被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

【学習サポート】2018年度修学旅行:コース③:ひとりひとりの思考がみんなにとっての良い結果を生む

2018-06-22 13:08:47 | 日記
ゲスト:フォトジャーナリスト・道城征央さん

現地学習で中学生は、道城さんがフィールドとするミクロネシア連邦の現状と課題をお伺いし、持続可能な社会をつくるために地域に生きる一人ひとりがどう考えるべきかを話し合いました。また、道城さん指導のもと写真撮影によって何を伝えるかを考える体験をしました。

●ミクロネシア連邦からのメッセージ
道城さんは、写真を通じて、世界各地の様々な姿を伝えるフォトジャーナリストです。今回は、道城さんの主な活躍の場であるミクロネシア連邦の写真から、様々なことを学びました。ミクロネシア連邦は、南太平洋に浮かぶ607の島からなる国です。諸外国の統治時代を経て1986年に独立するまで様々な変化をとげて、まさに今、伝統と革新の過渡期にある国です。先進国がもたらした豊かな物質で生活が便利になった反面、肥満など新たな健康問題やゴミ問題が浮上しました。「ゴミ」の概念がないミクロネシア人は、物質は全て自然に還るとの考えから昔のようにゴミを海に廃棄し、自然環境の悪化を招いてしまいました。また、諸外国の支援も相手国の歴史や文化を考えない場合、相手国の古き良き伝統的な習慣を変質させてしまったり、家族や親戚関係が希薄化する等という新たな課題を生むことにも繋がります。

●誰も取り残されない持続可能な社会を作るために
このような中でミクロネシア連邦の人々は、伝統的な自国文化と、他国がもたらした文化との「共存共栄」を模索しています。巨大な石貨が象徴するミクロネシアの伝統的な価値観の尊重、遺跡の管理運営を国だけに頼らず地域住民が自発的に管理すること、ゴミ問題への対応の取り組みなど、その地域の人ならではの文化にもとづいた生き方が作られようとしています。

この研修の最後に、道城さんは中学生たちに「日本人ではなく『石巻人』であれ」とのメッセージを伝えました。自分がどこの人間なのかを意識すること、様々な人と意見交換をすること、自分本位の考えを捨て、相手を思いやる姿勢を各々が守ること。これらは誰も取り残されない持続可能な社会を作る上で、どれも大切なことです。

●その写真で何を伝えたいか
中学生が事前に撮影した写真(テーマ「石巻市内で一枚写真を撮る」)の発表では、それぞれの写真をもとに意見を交わしました。市内で一番有名な「石ノ森章太郎萬画館」、石巻の一番好きな風景、震災と復興が共存する場所など、道城さんが知らないリアルな石巻の姿、その写真を選んだ理由を、一人一人が一生懸命伝えてくれました。ただ美しいから、面白いからではなく「その写真で何を伝えたいか」を考えて撮影すること、SNS等で気軽に写真を掲載できる現代であるからこそ、発信された写真という情報の取り扱いに責任を持つことを学びました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【学習サポート】2018年度修... | トップ | 【学習サポート】2018年度修... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事