花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

カンザシイヌホオズキ・ウチワサボテンに花

2013-11-15 | 山野草
山野草
■お初です■室戸にて③
11月8日の目的のヤッコソウは殆どなくがっくりでしたが安芸の岬と室戸の岬の海辺散策でははじめての花が見られ少々興奮したのです。
ウチワサボテンは室戸にでかけなくても高知市内の海岸沿いでは見られます。でも、花がいくつも咲いているのにはいきあたったことがない。
今回何か所かで綺麗に青空のもと咲いていて驚くと同時にさすが「室戸~!」と思ったのです。
          
一番多く咲いていたのがこれ
      
歩いて居てサボテンを見つけると花がさいていないか探すのもかなり楽しみとなり見つけると褒めている私がいました。
            

            
サボテンの間から咲き残りのハマゴウの紫色がちらり。
歩く間良い香がずっと付いてきてくれます。なにかな?と思っていて周囲をみると
            
ナワシログミでした。
            
11月初旬は香を楽しむためだけにここにきても良いと思ったくらいの海辺の散策ロードです。
            
ネコノシタ
1花だけ咲き残り
      
タブノキ
根張りに驚かされますね

安芸のナスの飾りのある休憩所で見つけたのも初めて見たものでした。
今夏、知人が別の場所で「ホオズキの仲間で花が上を向いて纏まって咲くのがある」とみてきて教えてくれた。それをを思いだし撮影したのです。今まで見たことのあるホオズキとは違うのできにかかり丁寧に撮影。
      

      

            
カンザシイヌホオズキ
帰化植物です。まだ高知に入って間がないようでさほど見られません。実が黒く熟れそれをかんざしに見立て名がつけられたとのこと。帰化植物はうれしくありませんが初めて見るものはうれしい・・です。(微妙)

11月8日のヤッコソウはこちら 
アゼトウナなどはこちら 
まだまだ他にも室戸では見ています。

暖かい室戸の景色とは対極の雪の山の画像・・・ランスケさんの画像はこちらです 是非          

コメント

折り紙入れ・クリスマスツリー

2013-11-14 | 折り紙
折り紙
■試行錯誤■
火曜日は折り紙教室でした。急に寒くなったものだから暖かく着込んでいく。建物がしっかりして人も多いものだから暖かく、一枚服を脱ぎ気合いをいれ取り掛かり折ります。7年ほど前に一度折ったことがあるのですが要望があり再度折るという「折り紙入れ」をささっと折り仕上げます。ボンドでしっかり糊付けし後は手アイロン。折紙は「36℃の芸術」だそうです。手で挟んで、優しく角をとって、しなやかに作りあげました。
      

             
レターセットにしてもよし領収書入れにしても整理が着きやすいので重宝するものです。友禅和紙と白い紙の貼り合わせの丈夫な紙です。前に折って使っているのもまだまだ現役できれいに使えています。色紙作品だけでなく時折このように実用品も折るのも楽しい。「余分にもう少し紙を購入しておけばよかったかな~」と後悔中です。ちょっとした手土産に喜ばれる役立ち物ですからね。
10月が干支の色紙なら11月はクリスマスに関するものを折るのが習わしです。今回は「クリスマスツリー」。至極シンプルです。それが好評だと先生が言われました。
      
ところが私は妙にさびしいと思ってしまい、左右の木のトップの星を手の込んだ星に折りかえ仕上げてみました。それでも、なんだか物足りません。
      
教室で習ったシンプルな星はトップに飾るので4㎝もありましたが、折り方を覚えているので小さいサイズで折り、木に散りばめようと考えました。1,5cmを折るにはピンセットでの作業になりますがコトコト作ります。(小さいのを折るのも楽しいのです)
      
これで自分なりに満足。額に入れで居間に飾りました。
ツリーをもっと難しく折ってみたいと思い始めたので沢山集めてある折リ図集を探し、手の込んだので折ってみます。折り手順は18まであるのでやや上級折り。
             
包装紙でざっと折ってみるとなかなか面白くできました。
             
星を飾り付けると素敵。これなら緑の和紙で折るといい。きちんと紙を切り、折り1つ1つ丁寧に手抜きなくやりました。
      
大きいのは15㎝・60㎝の紙で折り、小さいのは12㎝・48㎝できっちり折り上げました。さてこれからどうのように仕上げようか?細かい作業が続きますが寒い日に室内でできる安上がりの手仕事です。

