技術革新そして雑談あれこれ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

モスバーガー苦戦中?

2018年02月18日 10時02分35秒 | 日記
東洋経済や日経などの経済紙がモスバーガー苦戦中と報じていた。

モスバーガー1号店である東京・板橋区の成増店は1972年にオープン。以来、店舗網を全国に広げてきたが、直近では客数、店舗数ともに減少傾向が続いているという。モスバーガーは2月9日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表した。売上高は544億円(前年同期比0.8%増)と横ばいながら、本業の儲けを示す営業利益は33億円(同19.6%減)と減益で着地した。

素人経済評論家もいくつかの理由が思い浮かんだ。

①マクドナルドが、大々的にネット広告をしているのにあまり見ない。売上高比のインターネット活用がされていない。、

②価格がマクドナルドに比べ総じて高い。特にコーヒーはマクドナルドの100円に対し250円と高い。100円コーヒー、一見経営効率に役立たないのではと思われるが、また実際、100円コーヒーだけの客も散見できるが、そういうお客は必ず、ランチタイムなんかで通常のメニューをオーダーしている。また、ソーセージマフィンなど100円バーガーもあるがモスにはない。

③経済誌によると加盟店オーナーが減少死活高齢化しているという。ピーク時の2000年度には1500店を超えた国内店舗数だが、それ以降はじりじりと減少し、直近の2017年12月末時点では1353店にとどまる。近年はオーナーの高齢化(平均年齢59歳)という問題も加わり、足元ではオーナー数が440名となっている。

④味に工夫がなさすぎでは?ソースが照り焼き風が強く、なんでも日本風が受け入れられない味もある。幕度なるy度の売り上げは2000億に対しモスは800億。売り上げ規模からしてもマックと同じ品そろえは無理にしても、味にはもっとバラエティーを入れないと飽きられる。

ここからリンク→ビッグバンのインターホンと防犯カメラ←ここまでリンク

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホは、アップル、サムソ... | トップ | 肌に貼るディスプレー開発=... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事