中小企業診断士 茂井康宏のブログ

問題解決につながる「ビジネスプランの策定」、外さない「商品開発・改良」、商談相手が前のめりになる「販路開拓」をサポート

「ぬかどこ」が売れている理由

2020年11月28日 | 中小企業診断士
高知県高知市の中小企業診断士 茂井康宏です。

無印商品で「ぬかどこ」が売れているそうです。

担当者は「毎日混ぜ込まないといけない」という消費者の不満に着目したのだとか。
ライフスタイルの変化もプラスに働きました。
現在は、主婦層だけでなく男性客にも支持されているようです。

OGPイメージ

見る機会の減った「ぬかどこ」が無印良品で売れている その理由は?

無印良品の「発酵ぬかどこ」が売れている。現在、増産中だ。どんな点が支持されているのか。

ITmedia ビジネスオンライン

 


これはまさに利便のベネフィットですね。
もちろん同商品には「素材が…」「産地が…」「コクがある」などという単語は出てきません。
さすがの無印商品です。

念のため、後発企業は二匹目のドジョウを狙ってはいけません。


混ぜ込み不要の次は、何が来るのか。
おそらく、利便のベネフィット内での戦いになるでしょう。

仮説検証を行うことで、商品開発・改良の新しいコンセプトが見えてくるのではないでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ \応援ありがとうございます/

[ビジネスプラン・商品開発・販路開拓]
株式会社プランコンサルティング 
代表取締役社長/中小企業診断士 茂井康宏

https://blog.goo.ne.jp/plan-consulting
ビジネスプラン策定や商品開発・改良等に
かかる研修・セミナー講師も請け負います。
全国の支援機関や、中小企業大学校に登壇
する中小企業診断士/経営コンサルタント
がノウハウを余すことなくお伝え致します。
関連記事「これが、3種のコンテンツ

以下の専用アドレスより、お問合せ下さい。
問合せ専用:plan.toiawase@gmail.com
この記事についてブログを書く
« 高知県の提案型営業セミナー... | トップ | 社長。命を捨てる覚悟があり... »