昨日は牧野へ行って花を見てきたので花画像一杯あるのですが、最近毎日花ばかりでは飽きるのではと?今日は折り紙でした。

   
コメント

ツチトリモチなど

2013-11-13 | 山野草
山野草
■曇りですが・・■11/9
連れ合いのレーサーは奈良の山へでかけて9~10日と一人寂しくお留守番・・ということにはしたくない。10日所属する会の例会で一日楽しめた。9日も車を運転しない私をSさんがいつもの場所へ同乗させてくださり花をみてまわることができました。11月ともなると花は少なくなるがそれでも結構楽しめます。特に今年はツチトリモチが多く出ていて喜ばせてくれました。
     

              
ツチトリモチ
      
キッコウハグマ
      
コウヤボウキ
             

             
リュウノウギク
             
ノコンギク
             
シロモジ
             
ツルリンドウ
そして刈り払いにあり激減しているのにも拘わらず運よく花束状態で残っていたセンブリもみられました
      

             

             
高知ではもうすぐムラサキセンブリの季節ですのでセンブリはもう終盤ですかね。

             
天気が良ければ輝く紅葉も少々薄ボケてはいますがまずまずです。
             
ガンゼキラン
種が沢山ついています。毎年盗掘に遭うので大きくなりませんが来年はこれから発芽して育ってくれればいいいのですが・・・
花の画像はこちら
             
ヨウラクラン
今年も綺麗に咲いたこのラン、種を作っています。ほかの場所のにはなかったのです。
花の画像はこちら

      
サネカズラ
なかなか綺麗に○くなっています。何度見ても美しい。
      
野良犬が後先になりついてきます。犬好きの私はちょっかいを出したくてたまりませんが触らせてはくれませんでした。最後になんとか食べ残しのおにぎりをすぐそばで食べてくれたのみです。生き物を飼うのは最後まで責任を持つということ。見ていると可哀想になります。人間不信になっていないこの犬、なかなか気立てが良かったです。
            
マルバノホロシ
            
ヒヨドリジョウゴ
            
アキノタムラソウ
            
スイカズラ(此花はガンゼキラン画像の中にあります)
緑が輝き、宝石のよう。
花の時とは又違う魅力発見です。
            
シコクママコナ
      

            
リンドウ
天気が悪いと開花しないので全開していませんがそれが又姿よくみえました。今まで見てきた場所と違うところで生育中。減っている植物が多い中嬉しい限りです。
      
タカノツメ
            
10時過ぎから14時まで昼食を挟みゆっくり歩いてこれだけ見られたら上等ですよね。

最近続けてお出かけしているので今日は一挙に一日分をUPしました。

              
コメント

ヒロハノミミズバイ・マツバランなど

2013-11-12 | 山野草
山野草
■雨でも③■11/10
海辺でいくつか見たら初めての林道を走行します。ガスがあり前方は鮮明にみえず道路脇に見えるシモバシラなどの植物に目をむける程度です。時折白い花がついた樹木が目につくのはシロダモでしょう。次に白くで大きく見えた花・・・これが今日の目的の「ヒロハノミミズバイ」でした。自生地ではお初の花です。(牧野植物園内でみたことがある)なかなか見られる花ではありません。
            
ただしガスっていてこんな風にしか見えない。奥の手の「高枝剪定鋏」はこんな時に役に立ちます。
            
今まで見てきたハイノキ科の花の中で一番豪華・・・そして葉も広く・厚い。
            
別の場所では目の前でも撮影できるほど群れております
            
特有の実もついています。
      
花と実一緒に楽しめました。
      
一枝持ち帰り自宅で撮影したのがこれです。葉の脇に固まって花がつきシベの多いことに驚かされました。
ヒロハノミミズバイ(ハイノキ科ハイノキ属)分布は四国(徳島・高知)・九州(宮崎・鹿児島)琉球(トカラ列島以北)。
高知県内では東部にのみ分布(この地域ではまれではない)
走行した道路脇では下記の3種みています
            
センブリ
            
タンキリマメ(蟻のように見えているのはカメムシです・・ホソヘリカメムシの幼齢)
            
