被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

【学びの機会】制限なく未来を考える ~石巻市でのドローン体験セミナー~・その2

2017-12-30 15:03:03 | 日記
ドローン体験セミナーのアンケート結果とその考察です。アンケートには、牡鹿中学校の全学年生徒計35名に回答いただきました。

アンケートでは、今回のセミナーの満足度と理解度を集計しました。満足度、理解度共に全学年が9割を超える肯定的な回答をしました。

Q1.今日の授業は楽しめましたか?
全学年「とても楽しめた」85.7% 「楽しめた」14.3% (計100%)

Q2. 小関さんのお話は理解できましたか?
全学年「とても理解できた」57.1% 「理解できた」40.0% (計97.1%)

また、セミナーの趣旨の理解を深めるためにEnが作成したラーニングガイドは、全学年に共通して有効に活用してもらえたようです。

Q3. ラーニングガイドは、今日の授業を理解するのに役立ちましたか?
全学年「とても役立った」60.0% 「少しは役だった」34.3% (計94.3%)

以下では、自由回答における1,2年生と3年生の回答の違いからセミナーの効果を考察します。

「小関さんの話の中で、特に印象に残った話はありましたか?」という問いには、全学年48.6%が「ある」と回答しました。その内容については、1,2年生は、ドローンについて知ったことに加えて、小関さんのお話から「夢」や「仲間」というキーワードが特に印象に残ったようです。これは、1,2年生が自由に将来を考えられる時期にあり、小関さんのお話をそのヒントとして受け取ったように考えられます。また、3年生は「会社をやめて新しい道に進んだこと」「自分のやりたいことを仕事にすること」などの内容を挙げました。これは、3年生が具体的に将来の進路を考える時期にあり、小関さんのお話からこれまで考えたことのなかった進路の考え方が印象に残ったのだと考えられます。

「ドローンを体験してみて、心に残ったことはありましたか?」という問いには、全学年77.1%が「ある」と回答しました。その内容については。1,2年生は、「ドローンを動かすのが難しかったけど、思った通りに動いた時は嬉しかったです」など、ドローンを飛ばしてみたことによって得た楽しさを挙げました。また、3年生はそのような操作の印象に加えて、「ドローンで配達をしていて、とてもすごいと思ったし心に残りました」「災害などでも活躍できること」など、ドローンが社会で活躍する可能性を持っていることに注目をしたようです。これは、3年生がドローンの操作からそれが社会に活用されることにまで想像をふくらませることができたためだと考えられます。

「今日の授業を通じて、いつもの生活の中で意識しようと思ったことはありましたか?」という問いには、全学年37.1%が「ある」と回答しました。その内容については、1,2年生は、「前向きな考え方をする」「仲間を大切にする」など、小関さんのお話の中で未来を考えるにあたって重要なこととして伝えたことが伝わったようでした。また、3年生は「一生懸命話を聴くこと、メモをとること」「色々な人と関わってみること」など、学ぶことにおける新たな気付きがあったようでした。3年生の「ある」は26.6%に留まり、これはドローンが社会に活用することを考えた分、それを自身の実生活に落とし込んで考えるまでにより多くの時間が必要であったのかもしれません。

「やってみたいことに挑戦する時、ぶつかることがあったらどうしようと思いますか?」という問いに対する、各学年の回答の抜粋です。
<1年生>
「ワクワクする見方をしようと思う」
「あきらめないで楽しみながらしていくこと。夢を持つことは大切」
<2年生>
「見る角度を変えたり、自分は何にどんなふうになりたいか、それに向かって何かを活力にしているのかを思い出してとことんやっていけるようになりたいと思います」
「仲間と一緒に協力して乗りこえる」
<3年生>
「ポジティブに考える」
「何度もあきらめずにできるようになるまで、努力すること」

「なぜ、小関さん・学校の先生は、みんなに今日の話を聞いてほしいと思ったのだと思いますか?」という問いに対する、各学年の回答の抜粋です。
<1年生>
「将来の事を考えてほしいから」
「みんなの夢にも共感して仲間になってくれる人がいるということを知ってほしかった」
<2年生>
「大きな壁にぶつかったとしても、見る角度を変えて、壁を乗り越えてほしいと願ったから」
「仲間を大切にすることを伝えるため」
<3年生>
「夢を持ち続けてがんばってほしいから」
「自分たちの可能性を広げてほしいと思ったから」

中学生には、今回のセミナーで伝えたかったことして、未来を考えるにあたって、自分のやってみたいことから自分の原動力を探すことの大切さが伝わったようです。今回のセミナーでは、1,2年生がドローン体験の楽しさに注目した一方で、3年生は社会での活用について考える様子が見られました。今後のセミナーでは、学年によって異なる学習設計も取りり入れることで、生徒が進度に合ったテーマをさらに深く理解する機会をつくることも考えられます。
コメント