ピヨママの滝翼LIFE

滝翼は永遠です
滝沢さんが好きです
翼君が好きです
その他にも・・・

藤ヶ谷君のドンジュアンは

2019年09月19日 | Kis-My-Ft2

こんにちは

今日はお天気も気温もまずまず良い感じですね。

千葉県の停電件数がようやく3万件を下回りました。

お昼のニュースで知ったのですが、復旧作業には北海道から沖縄まで、全国から協力が寄せられているようです。

本当に大変だと思いますが、なんとか一日も早い全面復旧をと祈ります。

 

昨日、藤ヶ谷君主演の舞台『ドンジュアン』ACTシアター公演が無事千秋楽の幕を閉じたようですね。

おめでとうございます。

千秋楽の様子が知りたくて、ネットを見ていたのですが、ファンはもとより、共演者の方も、座長の、そして、主演の藤ヶ谷君を絶賛されていました。

ジャニ舞台と違って、今回の『ドンジュアン』はこの作品の為に選ばれたキャストで編成されたカンパニーです。

藤ヶ谷君はその座長なのですから、演者としては勿論、カンパニー全体のことを考えなくてはいけません。

どれほど大変だったでしょう。

本当にお疲れさまでした。

すぐに刈谷公演ですが、少しでも体と心を休めていただきたいです。

そして、皆さんお元気で、10月5日の大千秋楽まで頑張ってください。

 

さて、9月17日お昼公演『ドンジュアン』の感想です。

昨日もお話しした通り、ちょっとバイアスかかり気味なことはご承知おきください。

 

藤ヶ谷君のドンジュアンは、一言でいえば、「意外」でした。

私が予想していたよりも、はるかに、爽やかで、普通で、愛すべき青年だったのです。

私は今まで『ドンジュアン』を、子供のころのトラウマで闇落ちしてしまった「最上級のクズ男」ドンジュアンが、自分の犯した「愛を冒涜」するという罪を、「愛を知ること」によって自分の命で贖う物語だと思っていました。

けれど、藤ヶ谷君のドンジュアンは違ったのです。

「身分」「財力」「容姿」「強さ」においてハイスペックな青年が無敵のモテ男になり、うっかり最もメンドクサイ女性に手を出した後、迂闊にもフリーではない女性を本当に好きになってしまい、そのしがらみの中で身動きが取れなくなり遂には命を落とす、という「不運」な物語に見えました。

確かに、ドンジュアンはいつも女性に囲まれていますし、騎士団長を殺してしまいます。

でも、ドンジュアンが一方的な加害者とは思えませんでした。

大勢の女性たちはそんな状況を納得しているように見えましたし、騎士団長に至っては、先に相手が剣を抜いてますから、ドンジュアンにとっては正当防衛、100歩譲っても「決闘」で「殺人」ではありません。

そんな騎士団長の亡霊に呪われ、付きまとわれ、「婚約者のいる女性」との出会いをセッティングされるなんて、これは陰謀ですよ。

しかも、一方的に「騎士団長殺し」のレッテルを張られて、町中の人から非難の目で見られるのです。

ドンジュアンの災難は騎士団長だけではありません。

お父さんは理解者ではなく、自称友達のドン・カルロだって、どこまでも追いかけてきて説教がましいことしか言わない嫌な奴ですよ。

そして、母親は彼が幼いころに亡くなっています。

家族にも友達にも理解者は無く、周りにいるのはお取り巻きの女性たちだけ…。

藤ヶ谷君が演じるドンジュアンをつくづく可哀そうだなぁと思いました。

そして、こんな風な想像をしたのです。

もし私が初日に観劇したら「私だけはドンジュアンを理解できる」思い、「ドンジュアンを救ってあげたい」と願って、全ステしたくなるに違いない…と(笑)。

まあ、このチケ難ですから、無理ですけど。

最後、ラファエルと決闘するところは凄い迫力で手に汗握る感じでしたが、力で勝っているはずのドンジュアンが精神的にドンドン追い詰められていく様が良くわかり、ますます可哀そうになりました。

結局、ラファエルとの決闘に負けたというより、自ら選び取ったかのようにドンジュアンは死を受け入れます。

本来悲しいはずなのに、私はそれを見て、かえってホッとしました。

もうこれ以上、ドンジュアンが苦しむところを見なくて済むからです。

藤ヶ谷君のドンジュアンは、私にとって、愛すべき人間として生き、そして死を迎えました。

藤ヶ谷君の持つ透明感、直向きさが、舞台を支配した結果だと思います。

 

それにしても、藤ヶ谷君にとってこのお役は、エネルギーの消耗が凄く激しかったでしょうね。

最初は「チケットは売れるに決まってるのだから、公演期間をもっと長くしたら良いのに」なんて思っていましたが、シングルキャストでそれは無理かもしれません。 

だったら、再演はどうでしょう?

