Neurology 興味を持った「脳神経内科」論文

Twitter @pkcdelta
https://www.facebook.com/GifuNeurology/

ステロイドミオパチーは検査診断できるか?

2006年02月06日 | 筋疾患
ステロイドミオパチーは厄介な病態である.とくに多発性筋炎や皮膚筋炎のステロイド治療の際に,治療開始後に生じた筋力低下が,原疾患の増悪によるものか,ステロイドミオパチーによるものかの鑑別はきわめて重要だが難しい.診察所見のみで鑑別することはしばしば困難であり,鑑別に有用な検査所見がないか当然考える.総説などで取り上げられているのは①%クレアチン尿,②3-メチルヒスチジン尿中排泄である.①は比較的有名であり,ステロイドミオパチーではクレアチンの筋からの放出を反映する尿中へのクレアチン排泄増加,および筋肉の量を反映すると考えられる尿中クレアチニン排泄の減少が認められるということから,両者を組み合わせて「%クレアチン尿」という指標(%クレアチン尿=尿中クレアチン(g/day)/{尿中クレアチン(g/day)+尿中クレアチニン(g/day)})が1970年代に提唱されている.健常者では10%未満であるのに対し,ステロイドミオパチーでは上昇し,かつ筋力低下の程度とよく相関するという.
今回,本邦より%クレアチン尿の使用上の問題点が報告されている.筋疾患を除く原疾患に対する治療としてステロイド内服を検討した26例を対象とした前向き研究で,ステロイド内服前後(とくに使用前)における%クレアチン尿を計算した.この結果,%クレアチン尿(中央値)は男性2.5%,女性17.1%であり,女性において有意に高値であった(p=0.041).カットオフ値として知られる10%を超えた症例は,男性3/14例(21.4%),女性8/12例(66.7%)と高頻度であった.さらに腎機能障害(軽度であっても)が認められる患者では筋症状が見られなくても%クレアチン尿値が大きく変動した.%クレアチン尿が治療前にかかわらず高値を示した症例が多数存在した原因として,①尿クレアチン・クレアチニン排泄量の測定法の問題(原著の時代はJaffe反応を利用した化学法を用いているが,現在は特異性が高く誤差が少ない酵素法を用いている),②尿中クレアチン排泄量における性差(原因不明ながら女性では尿中クレアチン排泄量が高い),③高蛋白食摂取,④腎機能(腎尿細管における再吸収低下によっても尿中クレアチン排泄量は増加する)が挙げられている.
結論としては「ステロイド開始後における1時点のみの%クレアチン尿測定はステロイドミオパチーの診断において有用性が乏しい」ということである.ただ,この研究の弱点は,ステロイドミオパチー発症者における%クレアチン尿の変動についての評価がなされていない点である.今後の課題ということになるが,重要な疾患の検査にも関わらず,しっかりしたエビデンスがないまま放置されてきたものの代表と言えるかもしれない.治療のみならず検査も,ときには疑ってかかったほうが良いのかもしれない.

脳と神経2006. Vol.58 No.1
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャロン首相の主治医はどう... | TOP | シャロン首相の主治医はどう... »
最新の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ステロイドミオパチーでしょうか? (みにぃ)
2007-04-28 22:46:38
いきなり失礼します。膠原病(SLE)の治療のためリンデロン4ミリを3ヶ月ほど続けていたところ、夜中に膝、足首、肘などの関節痛(激痛)で目覚めました。筋肉は「少し」痛い程度です。関節の激痛は2,3週間ほど続き、1ヶ月ほどたった今は激痛は治まったものの、痛みはまだあり湿布で対処しています。レントゲンでは異常なく、MRIで膝の関節に水がたまっていました。痛みのためと筋力が全くないので車椅子の生活です。病状に対する説明はないのでステロイドのせいかどうかわかりません。今後、ステロイドを減らせば痛みがよくなり筋力が戻るのでしょうか?この状態はステロイドミオパチーなのでしょうか?ご教示いただけると幸いです。
拝見しました (管理人)
2007-05-04 11:50:27
大変申し訳ありませんが,発言に責任を持てませんので,個々のご相談にはお答えしないようにいたしております.まずは主治医の先生によくお伺いすることをお勧めいたします.お返事が遅くなりすみませんでした.

Recent Entries | 筋疾患