぺな、来年はもっと段取りよく上手く作ってみたいなと思った。

アンパンマンマークのいなりずし

いくらは貴重なので…(笑)食べたのはサクぼんとまる子だけ!!

そして夜にはちらし寿司とアンパンマンのいなりずしと手羽先と
お隣さんから差し入れのウドのキンピラとか冷凍枝豆だとか
力を入れた割にはあんまり食べなかったんだよな~(^▽^;)
でも自分たちの作った笹団子はシッカリと食べた。

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 今年は芽出ししないで里芋の... | トップ | 三寸アヤメ…突然変異というに... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お早うございます (大阪のおっちゃん)
2018-05-06 09:48:47
ばっぱと、お孫さんとの合作の笹団子
こりゃ楽しくって美味しい
そして絆が生まれる、
とっても和やかな鯉のぼりの日
こんな日を佳き日、って言うのでしょう。
Unknown (m)
2018-05-06 09:59:26
笹団子も手作りですか~?
すごいですねー
ぜったい世界一おいしいと思います。

いいおばぁちゃまですね。
幸せな空気をいただいて帰ります(笑
いい子供の日 (吾亦紅)
2018-05-06 10:35:44
子供の日としては、良い思い出づくりの日でしたのね。人ごみの中に行くより、余程いい子供の日だったと思います。

団子の粉をこねて先に蒸すのですね?それから、ヨモギの擦ったのを加えるのですね。
と言うことは、笹の葉に包んだら終わりでしょうか。

イナリも子供が喜びそうです。
Unknown (きっしぃ)
2018-05-06 15:31:13
さくボン、頼りになりますね。
まるこちゃんも可愛い助っ人です。
みんなで作ったんだもの
美味しいに決まってますよ(*^-^*)

アンパンマンのお稲荷さん、おいしそう♪
お揚げは最初から模様がついていたんでしょうか?
私も作りたいです。

私たちの年代、”いくら”は
あまり食べない方が身の為です(笑)
Unknown (ばんば)
2018-05-06 19:26:04
孫ちゃんたちと一緒にヨモギ団子作り!
羨ましいったらありゃしない~~~
ヨモギ、積みたくても身近なところのはわんこの…ねぇ…よう採らんわぁ‥‥
おっさんの実家あたりに行けば安心安全なのが採れるんだけど…
今度は熊おやじの心配が‥‥
笹団子づくり (ぐり)
2018-05-06 20:57:34
きれいにできましたね
おいしそうぜったい買ったのよりおいしかったと思うわ
だってお孫ちゃんたち頑張ったものね
こういうことをおばあちゃんと一緒にやっていくこって
幸せだと思います
良い連休の思い出になりましたね
Unknown (じっちゃん)
2018-05-07 13:15:22
スゲェ~な・・・
ヨモギも庭で採れるし、この笹もあんのかな・・・
全て自家製!!
チビちゃん達も良き伝統の後継者に
なりそうですね(^-^)ニコ

それにしても、美味そうだな(^¬^) よだれ~
こんにちは☆ (M.Hermitage)
2018-05-07 14:56:50
店で売ってるような笹団子、10ヶほどください w
色合いといい輝きといい良いですねぇ。
ちょっと苦味があるよう、ヨモギやや多めでお願いしま~す。
むかし (♪CD♪)
2018-05-07 17:22:27
娘が幼い頃、ヨモギを摘んでつくったけど
ぜーんぜん、ヨモギの香りがしませんでした。

やっぱりきれいな空気の中で育ったヨモギじゃないと
ダメなのねー

お孫ちゃんとお団子作り良いなあ、、、
私もなんか作ろうっと。
一緒に作った笹団子 (azami)
2018-05-07 18:33:19
子供の日、お出かけも良いかもしれないけど、
pochikoさんとおしゃべりしながら、イッチョ前にお菓子職人さん気分になって、
出来上がった笹団子、美味しい~~って食べちゃうよね~。
買えば簡単だけど、こうして手をかけて一緒に作ることから、
いろんな事を学んじゃうんですよね!子供達って!
面倒がらずに楽しんで手作りするpochikoさん、
やっぱり、素敵なばぁばですね~。
頑張ってヨモギを搗いたサクぼんちゃんと、
いつの間にかちっちゃなレディーに成長されたまる子ちゃん、
可愛くて仕方ないよね~?
そうそう~、チビ太君の体調はもう~回復されていますか?

いなり寿司&ちらし寿司を始め豪華に揃ったお料理、
ご家族みなさんの子供の日をお祝いする気持ちがこもっていますね。

コメントを投稿

ばあばの保育」カテゴリの最新記事