パース日本語キリスト教会

オーストラリア西オーストラリア州パースに有る日本語キリスト教会の活動報告を掲載いたします。

日曜礼拝 2018年7月15日

2018-07-16 21:06:42 | 日記
聖書箇所:マタイ9章1節~8節
説教題:罪の赦し


(導入)
 8章18節からイエス・キリストは彼に従う者たちが知るべきことを示し始められました。直
前には自然と強力な悪霊に対する権威を示し、ご自身の神性をお示しになりました。10章で弟
子たちが宣教に派遣されますが、その前にまだお示しになりたいことが有りました。

(解説)
 1節の「自分の町」というのはカペナウムです。そこが宣教の拠点になっていました。そこ
にある人たちが中風の人を床にのせて運んできました。床というのは病人を運ぶためのもの
で、担架のようなものでした。担架程度のもので運ぶのですから、近隣に住んでいたと考えら
れます。
 イエス・キリストは彼らに信仰が有ることをご覧になりました。メシアであるという信仰で
した。「子よ」という呼びかけは親愛の情を表す呼びかけでした。しっかりしなさいという呼
びかけは希望を与えたことでしょう。
 しかし、彼らが聞いた言葉は、予想とは異なっていたかもしれません。癒しの宣言ではなく、
「罪は赦された」という宣言だったのです。
 そこに律法学者たちがいました。イエス・キリストを監視するのが目的であったと思われま
す。彼らはイエス・キリストが神をけがしていると、こっそり耳打ちし合っていました。罪を
赦すことは、神にしかできないことでした。ところがイエス・キリストが罪の赦しを宣言した
ので、神を冒涜している、神をけがしているとささやき合ったのです。イエス・キリストはそ
んな思いを知ることのできる神でした。それで彼らに語り掛けるのです。その指摘は、彼らは
「悪いことを考えている」ということでした。イエス・キリストをただの人間と考えているの
で「悪いことを考えている」のです。それ以前に示されたメシアの証としての奇跡も信じない
でいるので「悪いことを考えている」のです。
 5節の言葉は謎かけのような感じがします。どちらがやさしいかと問われましたが、実際は
どちらもやさしくありません。どちらも人にはできず、神にしかできないことでした。その問
いかけはご自身が神であることを示していたことになります。
 6節ではイエス・キリストはご自身が神であることを宣言されました。「人の子」という称
号をご自身に対して用いられました。これはダニエル7章13、14節から来ています。その記述
によると、「人の子」は全ての国民に仕えられ、もしくは礼拝されるべき存在です。礼拝され
るべき方は神しかおられません。ですから、神であることの宣言になるのです。
 イエス・キリストが「起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい。」と命じられると、
男は完全に癒されて、その通りにして帰って行きました。それは同時に、目に見えない霊的な
癒しである罪の赦しを得たことの証明でもありました。
 これを目撃した人々は神をほめたたえましたが、彼らのイエス・キリストの理解は間違って
いたと思われます。「こんな権威を人にお与えになった神をあがめた。」という記述になって
いますが、この「人」と訳された語は、複数形なのです。つまり、普通の人間の一人と考えた
ことになります。私たちにとって、イエス・キリストはどういう方でしょうか。

(まとめ)
 この物語の焦点は中風の人の癒しではありません。イエス・キリストがここで弟子たちにお
示しになりたかったことは何でしょうか。今回は次のようにまとめてみました。

1)罪の赦しは正しいイエス・キリストの理解から来る
   イエス・キリストは明らかにご自身が礼拝されるべき神であることを示されました。癒
  された人にはその正しい理解をが有ったことになります。ですから、この人は罪の赦しを
  得ることができたのです。

2)罪の赦しはイエス・キリストへの信仰から来る
   イエス・キリストは彼らに信仰が有ることをご覧になりました。もし、罪を赦してくだ  
  さるという信仰と信頼が無ければ、イエス・キリストが神であると知っていても、実際に
  罪が赦される経験をすることができなかったでしょう。信仰を持って来た中風の人に、イ
  エス・キリストは「子よ、しっかりしなさい」と言ってくださいました。私たちの信仰と
  信頼に、主は応えてくださいます。

3)罪の赦しはイエス・キリストの元に来るという決断から来る
   中風の人とその友人たちは、イエス・キリストの元に行く決断をしました。イエス・キ
  リストの神性を理解し、罪を赦す方だと信じていても、実際に主の前に出なければ赦しを
  得ることはできません。私たちはカペナウムに出かけるのではありません。イエス・キリ
  ストは天において、父なる神の右の座について、私たちのために執り成しをしていてくだ
  さいます。祈りの内にその主のみ前に出るのです。

説教音声ダウンロード (mp3ファイルをダウンロードすることができます。
ダウンロード画面右上のダウンロードボダンをクリックしてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日曜礼拝 2018年7月8日 | トップ | 日曜礼拝 2018年7月22日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事