ハダカホオズキ
雨・ガスがなかったらもっと見られたかもしれません。
ヒロハノミミズバイが見られたその後は荒れた林道を突っ走り次の場所へ大移動。途中よったのが
            
観光地である中岡慎太郎の生家地
       
ジュガツザクラ開花
       
道の真ん中を「ツガニ」がとことこ歩いておりました。連れ帰って美味しく頂きたかったのですが放してやりました・・・惜しい
近くの神社の社叢林に珍しいものがあるというので登っていくのですがこれがなかなか手ごわい。途中四等三角点もある。登って行くと見事なそれは見事な「ウバメガシ」の大木がありました。あまりの大きさに撮影できません。足元にはミヤマウズラ。
シダに詳しい方が見つけてくれたのがウチワゴケでした。
             

           
ウチワゴケ
よくぞ名をつけたと感心するウチワに似たシダ
近くには珍しいシダもありました。
      

            
マツバラン
ここでの最大の目的樹木ツゲモチと対面しました。大きく伸びた木は変哲もありませんが珍しい木だそうです
            
ツゲモチ(モチノキ科・モチノキ属)
モチノキ科なので赤い実がなるそうですが見られませんでした。雌雄異株なので雄かもしれませんね
ツゲモチについては花・実などこちらで確認してください

自宅を7時半にで18時帰宅した雨の観察会、実り多い一日となりました。初めて見たものもあるし、初めての道も楽しめたのです。
槍が降ろうがでかけるのは面白いのです。
さて明日からは11月9日に見たものをまとめることにしましょうか。

コメント (2)

海辺で(タイキンギク・シオギクなど)

2013-11-11 | 山野草
山野草
■雨でも②■11/10
昨日一番先に寄った場所では雨が降り続き嬉しい天気ではなかったのですが、長野県から来てくださった方がいるので海辺に立ち寄りました。というのは是非見ておいてもらいたいキク科3種があるのです。
      
シオギク
シオギクについては後日また・・というのは前々日に撮影しているのでまとめてUPします
すぐ近くにアゼトウナも咲いていますが雨でうなだれ撮影できず。
      
タイキンギク
これは雨にも負けず開花。
      
ヤナギイチゴ
オレンジ色の実があるときれいなのですが今は無理・・
実の画像はこちらにあります。
      
イタビカズラ
食べたときの様子はこちら 
     
キキョウラン
花と実が一緒に見られることが多いので探しますが最近、秋祭りがあったようで周辺が刈り払われ少しだけ残った実があったのみ
キキョウランについてはこちらもあわせてごらんくさい
一番最初に見て興奮したのはこちらです
これだけみてから山に入り帰りに又海辺近くで寄り道しました。
            
ヒロハテイショウソウ
ここは盛期に今年来ているのでもう終わっているだろうと思っていたのです。なんとか咲き残っていました。
今年の画像はこちら
オオバヤドリギが魅力的なので見て帰ってほしいと思ったものの知っている場所は花が終わったのを確認済み。さて?と思っていたら近くにあるから案内してあげるとK氏がすいすい先導して行き着いた先に「あ~」宿主が可哀想なほどありました。高枝剪定鋏で枝を切って撮影しやすい場所にセットしての撮影です。
            
個人的に好きなだけなので長野からF氏はいかに反応するのか気がかりでした。が、甚く気に入ってじっくり観察していたので安堵したのです。
暖地の植物は殆ど長野県にはないのでダンチク・ルリミノキなど私達がしばしばみかける植物にすら興奮しているのを見て驚きつつ、「そうだよな」、と納得。カタクリの花をみて私達は興奮するけど寒地の方は一面咲くのが当然。地域により分布は違うからこうして遠路来てくださる方との交流は色々な面で刺激を受け勉強になりますね。
コメント (2)

ヒメカンアオイなど

2013-11-10 | 山野草
山野草
■雨でも■11/10
今日は所属する植物の会の観察会。朝から雨です。かなり降るような予報ですが覚悟の上、しっかり準備して安芸市へ集合。そこで雨具を着用し行動開始です。
      
波が高く、金曜日に見た同じ場所とは思えない景色が広がります。暫く海辺近くの植物を観察した後林道をどんどん入り目的地である湿地にいきました。
      
ウメモドキ
少し離れるとガスって明瞭に見えない幻想的?な風景が広がるなかを「なにかないか~!」と探索します。明るければ見つけやすいのですがなかなか見つけられません。でも、赤は目立ちますね。
             

      
カマツカ
             
ツチトリモチ
             
ガマガエル
そして小さい葉が見つけられ、葉の下に花発見~お初の花です。
      

             

             
ヒメカンアオイ
蕚筒上部にくびれがないのが特徴。葉も丸みを帯びていて小さかったです。
その後別の場所ではよく見かけるナンカイアオイも見られました。
      
林道途中から山並みを見ると無彩色の世界が広がりちょっと別の場所に迷い込んだ感じがしました。
      
朝からの予報に恐れをなし参加者は少数の9名。普段よりかなり少なく大人しかったのですがそれがよかったのか、他にもお初のものが見られ、参加してよかったと思えた日でした。散会したのが5時。充実。
木曜日から連続4日間、野山に出かけたので沢山・沢山見たので頭の中は満杯~。明日から順次吐き出していきます。お楽しみに。今夜は早く寝ましょ!!

