絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

あ@つぶ短歌011 学校が休みの日には何となくさよなら言った友が気になる

2018-01-04 06:34:12 | つぶつぶ
 

多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog

ピカ輪世代(世に団塊とも)の一断面を目指して。


  copyright (c)地  宇
絵じゃないかぐるーぷ
                       英訳短歌version0.01


*  Tanka English translation 



    011 学校が休みの日には何となくさよなら言った友が気になる


   

        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

    Friend said goodbye somehow worried about the day school holidays

         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

    友人は別れは何とか一日学校の休暇が心配だ


       


     この項おわり



つぶつぶ(22”22”)・・・・・
コメント

あ核兵器@186 核兵器 忘られません どうしても

2018-01-04 06:32:05 | つぶつぶ



多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog


  copyright (c)ち ふ
絵じゃないかぐるーぷ
                       


*  Tanka English translation 


  186 核兵器 忘られません どうしても





        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

    I can not forget nuclear weapons absolutely
         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

    私は核兵器を絶対に忘れることはできない
       








     この項おわり



つぶつぶ(22”22”)・・・・・


コメント

あ@仮想はてな物語 ぽたら送り 28/前46

2018-01-04 06:30:53 | 仮想はてな物語 

     
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ



 兄弟の足も、引っ張ることでしょう。
 人間として生まれきたのに、家畜のような生活を
 送らせるのには、忍びなかったこともありましょう。
 それに、小作料を6割近くも取られる家計では、
 5人もの子供を養っていくのが、土台無理なのでございます。




 白太にもう少し知恵があり、身体も頑丈でありましたなら、
 町に出して丁稚にでもという手立てもあったのでしょうが、
この子を受け入れてくれるような、おおらかな世では
 ありませんでした。
 白太坊のぽたら送りには、そんな事情もあったようです。
 12才にもなって、満足に弟や妹の子守一つ出来ない
 ものですから、両親も思い余ってのことと思います。

つづく

コメント

あ@仮想はてな物語 流極楽スペース崩壊・ストーリィ 56/88 

2018-01-04 06:29:48 | 仮想はてな物語 
      
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ





 流家に巣食っているのは、黄泉の国の王、ヨミビガーよ。彼、そう怒ってはいないけど恐いわね。このままにしておくと、流家は間違いなく崩壊するわ。休人さん、彼の神聖な領域でオシッコしたのではないかしら。


彼、そういうことを許せない人なのよ。早くその場所に行って、浄めの儀式をしてあげなくては、いけないわね。浄めは、本人でなくてはならないの。ヨミビガーは、そういう点きちんとしているの。



つづく

コメント

あ@人なんて地球の居候 344 人なんて 地球の居候 戸惑わず

2018-01-04 06:28:07 | つぶつぶ




多層構造ぶろぐ→Multilayer structure blog

ピカ輪世代(世に団塊とも)の一断面を目指して。


  copyright (c)地  宇
                                  ち ふ
絵じゃないかぐるーぷ
                       


*  English translation 


    344 人なんて 地球の居候 戸惑わず


  






        ↓
      (ほんやっ君のとある無料の英訳)

     People are not confused about the earth's abode
         ↓
      (ほんやっ君のとある無料の和訳戻し)

 人々は地球の住居について混乱しない




     この項おわり



ぶつぶつ(2”22”2)・・・・・

コメント