絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

あ青春@歌006 是が非でも君の乗りたる自転車に たった一秒 小化けてみたし

2018-05-04 08:16:24 | つぶつぶ
copyright (c) 地 宇
(絵じゃないかグループ)
                       再編集版


 * Tanka English translation 


   是が非でも君の乗りたる自転車に たった一秒 小化けてみたし
       ↓
   I desperately tried to corrupt a second small barrel only to ride your bike, but non-
       ↓
   私は必死にのみあなたの自転車に乗る2番目の小さな樽を破壊しようとしたが、非
  


註;

(英語翻訳)、(和訳戻し)略します。



006
コメント

あ@つぶ短歌(勤め)050 お勤めが休みの日には何となくぼんやりとしてのほほんとして

2018-05-04 08:09:31 | つぶつぶ


多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog

ピカ輪世代(世に団塊とも)の一断面を目指して。


  copyright (c)地  宇
                                  ち ふ
絵じゃないかぐるーぷ
                       英訳短歌version0.01


*  Tanka English translation 


  050 お勤めが休みの日には何となくぼんやりとしてのほほんとして

 
  

        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

    The nonchalant as somehow vaguely on the day of rest is Employed
         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

    何とか漠然と休みの日になど平然とが採用されている


       


     この項おわり



つぶつぶ(22”22”)・・・・・

コメント

あ@仮想はてな物語  太子道のプルトップのこころ(1/3)

2018-05-04 08:06:53 | 仮想はてな物語 

copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ
                       



 * 太子道のプルトップのこころ(014)


 道路の左端近くは、今どうなっているのであろうか?

 切り貼り、デコボコ、マンホールのフタ、砂利・小石、プルトップ、
 潰れた飲料水の空缶、段ボール、ひどいひどい。
 すべてがバイクに危険を及ぼすものばかり。
 そんな光景に腹立って、私は、一時プルトップを
 拾い集めていた。
 走るばかりなので、道路に少しでも罪滅ぼしをしたいという、
 気持もあった。
 捨てられたプルトップにも一つひとつ顔がある。
 似たようでもすべて違う形に潰されている。
 開ける人の個性も滲み出ているのだろう。
 道路ぎわに空缶やプルトップを捨てる犯人は、
 少なくともバイクの一人乗りの
 ライダーではないことは確かだ。
 多くは4輪車の窓から放り捨てさられたものであろう。


 その日の夕方、次男の休次郎がタコ焼きを食べたいと言った。
 Oさんの内職が終わるのは夜も8時すぎ。
 夕食はそれからになる。
 私は、サヤカに乗ってタコ焼きを買いに走った。
 真冬であるが、寒さはちっとも苦にならない。
 K鉄のM駅前の近くにあるタコ焼き屋に寄ったが、
 店は開いてなかった。
 あと、タコ焼き屋があるところといえば・・・

つづく

コメント

あ@仮想はてな物語 放龍テンプル・ストーリィ  41/後51

2018-05-04 08:04:33 | 仮想はてな物語 


     
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ




どちらか分かりませんが、とにかく首塚の傍に近づきました。息切れがして、心の臓がのたうち回っていました。一刻も早く、魂鎮めをしなければならない。


私は、ペンライトを手にしております。サヤカの光は、ここまで届いてこないからでした。
「ドン作、よくわかったな」
空から、あのMキラリーの声が冷たく響いてきました。
「やはり、ここがキーポイントだったのか」
「そうだ」

「Mや、往生際が悪いぞ」
 ゴキオーラが、声を掛けました。
「じぃちゃん・・・」


つづく

コメント

あ@方言川柳099 知っとうかん 一子相伝 なんぞいね

2018-05-04 08:00:09 | つぶつぶ


                         copyright (c)ち ふ
                         絵じゃないかオジさんグループ
                         仮想はてなグループ
  



                       

   *  知っとうかん 一子相伝 なんぞいね





  (方言川柳 → 無料 英訳 → 無料 和訳戻し)


    

            ↓
    Ine Nanzo mailing transmission of a secret from father to a son to know

            ↓           
    父から息子への秘密の伊根Nanzoメーリング送信は知っている





                          おわり


註、
方言は、伊予(東予、中予、南予)の東予のとある一帯で使用か。

コメント