パース日本語キリスト教会

オーストラリア西オーストラリア州パースに有る日本語キリスト教会の活動報告を掲載いたします。

日曜礼拝 2018年5月13日

2018-05-14 22:09:39 | 日記
聖書箇所:マタイ8章1~17節
説教題:キリストの王権の証明

要約(詳細は音声でご確認くださ)

山上の垂訓を終えて山を下りた所からこの箇所は始まります。神の国とその義を先ず求めることが
その教えの中心でした。その中には、謙ってキリストが必要だと認めることが含まれていると言え
ます。神の国の王はイエス・キリストです。この箇所では、キリストの王権を証明する出来事が記
されています。

1)キリストの王権は病と悪霊に対する権威を通して証明されている
   らい病の癒しは旧約聖書中にも二つしか例が無い稀有なものであり、モーセやエリシャとい
  う力ある預言者に関連付けられています。キリストがらい病人を癒したことは大きな意味が有
  りました。
   キリストの癒しは即座であり完全な回復であったことに神の力と権威の証明が有ります。

2)キリストの王権はその権威を求める者を通して証明されている
   百人隊長はローマ市民がなりますし、ユダヤ人を見下していましたが、この百人隊長は、所
  謂「神を畏れる異邦人」であったと思われます。イエス・キリストは彼の信仰を称賛されまし
  た。驚いたと訳された語には、称賛する、称賛の思いを持つという意味が含まれています。こ
  の百人隊長の信仰と、神の権威への理解を通して、証明としての癒しが行われました。
   ここでもキリストの癒しが即座であったことに神の力と権威の証明が有ります。

3)キリストの王権は聖書と預言によって証明されている
   17節はイザヤの預言の成就であることを示して締め括られています。聖書という特別啓示を
  もって、神はイエス・キリストを示しておられ、ナザレのイエスがメシアであり、救い主であ
  ることを明らかに示しています。
   負うという語は、取り去るという意味が有り、イザヤ書の引用は類語の繰り返し表現による
  強調表現です。私達のわずらい、病の最たるものは私達の罪です。それをキリストは十字架の
  贖いの業を通して取り去ってくださいました。
   数百年を隔てた預言の成就が神の権威の証明となります。
 

説教音声ダウンロード (mp3ファイルをダウンロードすることができます。
ダウンロード画面右上のダウンロードボダンをクリックしてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜礼拝 2018年5月6日 | トップ | 日曜礼拝 2018年5月20日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事