被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【学習支援】 今年度も継続決定!石巻の中学生への学習サポート

2015-06-14 00:26:07 | 日記
早いことで先日の修学旅行企画からもう1か月。
6月11日に提携させていただいている石巻の中学校を訪問し、修学旅行の振返りと今年度の活動について相談させていただきました。

その結果として、今年度もEnによる中学生の学習サポートが決定しました!

校長先生から私達に託された今年度の活動のコンセプトは、”学ぶことの大切さ”に気付いてもらうこと。
学ぶことは未来の可能性を拡げることに繋がります。それはこの環境に生きる中学生だからこそ必要なこと。
彼ら彼女らがそれに気付けるよう、私たちは学ぶことへのきっかけを提供できればと考えています。

この5年目に至って、なぜ私たちは石巻やそこの人々をサポートするのでしょうか?
それはただ単純に「被災したから」ではなく、「応援したい人たちがそこで頑張っているから」であると考えています。

私たちは石巻の学生が秘めている可能性にいつも驚かされています。その芽がどんな環境にあろうとも伸び続けられるように、力をつける機会をつくってあげたいと思っています。
そして、そのためにも私たち自身も伸び続けようとすることが必要とされています。

今回は女川にまで向かいました。新設された女川駅は大変立派で、同時にすぐ傍では復旧のための大規模工事が続いています。この駅前に商店街が出来るそうです。

近くの女川町立病院には「津波記憶石」という石碑が立てられていました。

”千年後の命を守るために”
ここは津波が到達した地点です
もし大きな地震が起きたら
この石碑より上へ逃げてください
逃げない人がいても
ここまで無理矢理にでも連れ出してください
家に戻ろうとしている人がいれば
絶対に引き止めてください

そこには飾り気のない、切実なメッセージがありました。
私たちはこの意思を千年後まで続けさせることができるでしょうか。それは今のままを続けているだけでは必ず人々に忘れられてしまうでしょう。

この意思を少しでも強くし続けようとしなければ、未来には届きません。そのためにも私たちも共に歩む東北の方々の意思を持ち続けていこうと思います。
コメント