自動車触媒

2018-10-21 10:18:30 | 日記
現在、自動車触媒としては、アルミナをベースとし白金、パラジウム、ロジウムを加えた三元触媒が主に用いられている。ロジウムは窒素酸化物(NOx)の還元能力が高く、白金とパラジウムは炭化水素(HC)と一酸化炭素(CO)の酸化能力が高い。
ガソリンエンジンの排ガス組成ではHC、CO、NOxのバランスがとれているため、HCとCOの酸化反応とNOxの還元反応を同時に行わせることができる。ディーゼルエンジンについてはNOxの割合が高いため、さらに研究中である。また二酸化炭素の排出量抑制により、空燃比の薄いエンジンが開発されつつあり、新しい触媒の開発が必要になってきている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« カエルツボカビ症 | トップ | 環境ホルモン »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事