被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

【学習サポート】2018年度第1回:普段から災害を意識すること

2018-09-28 21:16:43 | 日記
大阪北部地震、西日本7月豪雨、台風21号、さらに北海道での地震と最近も自然災害が絶えません。連日の報道で目にしますが、果たしてこれらの災害は画面や紙面の向こう側の他人事でしょうか。7年前も、私も含め多くの人が「まさか自分が」と考えたと思います。

Enの8月の学習会の際に、女川と石巻の街を実際に歩いてみました。映像や写真、お話などで当時の状況を見聞きしていましたが、自分が立っている場所にあの時20m弱の津波が来たなんて容易には想像できませんでした。改めて、非日常を想像・想定することの難しさを肌で感じました。

私たちはある程度生きていればそれなりの経験知を得ます。しかし、私たちが経験したことのない自然災害がこれからも起こると考えられます。日本にいる限り、自然災害は他人事ではありません。だからこそ、普段から災害を意識することが備えであり、防災の根本だと考えます。

今までの常識や固定観念にとらわれ、連日の自然災害を他人事としてとらえ、自分は大丈夫だろうと考えるか。一方で、過去の経験を教訓とし、災害を自分事としてとらえ、普段から備えていくか。

最近メディアでは「◯◯年に一度の大災害」というように報道されます。正直、このような報道で私たちがまず感じるのは災害に対する不安感や恐怖感です。しかし、ただ「怖い」で終わるのではなく、一歩踏み込んで「どう備えるか」「どう次の世代にいのちをつないでいくか」を考えていく必要があるのではないでしょうか。私は自分の部屋の家具を非常時の動線を考えて配置したり非常用の食料を備蓄したりしています。また私は教員志望であるので、教員になった際には、未来を担う子どもたちに「恐怖を煽る」防災教育ではなく「正しくおそれる」防災教育を実践していきたいと考えています。

(つもりん)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【学習サポート】2018年度第1... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事