藤ヶ谷君の『ドンジュアン』って、今年限りですか?

可能ならば、何度も再演して欲しいです。

そしたら、梅芸会員に加えて、キスマイファンクラブでも申し込みますよ。

そして、演じるたびに違うドンジュアンを見せてくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

感想の前に

2019年09月18日 | Kis-My-Ft2

こんにちは

予報通り、雨になりましたね。

気温も昨日と比べると確かに下がっているようです。

けれどかなり湿度が高いのでしょう、快適という感じではありません。

 

千葉県の電力復旧作業は今日も続いています。

東電の情報を見ると、ここのところ停電件数が減少しなかった鴨川市に進展がありました。

とは言っても全面復旧の見込みは27日とのことですから、本当に大変です。

 

昨日観劇した『ドンジュアン』の感想を書きたいのですが、その前に、私にとっての藤ヶ谷君について、そして『ドンジュアン』という作品についてお話しさせてください。

私が藤ヶ谷君を最初に認識したのは、滝沢さんのソロコンDVD『2005 CONCERT~ありがとう 2005年 さようなら~』でした。

滝沢さんのバックについているジュニアの中では、他と被らないヘアスタイル、端正なお顔が目立っていて、非常に印象的だったのです。

ちなみにこの時お顔を覚えたのは、ほかに北山君と五関君だけでした。

その後しばらく、滝翼のバックにエビキスが付いてくれる時期が続きます。

ライブでも映像でも度々見たおかげで、すっかりお馴染みになり、気が付けばお名前も覚えていました。

滝翼魂での思い出としては、成人を迎えたのに、コンサートツアーに付いていてお式に出席できなかった藤ヶ谷君と河合君に、滝翼の二人から楽屋で使うバスローブがプレゼントされたことがあったのです。

その時、沢山の言葉と身振りで喜びを表す河合君とはテイストの違う藤ヶ谷君を見て、「意外とシャイ?それともクール?」と思いました。

次にはっきり覚えているのは『滝沢演舞城』で弁慶役を演じた藤ヶ谷君です。

まず、キスマイの中で弁慶役を振られるということは、特に「推されている」人なのだと思いました。

特に義経の終盤、立ち往生の場面では、弁慶のひた向きさがヒシヒシと感じられて毎回もらい泣きしてしまい、すっかり藤ヶ谷君の演技に魅せられたのです。

その後、キスマイ主演の『プレゾン』は観劇しましたし、キスコンにも何度か参戦し、『デビューコンサートツアーも』日本ガイシと東京ドームには行くことができました。

しかし、キスマイのファンクラブができた辺りから家族の都合でジャニ活動の縮小を余儀なくされ、不本意ながらご縁がなくなってしまったのです。

勿論、キスマイはテレビの露出が多いと知っていますけれど、日ごろあまりテレビを見ないので、キスマイというグループの記憶、メンバーそれぞれの記憶がデビューの時から上書きされることなく、今日まで来てしまいました。

 

一方、私にとっての『ドンジュアン』と言いますと…

まず、3年前にどれだけ頑張ってもチケットが取れなかったので、宝塚の『ドンジュアン』を生観劇したことはありません。

その代わりにDVDを購入して、CSの放映も録画しました。

しかも、望海風斗さんのファンですから、全体を見たのと同じくらいの回数、ドンジュアンの登場場面をピックアップして見ています。

 

つまり、ここ10年、藤ヶ谷君については全く知識がありません。

そのうえ『ドンジュアン』という舞台作品については、日本初演におけるドンジュアン演者の映像がかなり鮮明に刷り込まれている、という、非常に面倒な状態で観劇したのです。

 

そんなバイアスかかりまくりおばさんの感想ですが、良かったら聞いてください。

明日、更新します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

注ぎ込み過ぎ(笑)

2019年09月17日 | 滝沢秀明

こんばんは

日中は随分暑くなりました。

けれど明日はガクンと気温が下がるそうです。

この時期は夏の疲れも出てくるころでもありますから、よけい体調管理が難しいですね。

 

千葉県の停電は少しずつ規模が縮小しています。

けれど、我が家にご縁のある方面の復旧がなかなか進みません。

これから一週間のお天気は、雨の日が多い予報となっているので、猶更心配です。

 

