花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

💖ビオラ・ムシトリスミレ

2019-07-19 | å±±é‡Žè‰
山野草
■ツール・ド・モンブラン5■
 昨日に続き今日も雨です。台風の影響もありかなり強く降っています。大雨被害がありませんように願うばかりです。
 昨年のドロミテトレッキングではビオラはまったく見ていませんでした。なので今回のトレッキング中、沢山見られだすと足がかなり軽くなりましたね。今回多数見られ、それも場所によっては一面に咲いていてかなり綺麗。嬉しい出合でした。これが一般的に出回っている原種なのだと思ってみました。
  

  

  

  

  

 
一株のみ白発見。
  

  

  

  
ビオラ・カルカラータ
ヨーロッパのアルプスやバルカン山地が原産。
標高1300~2400メートルの草地や砂礫地などに生え、高さは5~10センチになります。葉は卵形から披針形で、縁には鈍鋸歯があります。春から夏にかけて、長い距のある花を咲かせます。園芸品種となっている「パンジー」の母種
花は雪解けしてさほどたっていないような場所で咲いているので寒さに強いことがわかります。庭で育てていても冬中咲き続け暑くなると咲き終わる。原種をみて納得でした。
ムシトリスミレは日本でも昨年のドロミテでも見ましたが、こちらで見た花数の多さにはびっくりでした。
  
遠くてわかりにくいですが雪解け後の水分が有る場所で白くみえているのが全部ムシトリスミレです。
  

  

  
色は白ばかりの場所と赤紫の場所がはっきりわかれていました。
  

  

  

  

  
水分の有る場所に見られます。
  
これだけは色が違っていました。
ムシトリスミレ・タヌキモ科(Lentibulariacees) ムシトリスミレ属(Pinguicula)ピングイクラ

コメント   ã“の記事についてブログを書く
« ðŸ’–バニラランなどラン科6種① | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ’–テガタチドリなどのラン科5種 »
最近の画像[もっと見る]

コメントを投稿

「山野草」カテゴリの最新記事