パース日本語キリスト教会

オーストラリア西オーストラリア州パースに有る日本語キリスト教会の活動報告を掲載いたします。

火曜聖書研究会 2018年6月26日

2018-06-26 17:02:43 | 日記
聖書箇所:ヨハネ8章12節~20節

研究ノート

・人々が去った後、イエスはまたご自身のことを証されます。パリサイ人がいることを考える
 と、少し時間が経ってからかもしれません。
・「世の光」という表現は、ラビたちの教えや文書の中では、神を表す言葉として用いられて
 いました。ですから、イエスはここで「私は神です。」と宣言したことになります。
・光に関する聖書箇所。詩編119編105節、箴言6章23節、マラキ4章2節、ヨハネ1章等。
・パリサイ人の反論は自分一人の証言は無効であるというものでした。
・イエスの反論は、父なる神の証言が有るということです。他にもパリサイ人が洗礼を求めた
 バプテスマのヨハネの証言、水からあがるイエスに天から下った父なる神の声、旧約聖書に
 記されているメシア預言の成就が証人といえる状況にありました。
・「わたしを遣わした父」という表現にパリサイ人たちは矛先を変えます。ナザレの出身で、
 ヨセフという父親が、どれだけ偉大なのかという侮蔑の意味が含まれていたかもしれません。
・宮の献金箱の有る所で話したというのは、公に人が多く集まる場所であったということを表
 しています。

ごく簡単なまとめ
・イエスは明確に「わたしは神だ」と宣言している。
・イエスが神から遣わされたメシアであることの証言は十分である。
・イエスと父なる神は一つであるから、イエスを知っていれば神を知っていることになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日曜礼拝 2018年6月24日 | トップ | 日曜礼拝 2018年7月1日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事