今日は、待ちに待った藤ヶ谷君の『ドンジュアン』を観劇日でしたが、その前に、欲張って運転免許の更新も済ませ、終演後にはデパートでお買い物、と、非常に充実した一日でした。

ゴールド免許なので所要時間は短いと見込んで観劇前に行くことを思い立ったものの、実は視力検査に「裸眼」で通るかどうか、ちょっと心配だったのです。

結局視力の方はスンナリ合格したのですが、新しい免許を手にして愕然としました。

5年間の「加齢」っぷりったら容赦無いですね(泣)。

「誰?これ」と真面目に思いましたよ。

次の更新は5年後ですが、真面目に写真撮影が怖いです。

むしろ、眼鏡等使用になって、眼鏡をかけた方が良いかもしれません(真顔)。

 

とは言っても、免許更新のすぐ後に『ドンジュアン』が控えていましたから、落ち込む時間は凄く短かったですけれど。

本当、ありがとうジャニ舞台ですね。

 

さて、今日は『ドンジュアン』に私がどれほど「運を注ぎ込んだか」について聞いてください。

激戦だった『ドンジュアン』の当選に「今年のチケ運を注ぎ込んだ」と、昨日お話ししました。

けれど、どうも「チケ運」だけでは無く、「席運」も「演出家運」も注ぎ込んでしまったようです。

本日のお席はなんと、オペラグラスが要りませんでした。

オケピが無いので、まあ舞台が近いこと近いこと。

しかも、すぐ目の前で舞台に腰かけた生藤ヶ谷君を見ることができる、つまり、センター上手側、通路付近のお席だったのです。

 

おまけに、この舞台の演出家、生田大和先生とすれ違ってしまいました。

1幕が終わって楽屋に向かわれた生田先生とばっちりのタイミングだったようです。

その距離、1メートル以内でしたね。

見事にテレビや雑誌で見るのと変わらぬ感じでした。

 

でも…私が切にすれ違いたい、近くで見たい演出家は「滝沢秀明さん」なのです。

今年の春、『滝沢歌舞伎ZERO』に3回入って、いつも「この劇場のどこかに滝沢さんが?」ときょろきょろしていたのに、一度も拝見することは叶いませんでした。

それが、たった1度の『ドンジュアン』観劇で、演出家先生にばったり、ですよ。

 

やはり、どう考えても「運を注ぎ込み過ぎ」そして「使い果たし」ましたよね。

少なくとも今年分は(苦笑)。

 

と、愚痴っぽく書きましたが、その分非常に楽しかったので、明日、感想を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

注ぎ込む

2019年09月16日 | Kis-My-Ft2

こんにちは 

三連休の最終日です

昨日から雨が降り始め、日が変わっても晴天にはなりませんでしたね。

特に気になるのは千葉県のお天気で、雷注意報が広範囲に出ているのが心配でなりません。

停電件数は、TEPCO情報によると現在約78000戸だそうで、全面解消にはまだ遠いですが、確実に復旧が進んでいることはわかります。

そして、ずっと気になっていた台風16号は、昨晩発生したものの、日本にはあまり近づかず、早々に勢力が衰えて低気圧に変わるとのことですね。

ほっとしたと言いたいところですが、台風が来なくても最近は「線状降水帯」とか「積乱雲」に悩まされることが多いですから、安心はできません。

 

ところで、私事ですが、明日、いよいよ藤ヶ谷君の『ドンジュアン』を見に行きます。

観劇予定を立てた時は、当然第三希望まできっちり考えていました。

けれど、明日が私にとって「第何希望」だったのか、今は記憶がありません。

今回の梅芸会員枠の抽選は、いつものようにネットではなく、専用の特設電話番号にかけ、電話機のボタン操作で申し込んだからです。

先着ではなく抽選ですから、電話はすんなり繋がりましたが、凄く時間がかった(IP電話なので、当然電話代も随分かかってます)上に記録が残らず、本当に正しく申し込めたのかどうか、実感が無くて不安でした。

勿論、ちゃんと当選して手元にチケットがあるのですから、文句はありません。

ただ、明日って、よく考えたら千秋楽の前日なのですよね。

今更気付いてびっくりしました。

何故って、私の経験からして、けた違いに倍率が高い初日と千秋楽を除くほかの公演日については、初日付近より千秋楽近くの方が、チケットを取りにくくなる印象があるのです。

以前、『滝沢演舞城』で、何度観劇しても、早々にマイ楽が来てしまって随分寂しい思いをしました。

それが、『ドンジュアン』に限り、さらっと楽の前日の公演に当選したのです。

これって、私のなけなしのチケ運から考えると、相当な快挙ですよね。

つまり、「一体何回分の当選運を注ぎ込んだ?」と心配になるくらいです。

Snow Manの『サマパラ』も、北山君のグローブ座も、『ドリボ』も『少年たち』も、最近では『虎者』も…全部、この『ドンジュアン』と引き換えの落選だったのでしょうか?

