被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

【修学旅行】現地学習4「ドローンから考える未来の生活」

2016-05-16 23:31:53 | 日記
こちらのコースは、ドローンに携わっているゲストの話を聞き、「ただニュースなどの情報を鵜呑みにするのではなく、自分の頭で考えられるようになって欲しい」という考えのもとワークを行いました。 具体的には下記の内容を行ないました。 ①事前学習(ドローンに対する考えや、現在使われている活用法で関心のあるものの発表。 ②ドローンを実際に操作する。③日々の生活の中での不自由なことを挙げ、ドローンを用いて解決する方法を考える。
実際に触り操作することで、昨今話題に上がるドローンという新しい可能性について身近に感じてもらい更にその可能性を自ら模索することで、主体的な発信ができるようになってほしいと考えました。なぜなら今ある街や世界というのはかつての誰かの夢物語や理想が一つの現実となったものであるからです。このコースを通して、「誰かがこうしたいとまず望むことが未来を変えていく一歩に繋がる」ことを中学生に伝えました。

【生徒達の言葉で印象に残った言葉】
それは生徒達の「すごい!」という言葉です。 まずはドローンを上げた時、ゲストの方々が風がすごいですよと忠告して下さいましたが、実際に飛ばすと予想より遥かに音も風もあり、生徒は口々にすごい!と言っていました。 その後ドローンを生徒自身が操作する段階でも上手な人に対して「すごい!」という言葉が飛び交いました。ただの感嘆句ではありますがそこに込められた思いはきっと自分の期待を良い意味で裏切るものであり、そういった経験は生徒の心の中に深く残っていくものではないかと考えています。生徒の顔は生き生きとして、場の雰囲気がわっと盛り上がりました。

【自分自身の発見】
ドローンコースに関わることで、ゲストの方々が中学生に伝えたかったことを僕自身も強く受け取ることが出来ました。それは、未来は自分の手で広げていけるということです。参加してくださったゲストの方全員がバイタリティに溢れる社会人で自分の進みたい道を実現するために努力して結果を残されていました。それに触れることで僕自身も自分の可能性というものを考えようと思えるようになりました。ドローンに関しても当初こそ未知ではありましたが今回の企画を通して調べて、可能性を感じ、より今後関心を持っていきたいと考えています。(ヒロ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【修学旅行】現地学習3「JAXA... | トップ | 【修学旅行】現地学習5「パー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事