Prisma

いろいろ

HOME FROM WORK

2020年07月03日 | 雑記

新型コロナイィルス肺炎のため、4月から完全に在宅勤務となり、今も継続中。
在宅でお仕事させてもらえるの、本当にありがたいです。

2月くらいからコロナちらほらと怪しい雲行きになってきて、覚悟はしてたけど、
3月末に、会社から完全在宅のアナウンスが出たときは、びびっちゃった。
だってそれだけ危ないっていうことでしょう、
会社が「会社に来ちゃだめ」なんてこと言うなんて。
皆机の上を片づけたり、慌ただしく身支度を整えて、
4月からリモートワーク。

あまりの展開に動揺と恐怖で、ブログの更新もすっかり失念。
3月までは割と普通に通勤もしてたし、
その間にかかっていても不思議じゃない。
テレビでは恐ろしい話ばかりで、見ていると気持ちは滅入り、
外へ一歩も出ないで過ごすと
なんだか世界から取り残されたようで。。キャーッ。

丸3か月たち、すっかりリモートワークにも慣れて、
最初感じてた不安なども、
基本を守って家にいれば、むしろ安全安心。
通勤もない、イヤな同僚の行動や顔を見ることもない
ストレスもない!

最初の恐怖が薄れ、落ち着いてみると、
リモートワーククのよい面が見えてきた。
光熱費はかかるけど~。。

5月6月に、宣言もアラートも解けて、ウィルスは何一つ変わってないのに
お上がOKって言ったから~みたいな街の空気、大勢人が繰り出して
通勤して、夜に「久しぶり~」って飲み会やってたらまた感染者増えた。
りゃそうだよね。まだウィルスいるんだもん。ウィズコロナって難しいな。

この3か月で、テレビあまり見なくなった。
最初のころはすごくチェックしてたけど
ワイドショーも普通のニュースも、バラエティも、なんか・・・。
年取って短気になってきたのかしら。

そしてラジオも、意外と聞けなかった。仕事しながら
音を流すのは意外と向いてないことに気付いたのでした。
なので日中は近所の園児のあげる金切り声と、
狂ったようにさえずるスズメの鳴き声だけが響くのでした。
快適ではあるけど、この生活なんかマズイ気がしないでもない。。

コメントを投稿