とはいっても、今更当落は変わりません。

折角ですから、一点豪華と言って良い、『ドンジュアン』観劇を100%楽しもうと思います。

そのためには、完璧な準備が必要ですよね。

まずは、藤ヶ谷君のWS映像を見て、ネットで最近のネタバレ探しをしましょう。

そうそう、宝塚の『ドンジュアン』も見て、予習しなくては(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

ほぼ

2019年09月15日 | A.B.C-Z

こんにちは

やはり、最高気温が30度を超えると暑さを感じますね。

数日前の気象情報によると、この連休には台風16号が日本の南にに近づいて、関東は荒天になるという予想でした。

けれど、いまだに台風16号は発生していないようですね。

お天気の予想が良い方に外れてくれてありがたいです。

停電については、ますます全面復旧の予測が先に延びました。

でも、停電情報をこまめに見ていると、少しずつ地域や件数が減っていることがわかります。

懸命の作業が続いている間、本当に台風には発生して欲しくありません。

 

今日はふぉーゆーのお話です。

今回の『ABChanZOO』のゲストはふぉーゆーでした。

11月に『放課後の厨房男子』を見に行く予定ですから、今の私にとって非常に嬉しいゲストです。

ふぉーゆーのことをほとんど知らない息子に「絶対面白いから、ふぉーゆーに間違いはないから」と熱烈プレゼンをして、一緒に見ました。

結果、私が満足しただけでなく、息子も大笑いで凄く楽しかったです。

が、紹介の時「ほぼ同期」と言われて、びっくりしました。

「そんなこと、考えたこともなかった」からです。

慌てて調べてみました。

あ、ジュニア名鑑はまだ買ってないのでさくっとwikiです、すみません。

そしたら本当に、「ほぼ同期」というか、ふぉーゆーよりキャリアの長い人はえびさんには一人もいないのですね。

そして、ふぉーゆーはお名前に「ゆう」が付くだけでなく、生まれも入所も同じ年なのだと知って、さらにびっくりしました。

なんという、運命の元に引き合わされた4人なのでしょうか?

ふぉーゆーと言えば、最初は翼君のソロコンについているダンスの上手な人たち、という認識でしたが、そのうち『滝沢演舞城』になくてはならないメンバーになりました。

いまでも、浜松屋の場面で、ちびっこジュニアを上手くリードして場をキッチリ締めるふぉーゆーの頼もしさを思い出します。

ダンスだけでなく、和物も、演技もできて、笑いも取れる、ハイスペックな人たちですよね。

さて、そのふぉーゆーをゲストに迎えて、番組はやはり対決スタイルで進行しましたが、すべての種目で引き分けでした。

「ほぼ同期」は対決種目の、演技力、アドリブ力、記憶力すべてにおいて、「ほぼ同じ」ということでしょうか?

ただ、番組がかかっていますから、河合君裁定でえびさんの勝利ではありましたが(笑)。

それにしても、ふぉーゆーは舞台を年間180公演も務めているのですね。

舞台があれば、当然お稽古期間もあるのですから、凄い忙しさだと思います。

何かというと、有給だリモートだと会社に行かない息子は「180公演!?」と真面目に驚いていました。

もう一つ、驚いたことがあります。

私、正直ふぉーゆーにはここ数年まったくご無沙汰していました。

でも、久しぶりに見た彼らのビジュは、時間が止まったかのように不変だったのです。

wikiでしらべて彼らの年齢を知ってしまった今も『放課後の厨房男子』に違和感は全くありません。

忙しい彼らを地上波で見ることができて、ラッキーでした。

やはり『ABChanZOO』は最高ですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

開けられない

2019年09月14日 | 滝翼

こんにちは

今日は土曜日、三連休の初日です。

息子は、昨日リモートで家に居ました。

そして、今日から「夏休みの後半」と称して10連休だそうです。

今年の8月は去年より会社に行く回数が随分多い、と思っていたら、こんな計画だったのですね。

とは言っても所属が変わって以来、海外出張は無いものの、曜日、時間を問わずに仕事の連絡が来るらしいです。

おかげで、家の中にいてもスマホを手放せなくなりましたし、休みの日だからと言って、100%仕事から解放されることもなくなりました。。

 

