エコ建材 八王子 エコ建材 評判 新築みたい!株式会社エコ建材 外張り断熱ボード 八王子 渋谷 世田谷

2018-04-12 15:22:21 | 日記

新築みたい!株式会社エコ建材 外張り断熱ルーフ 八王子 渋谷 世田谷

液状化

2018-04-12 15:21:20 | 日記
水で飽和された砂や土などが地震によって強い刺激を受けることにより、砂や石の粒子が水中に漂っている状態になること。固体としての性質から液体としての性質を持つようになる。
この液体のようになった地盤は、建築物を支えることができなくなり、重いビルなどは土の中に沈み込み、軽いものは逆に浮き上がって倒壊してしまったりなどの被害をもたらす。
このような状況を防ぐ方法には、地盤を固める、地層中の水分が排水されやすいようにするなどがある。

慢性気管支炎

2018-04-12 15:19:53 | 日記
特別な病巣のない状態で慢性、または持続性のせきを伴う痰が少なくとも3カ月間ほとんど毎日、2年以上続く気管支の病気。
 加齢、体質、既往病などにより気道粘膜の防御機構が低下する内的要因と、喫煙、大気汚染、粉じんの吸入などの外的要因とが絡み合い発症する。特に高齢者の男性に多い。
 冬季を中心に発症するが、症状が進行すると、1年中痰を伴うせきがでる。細菌に感染して粘膜がただれると血痰が出ることがあり、さらに症状が進行すると滞留する痰のために息切れしやすくなる。公害健康被害補償法(1973)で大気系の公害病の認定要件の一つとされている。

可塑剤

2018-04-12 15:18:45 | 日記
可塑剤とは、プラスチックに柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために添加する物質のこと。
粘土細工では粘土に水を加えて軟らかくするが、可塑剤(常温では一般に無色透明な液体)はその場合の水と同じような働きをする。
可塑剤は主に、ポリ塩化ビニル(PVC)を中心としたプラスチックを軟らかくするために用いられ、そのほとんどが酸とアルコールから合成されるエステル化合物である。日本の年間生産量はおよそ488千トン(1999年)である。その内、フタル酸エステルが85.0%を占め、フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)(DEHP)が主なものとなっている。可塑剤にはフタル酸系のほか、アジピン酸系、エポキシ系、ポリエステル系、リン酸系、脂肪酸系などがある。硬質PVC樹脂では可塑剤を入れないか、入れても5%程度であるのに対し、軟質PVC樹脂では30?50%可塑剤を加えるといわれる。可塑剤は樹脂と結合しているわけではないので、時間の経過とともに可塑剤が気散して樹脂が硬化したり、PVC樹脂から可塑剤が溶出したりする。
こうした可塑剤のなかには環境汚染が危惧されたり、環境ホルモンでないかと疑われているものがある。