コメント

アゼトウナ・シマサルナシなど

2013-11-09 | 山野草
山野草
■海辺で■11/8室戸にて②
目的のヤッコソウが殆どなくてがっくりしたのですが海辺に移動してあれこれ見られ元気回復しました。嬉しかったのはハマナデシコが思いの外綺麗だったこと
             

             

             
そしてお初の花・・と言っていいのかな
             

             
ハマツルボ
高知県植物誌を見ると記載がなかった。ツルボとハマツルバをわけていないようです。でも、葉が厚くて海岸型だったので調べてハマツルボかな~っとおもいます。
             
コマツナギ

室戸の海辺で見ておきたいいまどきの花と言えばシオギクとアゼトウナです。少し開花には早いけれどあるだろうと探します。岩場の温かいところでぬくぬくという風に咲いています。
             

             

             
アゼトウナ


             

             
ハマボッス
花後のこの姿が払子に似ているから名前が付けられた此花、開花期に縁が薄く好きな花にも拘わらずあまり見ておりません。毎年この姿を見ては「来年こそ花のベスト期に来たい」と思っているのです。
まずまずの花の状態はこちらです 
            

             
シマサルナシ
食べると美味しいそうなの一度は口にしたいのですが・・これほど上にあると無理。
シマサルナシの花の画像はこちらにあります。
      
メジロホオズキ
お気に入りの赤い実があればよいのにと立ち寄ったのですが花のみでした。
ルビーのような実はこちらにあります。是非ご覧ください。

                      
             


コメント (2)

ヤッコソウを見に室戸へ

2013-11-08 | 山野草
山野草
■裏年■室戸にて①
昨日の地元紙にヤッコソウが掲載されました。今年は裏年で「少ないですが出ています」とのこと。少ないと言っても昨年見てすごくあるのを知っているのである程度は「ある」と思って天気もよい、穏やかな今日でかけてみました。
 途中安芸市の海の見える展望休憩所で一休みしました。
      

      
地中海をイメージした白を基調とした建物と植栽されたオリーブがあるのでここは日本で高知だと少し忘れそうになります。
            
建物の屋根の上に何やら・・
すぐわかった私は笑っちゃいましたよ。
            
ここ安芸市はナスの一大産地なのですよ。どんと乗ったナスが地中海ではなく太平洋を見下ろしておりました。
休んだ後は室戸のお寺にあるヤッコソウの場所へ急ぎました。
暖かなので街路脇に植栽されている花はハイビスカス。何度見てもすごいなと思えます。
      

             
寒さも本番になっても咲き続けるのでしょうね
室戸岬のスカイラインを走り、ちらりと花を見たお蔭でヤマハッカの珍しいピンク発見~
             
ピンクのヤマハッカは初めてみましたので嬉しいですね(肉眼ではもっとピンクでした)
             
すぐ近くではふつうに見られる色のヤマハッカとシロヨメナも綺麗でした。
目的のヤッコソウ・・・・・裏年とはいえ少ないのにはびっくりしました。あまりにも少なくて撮影しようにも撮影する気が起きません。なんとシャッターを押したのは3度だけ。がっくりして海辺に咲く花を見るためにお寺を早々に後にしたのです。
      

      

             
昨年見たヤッコソウはこちらにあります
それはそれは見事でしたよ。
   

コメント

シマカンギク・シロヨメナ・紅葉

2013-11-07 | 山野草
山野草
■紅葉が見られたわ~■
今年はきれいな紅葉を見ていない。それに山にも最近登れていないのでストレス溜まってきた。9時過ぎまで用事があったのでそれを済ませて近くの山へちらりと登り紅葉を楽しもうとでかけてきました。
    