台風15号が来てからそろそろ一週間です。

千葉県の停電は、完全復旧までにまだまだ時間がかかるそうですね。

特に南の方は、復旧作業が困難を極めているようです。

素人が考えても、倒木に関しては、電力会社の管轄でないように思いますから、もっと大規模にみんなの連携と協力が必要なのでしょう。

今回私は初めて「返礼なしのふるさと納税」をしました。

県ではなく「市」に直接寄付がしたかったのです。

 

ところで、うちには今、届いたばかりの滝翼CDと滝沢さんのBlu-rayがあります。

一昨日、昨日と続けて我が家にやってきました。

滝沢さんのBlu-rayとは、勿論『孤高のメス』で、先着特典として、B6サイズのクリアファイルがついています。

この先着特典が付いているか否かで、随分お値段が違うようですね。

さて、このクリアファイルはBlu-rayのジャケ写と同じ、浅く腕組みした白衣の当麻先生です。

ここのところ、パソコンを開けるたびにバナー広告でお目にかかった滝沢さんと同じお写真ですから、「見慣れた」感満載のはずですが、やはり、ディスプレイで見るのと手元あるのとは大違いですね。

手に取ったり、よく見えるところに飾ったりして凛々しいお姿を楽しんでいます。

一方、滝翼CDはデビュー記念日にネットで注文した『To be,To be,Ten made To be』です。

ここまでは良いのですが、ここから先のハードルの、なんと高いのでしょう。

実は、まだどちらも開封していないため、本来の用途、ディスクとして楽しめていません。

特に『To be,To be,Ten made To be』は開封できない『Thanks Two you』の代わりに買ったのに、ダメダメではありませんか。

私、ラストアルバムについては「これが最後だと認めたくない」から開封できないのだとばかり思っていました。

でも、実際は違うようです。

本心は、そっと未開封で取っておきたいのかもしれません。

もうこうなったら、度重なる引っ越しで所在が分からなくなっている、滝翼モノを一斉捜査して、全部リリース順に整理整頓してみるしかないかも、ですね。

流石に、既に何度も見たり聞いたりしたディスクだったら安心して視聴できるでしょうから(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

あれから1年

2019年09月13日 | 滝翼

こんにちは

暑くない、むしろ涼しい一日になりそうですね。

 

相変わらず、千葉県では停電が続いています。

確実に停電件数は減ってきていますが、まだ20万戸近くに電気が送られていません。

復旧作業が遅れているのは、想定外に多かった倒木の撤去が主な原因だそうですね。

千葉は、東京のお隣なのに、海も山も近くて自然に恵まれたところです。

その自然が、台風によってダメージを受け、停電の復旧作業の邪魔をしているのですね。

なんとも皮肉なことで、言葉もありません。

千葉県には以前から、本当によくお世話になっています。

近いところでは、舞浜。

また、泊りがけでは、空気が良くて、海の幸、山の幸が美味しい南房総に、アトピーが酷かった息子を連れて、何度も何度も行きました。

一番多い時(息子のアトピーが最もひどい時)は、1年に8回くらい行ったはずです。

その頃毎回のように泊まっていた宿で、停電の被害に遭われた方たちの為に、お風呂の無料開放と炊き出しサービスをされている様子が、テレビで紹介されました。

息子が大人になってからは久しく訪れていませんので、スタッフも随分変わられたと思います。

でも、宿の、人に対する優しさは今も変わらないのですね。

当時お世話になった方たちのお顔を思い出しながら、映像を見ていました。

 

そして、今日は9月13日です。

滝翼ファンに、今更どうしようもない、悲しく寂しい決定が突き付けられたあの日から、丁度1年経ちました。

もともと、夏の終わりから秋の初めが大の苦手な私です。

それに加えて今年は特に「デビュー記念日から9月13日辺りは落ち込むに違いない」と思っていました。

ですから体調不良を見越して、今週は何も予定を入れていません。

家で、滝沢さん最後の主演ドラマ『孤高のメス』Blu-ray BOX のお届けと、滝沢さんがプロデュースされる舞台『虎者』の当選をひたすら待っていたのです。

確かに、Blu-ray BOXは届きました。

ちゃんとフラゲできて満足です。

けれど『虎者』については、望んでいない落選メールが届いてしまいました。

予想していた寂しさよりも「滝沢さんの作る舞台を見られない」ショックの方が痛かったです。

これって、つまり、私も「過去ばかりに頼らずに生きている」証拠かもしれませんね。

やはり、未来とか希望は必要ですよ。

しつこいですが、ジャニに「滝沢プロデューサファンクラブ」を作ってもらえないでしょうか?

