花遊び 山遊び

花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡

★千本山・甚吉ケ森縦走★Ⅰ

2008-07-23 | 2008年 山行報告(高知県)
山行報告

       

暑い盛りにあるぷハイキングクラブの例会山行としてこのコースが組まれた。あまり気乗りがしなかったがなぜか参加した。千本山が標高1084メートル・甚吉ケ森も1423メートルしかないのでかなり暑いと思われる。水分を普段より多めにりュックに入れキャンプ地を後にした。

2008・7/21(月) 天気 晴れ  参加者12名(新入会者3名) 男性7・女性5

====================================
コースタイム 千年橋7:20~千本山9:30(小休止)9:40~甚吉ケ森12:08(昼食)12:50~赤渡(あかたび)下山口15:00~車デポ地15:15
====================================
殆どアルコールが飲めないので早く寝た私と違い酒豪が多い男性陣はアルコールの匂いが体から立ち上がっている。それでも平気な顔をして歩き始めるから凄いな!

  

千本橋を渡り、樹木保護の為に作られた木道の階段をしばらく歩くと親子杉に来る。いつもながら最初の半時間がきつい。汗が滝のように流れるのでレンズが曇り前が見えにくい。

       

杉又杉。それも大きいのばかりがある。35年ほど前に来てからトンとご無沙汰していた。自分は年がいったけれどもこの木はまだまだ若々しい。

       

道は整備されているので歩きやすい。

    

    

鉢巻はしていないけれど杉の先まで写そうとすればひっくりかえるので地面に寝て写すしかない。

  

展望は殆どなく辛うじて展望台から魚梁瀬ダム方面が見えるくらい。登山口からここ傘杉堂まで1時間15分。

       

時折吹く風をありがたいねえと話しつつ頂上に歩を進め最後の登りをつめた。シンプルな頂上標識が待っていた。ここまで2時間10分かかった。まだまだ先は長い。大好きな花を一生懸命探すがない。あったのはヤハズアジサイくらいで緑が続くのみ。単調な歩きに嫌気が差してくる。山を歩くのには楽しみがいくつかあって花があり眺望が良かったら最高。ここは両方ない。千本山は杉をメーンとした山だから仕方ないのだと気を取り直し甚吉を目指す。

コメント (2)