花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

ツルギキョウ・サツマイナモリ

2012-01-23 | 山野草
山野草
■ようやく■
 昨日は連れ合いのレーサーとは別行動でした。帰ってきてこんなものを見たというので画像をみるとなんと「サツマイナモリ」「ツルギキョウ」でした。
彼は四万十ウォークに参加して下田公園から赤橋・佐田沈下橋まで歩いてきたのです。その途中で一人見つけて撮影したとのこと。「え~こんな珍しい植物を一人で見たの?」と騒いだ私でした。
      
赤鉄橋
      
サツマイナモリ
      
ナルトサワギク
そして
      
ツルギキョウ(キキョウ科)
実はこのツルギキョウを見たくてずっと前から探していたのです。昨年は葉のみ・一昨年はほぼ終わった花を撮影したのみ。今年こそは花を見られるところをとおもっていたのです。一緒に散策しているぼちぼちさんは私よりずっと前から探していて願望は私の比ではありません。それを連れ合いは写してきた。あるところには有るのですねえ~。

実は・・・探し回っていたぼちぼちさんから先のころ連絡があり私も撮影してきていたのです。レーサーは私の画像を見ていないのに見つけ撮影してきたのに驚いたのですよ。サツマイナモリは見たことあるのですが「ツルギキョウ」の液果の特徴ある形・色はしらなかった。なんとなく植物を見る目がついていることですね。「門前の小僧習わぬ経を読む」ということです。

私は気合いを入れて撮影した割にはよい画像がなくずるずるUPするのを遅らしていたのです。レーサー撮影のよりよかったのでUPします。
      

      

           

           
葉は心形~。蔓植物
           

      
液果の色が冬枯れの中では特に目立ちます。
ツルギキョウ(キキョウ科)多年生つる草。葉は互生または対生し、卵状心臓形で長い柄がある。8~10月、葉腋(ようえき)に鐘形の花を1個下向きに開く。花冠は中ほどまで五裂し、内面は紫色、裂片は反り返る。丘陵帯から山地帯の林内に生え、関東地方以西の本州から九州に分布。花はこちらをご覧ください
<山地に稀にはえる>と平凡社の日本の野生植物Ⅲ149pに記載があるようになかなかお目にかかれる代物ではありません。それを執念で探したぼちぼちさん!見られてよかった。教えて頂いて見られてよかった~次は花を見に行かなくてはと今から気合いがかかっています。
      

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« コショウノキ | トップ | ユキワリイチゲ・シコクバイ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
(-_-)゜zzz・・・ (あべ)
2012-01-23 21:40:40
>レーサー撮影のよりよかったのでUPします
祝 小僧に勝利 おめでとうございます
きれいな色ですね~
zzz・・・ (流れ星)
2012-01-24 08:27:15
なかなか素敵な色でしょう?
探し回っていてついに逢えた私と、その気もないレーサーが日にちを経ず、遭える。

不思議な気がします。

気合いのかけ方が違うので私の出来がいいのは当然ですが・・もっともっと素敵だったので(いや、訂正・・素敵に見えたのかも)取り込みをして「あ~下手」と思っていたのです。でも、UPしてなかなかいいと自画自讃しています(フフ~)

コメントを投稿

山野草」カテゴリの最新記事