とりあえず、チケットの枠と近況のわかる会報で満足ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

がっくり

2019年09月12日 | その他ジャニーズ

こんばんは

幾分暑さが和らぎましたね。

近くまで外出したのですが、快適に歩くことが出来ました。

しかし、停電の復旧作業は予想以上に難航していますね。

ニュースではいまいち細かい数字がわからないので、随時東電の停電情報を調べているのですが、ようやく半分近くまで復旧できたようです。

千葉県は距離的には勿論のこと、以前から何かとご縁があって身近に感じているだけに、心配でたまりません。

それは旦那も同じで、被害の映像とグーグルマップを重ね合わせては心を痛めています。

この季節、台風は次々発生するはずですから、本当に、一日も早く全面復旧が叶いますようにと心から祈ります。

今日は9月12日、トラジャの『虎者 NINJAPAN』の当落発表でした。

結果は、安定の落選です。

私だけでなく、お友達も、ですから、本当に一度も見に行けません。

こうなったら、真面目に南座遠征を考えて、歌舞伎会を頑張ってみましょうか。

でも、電話がつながるでしょうか。

『滝沢歌舞伎ZERO』の歌舞伎会申し込みは夕方になってやっと電話がつながり、その時には平日の3階の花道の上のお席しか残っていませんでした。

遠征するなら、やはり週末じゃないとまずいし…週末はすぐに完売してしまうでしょうし…(ゴニョゴニョ)。

家族と相談して、よく考えてみます。

滝沢さんプロデュースの舞台は、なんとしても見たいですから。

 

それにしても、『ドリボ』も『少年たち』も『虎者』も、ついでに宝塚のツアーも全滅して、11月のカレンダーは予定がスッカスカになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

記念日に

2019年09月11日 | 滝翼

今日は9月11日

滝翼のデビュー記念日です

2002年のデビューから今日で17年回目となりますね。

出遅れではありますが、滝翼ファンになってから、毎年、この日は「デビュー」を祝ってきました。

滝沢さんのお誕生日を祝い、翼君のお誕生日を祝い、そして、デビュー記念日を祝う。

これが、私の滝翼年中行事だったのです(入所記念日はイマイチピンと来てなくて、すみません)。

それが去年からは、記念日に変わりは無くても「おめでとう」とか「何周年」と無邪気に祝える日ではなくなりました。

特に去年を思い返すと、今でも気持ちが波立ちます。

2018年の9月11日は、滝翼にこれといった動きが無いことを寂しく思いながら過ごしました。

実際は前日に解散していたのですよね。

その点、今年はある意味平和です。

失う物がもうないですから。

とは言っても、まだ最後に発売されたベストアルバム『Thanks Two you』を開封して聴くことができません。

「最後のアルバム」を開くときは、次が無いことを完全に納得できた時なんでしょうね。

我ながら、頑固というか、融通が利かなくて困ります。

でも、本当は滝翼が恋しくてたまりません。

というわけで、「デビュー記念日」の記念に、滝翼のCDを買おうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

新弟子の働きぶり

2019年09月10日 | 滝沢秀明

こんにちは

今日も絶好調に暑いですね。。

まだ停電が復旧していない所が多いのに、夏本番かと思うこの暑さは、台風の置き土産としても酷すぎます。

復旧作業を担当している方達は勿論全力を尽くされているはずですが、この陽気の中、電気無しで過ごすのは、不便を通り越して危険ですよね。

11時配信のニュースによると、未だに60万戸を超える規模で停電が続いているそうです。

鉄塔の倒壊があったことが事態を深刻にしているとのことですが、本当に一日も早く全面復旧が達成されますようにと願います。

 

昨日は『八王子リフォーム』新弟子編を見ました。

ワンボックスカーを高級ホテルテイストのキャンピングカーにリフォームするのが今回のオーダーです。

車のリフォーム、なんと斬新な企画でしょう。

それでも棟梁は動じることなく、勝算ありげでした。

ヒロミさんは凄いですね。

で、新弟子のジェシー君は「新人類」とか「上から」とか言いたい放題言われてましたが、大丈夫ですか?

