花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

ツクシガシワ・マタタビなど

2014-07-14 | 山野草
山野草
■遅くまで花見④7/11■
好きな花「ガガイモ科・ツクシガシワ」が多くみられるのもこの山です。
ツクシガシワは葉が大きくて花は小さく見栄えはよくありません。最初見たときに葉の大きな事に圧倒されましたね
  

   

   
ツクシガシワについて詳しくはこちらにあります。
くらい場所にあって撮影に苦労することが多いのですが今回は明るい道路脇の目の高さに生えていたので鮮明にみられたのが有り難かったです。

近くにはセリ科の大きな白い花・・・・セリ科講座を受けたばかりですがこの科は苦手・・調べて単にシシウドだと思っていますがいかがでしょう?
  
1つ1つの花をみるとなかなか繊細。レース状のセリ科の花をじっくりみるのも良いものです。

帰宅が遅くなるので山を下っていると道の真ん中に白い花をつけた枝がぶら下がっているのに気が付きました。「あれ~マタタビ」
凄い数の花がみられます。 
   
強い風が吹くので揺れて揺れて「風よ、止まれ」と言いながらカメラをむけました。
   
よく見ると花が妙に違う。雌雄異株だったので「これって雄株だ」と思いつつ撮影しました。帰宅後調べると間違いなく雄株。
   
雌株には雄の花と雌の花があってこれほど花が豪華に見えないのです。香もよく、幸せな時が過ごせました。
    
葉の下に咲くので花ばかりみていましたが葉はちゃんと目立つ白。白い葉が目立つと梅雨だと思うのはわたしだけでしょうか?
マタタビについて詳しくはこちらをご覧ください。  
4時半のマタタビを撮影していますので帰宅が7時を過ぎるのは仕方ないことですね。遅くまで花見というのはこういうことなのです。・・・このマタタビをみてまっすぐ帰路についたのではなく先日あげたノカンゾウを見てから帰路に着いたのですから・・・とっても遅くまで花見をしていたということなのです。でも、あれもこれも見て回れたので本当に楽しかったのです。
 

コメント   この記事についてブログを書く
« ワタナベソウ・キツリフネ・... | トップ | キンセイラン・タシロラン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山野草」カテゴリの最新記事