    
10月遅くに台風が来た所為で登山道脇には大木が横たわり歩くのは難儀したけれど林道脇は丁度の色付き加減。空は青くて気持ちよし
           

           
コマユミの優しい朱赤
           
オオバモミジかな?綺麗な赤もある
           
昨年よりはきれいではなかったがちらりときてこれだけ楽しめれば上等というものです。
ジンジソウも有る筈と林道を走行するときには目を凝らしていく。工事をしてロープをはってある。そのためかかなり減少している
      
来年を期待しよう
           
イイギリ
木は4本ほど他にもあったけど赤い実が下がっていたのはこれのみ。雌雄異株なので仕方ないね。葉がすべて落ちて赤い実のみになったときには目立って輝く。
午前中道路脇に黄色い野に咲くキクを見つけていた。シマカンギクだと思って通過していたので帰りに確認。
           

           

    
シマカンギク(キク科・キク属)
此花は身近にあるように思うが意外とない。今回もみつけたのは1ヶ所のみ。黄色い花を見つけて止まってみると全部「ヤクシソウ」だった。久しぶりに見られとても嬉しく何枚も撮影してしまいました。
           
シロヨメナ
近くの陰地には此花が点々と咲いている。
今日は立冬。秋の野に咲く花もこれから減ってくるがまだ野に咲くキクはしばらく楽しめる。キク科は難しいので避けていたがぼちぼち覚えていこうと思っています。
登った山の景色・紅葉は又。


コメント

上信電鉄

2013-11-06 | Weblog
ブログ
■へえ~~■

高知県に住んでいて「上信電鉄」に乗ったことがある人は少ないだろうと思います。今回の旅でひょんなことから乗ることになってのりました。
      
何県にあるかもわからないでしょうね・・・ま、それはおいといて乗りました。
      
富岡製糸場で県名がわかるのではないでしょうかね。きくところによると日本で2番目に料金が高いことで有名だそうで・・さほどの距離乗ったわけではありませんが1000円以上を支払いました。
途中駅名が漢字で書かれているのをずっと読んでいました。南蛇井・・・これはなんと読めばよいのかかなり悩んで駅に着くのを楽しみにしておりました。
               
正解は ナンジャイ へぇ~~これってなんじゃいと思ってしまいました。
手前の駅の かのはらも当然よめず悩んでいてかなをふってあるのを読んですとんと納得。これがかのはら・・ 「神農原」
地名は面白いので初めての土地に着くと景色も楽しみますがこういうのをずっと見る私です。終点は「下仁田」でした。これはネギで有名なのでご存じの方が多いとおもいます。県までは知りませんでした…群馬県でした。
関東平野は広くそして高知からは遠くどこが埼玉・やら群馬やらです。関東の人が「高知?それどこ~」っという筈ですよね

群馬の山で有名なのが荒船山・妙義山・赤城山です。山に登る時間はありませんでしたので荒船温泉に入り、妙義山を麓から遠望
      

      
蛾蛾とした中国の山水画にでてくるような登高意欲がわく山容です。簡単に登れますとのこと。東京駅から2時間もあれば登山口まで着くのでいつかは登ろうとかえってきました。
      
植栽されたコムラサキシキブ
紅葉にはまだ少し早く山に色がなかったのが寂しかったですね
             
薪ストーブで作られた美味しいカレーを食べました。ほんのりしていてガスの火力で作られたのとは一味も二味も違うと感じたのは気のせいではないのでしょう。
新幹線にも乗り・高速バスにも乗りあれこれ忙しい連休でしたが用事が片付きほっとしております。近所に咲く花をうろうろ見にいかねば!!



コメント (4)

ムラサキセンブリの山へ

2013-11-05 | 山野草
山野草
■例年通り■
昨日県外の知人がムラサキセンブリを見たいと来た。まだ早いと分かっていたのですがひょっとしてと淡い期待をして近くの山へ出かけました。
            
一株も咲いていません。例年と同じ時期にさくようです。ここは他の場所より大体遅いのです。標高の高いところは先月末からちらほら開花したと情報がきています。斜面が紫になるのを待ってでけようと思っています。
            

      
ヤナギノギク
ムラサキセンブリと花期がずれる此花は1週間~10日前に来れば満開だったようですね。ここにはいくらでもあるのですが全国的には珍しいのです。
ヤマジノギクの変種で「静岡・愛知・高知」の蛇紋岩地にのみ生育
葉が線形で細く、冠毛も短い。
             