あまりSix TONESを見たことが無いので、私はジェシー君のキャラとメンタルの強弱が良くわかりません。

『少クラ』などを見る限り、メンタルが強くて、常にポジティブなのは、ジェシー君と森本君とのことでしたが。

そんなジェシー君は、実際作業が始まると、確かに手つきも物覚えもなかなかで、「さすが滝沢さんの人選」と思いました。

その中でジェシー君の可愛さを感じたのは、ヒロミさんと二人で木材を持ちたがるところです。

体格の良い二人が一つの木材、しかも、たいして大きくも重たそうにも見えない物を一緒に持っている様子が非常にハートウォーミングで、ジェシー君の人懐っこさを感じることができました。

通常枠でのオンエアでしたから、今回のリフォームは前後編になっています。

来週、どんなキャンピングカーが出来上がるのでしょうか?

楽しみです。

滝翼ファンとしては、ジェシー君の作業中に使われるバックミュージックが相変わらず『VENUS』で、嬉しくなりした。

ところで、この現場に滝沢さんは同行されたのでしょうか?

なんてことを考えながら見るのも楽しかったです。

 

ただ、自分自身、昨年の台風でその不便を経験しただけに、現在も続いている停電が気になって、イマイチ番組に集中できませんでした。

「作業中の車内の気温32度」と言われても、「大変」とは思いませんでしたものね。

やはりジャニを楽しむためにも、平和な日常が何よりありがたいのだと、痛感したのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

プルプルアイドル

2019年09月09日 | A.B.C-Z

こんばんは

台風は大きな爪痕を残して海上に抜けましたね。

計画運休からの復帰も、なかなか予定通りにいかず、今日出勤されたかたは本当に大変だったと思います。

旦那は、頑張っていきましたが、職場がガラガラだったとかで、お仕事の実質的スタートは遅く、したがって帰りも遅くなるようです。

息子は、元気にリモートでなんの苦労もしていません。

むしろ「低気圧のせいで頭が痛い」などと言っていました。

それにしても、東京は今日、この夏一番(まだ夏だったのですね)高い最高気温だったそうで、この後もまだまだ暑さは続くとのこと。

そんな中、停電件数が多くてびっくりしました。

この暑さで停電してしまったら、どれだけ大変でしょうか?

体調を崩される方も多いと思います。

そういえば、息子の「頭痛い」は暑さのせいでしょうか?まさか・・・

 

それでも、二人で楽しく『ABChanZOO』は見ました。

先取企画か無理やり企画かわかりませんが「プルプルカラオケ」と「ノーリアクションキャスター」と「ムカデ大縄跳び」と、素晴らしく統一感のない素敵なラインナップでしたね。

まず、塚田君は流石の筋肉です。

それにしても、懸垂しながら歌を歌えって、だれの発案でしょうか?

息子は、今更のようには橋本君を見ながら「歌上手いね」と感心していました。

そして、「ノーリアクションニュースキャスター」はお約束のハプニングに、これまたお約束のリアクションでしたが、それでも面白いのですから、やはりエビさんたちはバラエティスキル、高いです。

普通に原稿が読めない塚田君とか、自分の番は勿論、人のハプニングにも過剰反応する河合君とか…。

最後までしれっと原稿を読み通したのは、やはり五関君でした。

特に、みんながビビった田ガメを冷静に見つめる表情がおかしくて、大爆笑ですよ。

なぜか先輩からも「君つけ」で呼ばれているらしい五関君ですが、こんな風に、どんな時も冷静で頼りになる、からでしょうか?

「ムカデ大縄跳び」は面白いというよりも、えびさんたちがいつもどうやってハードルやタスクをクリアしているのか、垣間見ることができたように思いました。

今日、私的に一番のヒットは、懸垂しながらアイドル顔を見せ続けた戸塚君です。

さすが、ピンク、と思いました(笑)。

来週のゲストはふぉーゆーですね。

テレビで見るのは凄く久しぶりなので、今から楽しみです。

 

 

 

 

 

コメント

台風一過のジャニ

2019年09月09日 | その他ジャニーズ

おはようございます

台風15号は、ついに955hPaまでパワーをため込んで関東にやってきました。

一応、テレビで教えてくれた「事前の備え」に従ってハザードマップを調べ、浸水被害の危険エリアでないことを把握し、勿論飛びそうな物は昼間のうちに片付けたのです。

そして「心配なのは停電だけ」と思い、家族みんなに飲み物を配り、「間違っても夜中に冷蔵庫を開けないように」と申し合わせ、「雨風の音で寝られなくなるかもしれない」に備えて早寝しました。

一寝入りしたら妙に元気になって、テレビの台風情報を見始めたのです。

暫くして、テレビの音をかき消すような雨音に加え、風がうなり始めました。

もう、絶対寝てなんかいられません。

次々に「観測史上最高の風速」の情報が入ってくるのですから、屋根くらいは飛びそうな気がしてきました。

そうなると、心配なのは、停電よりも「家」です。

結局、力尽きるまでテレビを見て、最後は寝落ちですよ。

それから2時間くらいでしょうか、気付けば外は明るく、雨も止んでいました。

後で分かったのですが、うちの方は雨風がそう酷くなかったようです。

それでもあんなに怖かったのですから、本当に台風は恐ろしいと痛感しました。

まだまだ力を維持したまま台風15号は関東を東北に進んでいます。

上陸しても衰えないなんて、ルール違反じゃないですか?

