生分解性プラスチック

2018-08-17 14:36:30 | 日記
土の中に埋めると微生物によって水と二酸化炭素に分解されるプラスチック。トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモなどのでんぷんを発酵させてできるポリ乳酸から作られる。通常のプラスチックと比べ、石油資源を節約でき、廃棄時の環境負荷が少ないという利点がある。近年まで、採用例は窓付き封筒の窓枠部分のフィルムなど一部製品に限られていたが、技術開発の進展や原料価格の低下などにより利用が拡大。パソコンの外装部分など電気製品にも使われるようになっている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 電気自動車  | トップ | エコ建材 八王子 新築みた... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事