パース日本語キリスト教会

オーストラリア西オーストラリア州パースに有る日本語キリスト教会の活動報告を掲載いたします。

日曜礼拝 2018年4月22日

2018-04-23 17:05:16 | 日記
聖書箇所:レビ19:1~18
説教題:聖くあるということ

要約(詳細は音声をご確認ください)

 先週の聖書箇所でペテロが引用したのはレビ19:2でした。もう一度旧約聖書に遡って、聖くある
というのはどういうことかを確認していきましょう。

 先ずレビ19章全体の構成から確認します。「あなたがたも聖なる者でなければならない」という
神の命令の後に、具体的な規定が並べられています。そして、「わたしのすべてのおきてとすべて
の定めを守り、これらを行ないなさい。」という神の言葉で締めくくられています。すなわち、聖
い者であるためには、神の戒めを守ることだということが判ります。

 戒めの内容を確認すると、二種類の戒めに分類できそうです。一つ目は、3節から8節に表される
様に、「創造主なる神を敬い、愛する」ということです。二つ目は、9節から18節に表される様に、
「神に創造された仲間として、隣人を愛する」ということです。
 神を愛するということと、隣人を愛するということが大事であることは、イエス・キリストと律
法学者との対話の中にも述べられています。(マタイ22:34‐40参照)

 新約時代の聖徒である私達は、そこで留まってはいけません。更なる神の業、神の遣わされた方
であるイエス・キリストを救い主と信じることをしなければなりません。また、その教えである、
「神の国と神の義を先ず求める」ことをしなければなりません。

 私達は聖なる者になるという言葉のイメージや定義をはっきり確認する必要が有ります。それは、
純粋で罪や汚れの無い者になるということではありません。クリスチャンとして、聖なる者となる
三つのステップは、
 1)創造者である神を敬い、愛することを基本原則として行動を取ること。
 2)神に共に創造され、神の愛の対象である隣人を愛すること。
 3)イエス・キリストを救い主として受け入れ、信じることです。

説教音声ダウンロード (mp3ファイルをダウンロードすることができます。
ダウンロード画面右上のダウンロードボダンをクリックしてください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日曜礼拝 2018年4月15日 | トップ | 日曜礼拝 2018年4月30日 (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事