被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

【学習支援】 2015年度第1回:学習会評価報告

2015-08-22 11:14:06 | 日記
8月学習会の振り返り
目標:「中学生が学ぶことの楽しさに気付く」①

評価実施日:2015年8月8日
評価尺度:
[5:とてもそう思う、4:そう思う、3:分からない、2:そう思わない、1:全くそう思わない]

問い:
①勉強することがおもしろいと思うことはありましたか?
5:50%4:50%3:0%2:0%1:0%

②今までよりも勉強をやる気になるきっかけになりましたか?
5:17%4:83%3:0%2:0%1:0%

③今回の学習会を通じて、何か新しい気付きや発見はありましたか?
・苦手な科学でも、色んな活用法を見つけることができて良かった。
・勉強もいやいややっていたら頭に入らないこと。
・自分の苦手な部分。
・英語があまり好きでなかったけれど、ゲームなどをして英語は楽しいことに気付きました。
・自分が初めて英語を楽しいと思いました。
・理科でにがりがアルカリ性だということが分かりました。

―振り返り―
中学生の課題として「勉強にやる気が持てない」ということが挙げられた。勉強する必要性は感じていながらも、自分から机に向かって集中することは難しいようであった。そのため学習会では、ワークショップを通じて教科のもつ面白さに気付かせるアプローチをとった。効果として、中学生はその教科の本来の面白さに気付き始めたようであり、その教科における学習内容に強い関心を示してくるようになった。今後は引き続き教科の面白さを伝えながら、それを日頃の学習に落とし込む工夫をとる。
コメント

【学習支援】 2015年度第1回:学ぶことの楽しさを知る

2015-08-22 00:16:17 | 日記

今年初の活動が8/6〜8/8で行われました。

中学生に「学ぶことの大切さ」に気付いてもらうには、中学生自身が自主的に勉強できるようになることが必要ですが、いきなり自分から勉強しよう!と伝えても難しい…そこで今回は学ぶことの楽しさに、そして基礎の大切さに気付いてもらうため新しい試みとしてワークショップを開催しました。

1日目〜伝える英語〜
相手に伝えることを目的として、英語でコミュニケーションをはかるゲームをしました。
2日目〜出会う国語〜
最近あまり使われなくなった紙辞書を使って、グループ対抗戦のしりとりを通じて言葉の意味を知る大切さを学びました。
3日目〜探る理科〜
紅茶の色の濃さを調味料で変える実験をすることで、科学を探求する楽しさを感じてもらいました。

これらのワークショップには、中学生に学ぶことを楽しいと感じてもらうとともに、普段の学校での授業や家庭での勉強にここで身に付けてくれたものを活かしてほしいという思いがあります。

中学生からは、「英語を楽しく感じることができた!」という言葉をもらったり、自分から辞書を使って調べものをする姿を見ることができました!
また、理科ではワークショップ後に中学生がさっと発展的な内容を調べてEnスタッフに教えてくれました(笑)

今後も中学生に寄り添う姿勢を忘れず、引き続き中学生たちが自分から学ぶことができるようなしかけ作りをしていきます。
コメント

【学習支援】 2015年度第1回:En2015年度の活動開始!

2015-08-17 00:18:23 | 日記

お世話になっております!
Enの2015年度の東北での活動がいよいよスタートしました!

今年度も昨年度に引き続き、石巻市沿岸部の一つの中学校を中心に活動していきます。

そして、今年度から活動を「学校支援」として、学習面に限らずより広い意味での学校のサポートを、先生方、ご家庭、そして地域と共に協力して推し進めていきます。

2015年度の中学校とEnの活動は、「中学生が学ぶことの大切さに気付くため」という目的で実施していきます。これは同校の校長先生にいただいた言葉であり、中学生が学び続けることで自分自身の可能性を拡げていってほしいという想いが込められています。

変わり続ける環境の中で今を必死に頑張っている中学生たちに、私たちができるかぎりの機会と可能性を提供できればと思います。

次は、8月6~8日に実施した今年度第1期の学校支援活動を報告します!
コメント