             
ツリガネニンジン
終盤でしたがこれもここには多く生育し長期にわたり楽しめます。
      
ヤマラッキョウ
咲き始め
お目当てのオケラはおわっていました。
             
ヤマハッカ
             

      
ワレモコウ
      
ヤクシソウ
             
 ススキの枯葉の間でヤクシソウ・ヤナギノギクが咲き乱れていますがもう少しすればムラサキセンブリ一色になります。毎年楽しめる貴重な場所ですが測量していたので開発の計画があるそうなのでいつまでみられるか?心配ではあります。
ちらりと近くの山で野の花を見、帰宅後は庭を見て回ります。
      
茶の花
今年もお茶を摘んで美味しく頂きました。来年もよろしく・・
             
カワミドリ
             
グアラニィテカ
      
クコ
          
ヒオウギが夕日に輝いているのを見てから家に入り、今日も花が見られた・・自然があるのはいいなと思ったことです。

    

コメント (2)

ナンバンハコベ・キリンソウなど

2013-11-04 | 山野草
山野草
■キリンソウ・お初です!!■
少しの時間しかうろうろ散策できませんでしたが以外とそのつもりでみるとみられるものですねえ。
             

             
ナンバンハコベ
             
シュウメイギク
             
ナギナタコウジュ
             
アオツヅラフジ
      
空は気持ち良く晴れわたり紅葉の兆しもあるのであっちへもこっちへもと道路脇からはいりこむ。
      
ゴマの花・・・・撮影したのは初めてだとおもいます
             
ヤマハッカ
             
キリンソウ(ベンケイソウ科・キリンソウ属)
花は夏なのでもう終わっていましたが自生地でみるのは初めてです。高知にはヒメキリンソウ(四国固有種)があり毎年みています。キリンソウは高知県内の自生地は1ケ所のみで現地での生育は今、確認されていません。人家近くで見られるとは思ってもいなかったです。
ヒメキリンソウの花はこちらにあります。
キリンソウの画像および詳しい説明はこちら
      
オニグルミ
収穫して炒ったのを食べましたが滋味があって美味しかったです。かなり手間暇かけないと口にできないようです。
            
下仁田ネギ
高知でみるのとは違った葱が植えられていたので撮影。
            
?の多肉植物・・・花が咲いた時にみればなんとか名前わかりそうですが今のところ見当つきません。

            
首都圏とはいえ山間部に入って温泉地近くだったので流れる水は清らかでした。ただし、原発の影響がありシイタケなどは線量が高く食用にはできないのだそうです。毎日生活していると近くで作られる牛乳など私ならのみたくない。見かけは穏やかな場所でしたが小さい子供さんを育てている方は大変だろうな、とおもいました。

散策目的ではなかったのですがお初の植物も見られいくつかの用事も済ますことができたのです。温泉へは入りましたが観光地巡りができなかったのが少々残念ではあります。

コメント

キクタニギク(アワコガネギク・アブラギク)

2013-11-03 | 山野草
山野草
■お初の野に咲くキク!!■
先月末から子供たちの住む首都圏へでかけていました。観光目的ではないし、植物観察も目的ではないので野に咲く花を見られると思っていませんでした。少しだけ時間ができカメラを持ちフラフラ歩いていると見つけましたよ~!
    
最初見たときに「シマカンギク」に似ている。けど違う。頭に浮かんだ名前は「アブラギク」
帰宅後調べると高知県植物誌ではキクタニギク・アワコガネギク・アブラギクと3つの名が並んでいます。間違っていなかった。
葉の形と頭花でシマカンギクとは違うとすぐに判別できたのです・・・
             

             

             
葉柄が葉身より短い。(葉身は3~6センチ)
葉身は羽状に5深烈(ときに7)さらに裂片も羽状に切れ込む
             

             
分布・・・   東北地方南部から関東地方北部と近畿地方を中心とした地方・九州北部
生育地・・・ 林の縁・山地の崖、耕作地周辺の藪に

キクタニギクの名は京都の菊渓から
アブラギクの名は花を油に浸して傷薬にしたところから
アワコガネギクの名は密集している花が泡のように見えることから(命名者は牧野富太郎)
名前を覚える場合このうち自分はどうしましょと思案し・・・これからは「アワコガネギク」を覚えて別名キクタニ・アブラとしてみましょと思っています。密集して咲くから「泡黄金菊」というのが気に入ったのです。

花を見に出かけてなくて偶然にお初の花に遭えるなんて・・うれしいというほかないですね。何処へ行くのにもカメラ持参です。

コメント (8)