せめて雨雲だけでも軽くなっていてほしいと思います。

 

さて、ジャニについてですが、情報局から嬉しいメールインフォが来ていました。

昨日届いていたのでにノーチェックで、先ほど気付いたのです。

本日9月9日、同じ時間帯に、深澤君がテレ朝、ジェシーは『有吉ゼミ』に出演なのですね。

早速しっかり録画予約しました。

『有吉ゼミ』は前回ミスってしまったので、これからは毎週予約です。

そして明日は久しぶりに『トリニクって何の肉?』がありますね。

メールインフォで七五三掛君の出演は分かっていましたが、番組ページを見たらデビュー組からは八乙女君が出演でした。

七五三掛君って、どら焼きを食べて「パンケーキみたい」と言った人ですから、期待値高めでお待ちしましょう。

今日明日と、まずはテレビでジャニを堪能したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

男の隠れエイター

2019年09月08日 | 関ジャニ∞

こんにちは

台風15号は本当に関東を直撃しそうですね。

しかも、凄く勢力を増した上での襲来です。

とりあえず、ベランダにある軽量の物は他所に移しました。

夜中のうちに通り過ぎてくれれば良いのに、と思ったり、夜中に何か起こったらどうしよう、と気になったり、とにかく落ち着きません。

リモートという受け皿が用意されている息子と違って、旦那は出勤しなければなりませんから心配です。

テレビでは、「2020オリンピック、パラリンピックを台風が直撃したらどうするのか」を語り合っていますが、そもそも、招致の時、其処らへんは検討されたのでしょうか?

 

ところで、先日「我が家の男子にはA.B.C_Zの評価が高い」と書きましたけれど、人気グループがもう一つありました。

それは、エイトです。

旦那は、関西人だからか、エイトのことをデビュー前から知っていました。

しかも、結構気になっていたらしく、私はまったくノーチェックだったのに『裸の少年』をちゃっかり見ていたのです。

最近ではせっせと『関ジャム 完全燃焼SHOW』を録画しては、大喜びで見ていました。

ちなみに、松岡君が出演する、飲み番組もお気に入りですね。

一方、息子ですが、私の「滝沢さんと滝翼好き」が凄いので拒否る勇気もないらしく、好き嫌いを何も言いません。

でも、その他のグループについては、「コンサートに参戦するか否か」で好感度が分かります。

息子が滝翼、滝沢さんのソロコン以外で私に付いてきたのは、エイトでした。

あれは、『パズルコン』だったと思います。

村上君に「男のエイター!」と呼びかけられて、「オー!」と応えてから、「そうでもないけど・・・」と照れていたことがありましたっけ。

結局、よく笑ってたし、大きな声で一緒に歌っていましたから、エイトコンは楽しかったのでしょう。

今回の事でも、旦那、息子、ともに錦戸君のことを惜しんでいます。

ここのところ、お休みの日は3人で『ABChanZOO』を見るのが恒例になっているのに、今日は息子が「エイトが見たい」と言い出して、『関ジャム 完全燃焼SHOW』になりました。

そして、番組とエイトの今後を心配しています。

ジャニーズで男子の好感度も高いのですから、これこそ国民的アイドルですよね。

 

「うちの男子のお気に入りグループ」に、今以上の明るい未来が待っていますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

観劇予定の見込み

2019年09月07日 | その他ジャニーズ

こんばんは

今日も暑かったですね。

本当に台風15号は関東にやってくるようですね。

しかも、海からダイレクトに、です。

明日の夜から明後日の朝にかけてがピークとの事。

そうなると、去年のことを思い出します。

東京で沢山の停電がありましたね。

ウチも見事に停電したのです。

しかも、真夜中に。

停電になると照明、エアコンは勿論、トイレまで止まってしまうことを学習しました。

15号は最初の予測を上回って随分強力な台風になっているそうですが、どうか何も起こりませんように。

で、息子は「雨が酷ければリモート」とか言ってまして、旦那に羨ましがられています。

 

ところで、私の落選街道にはまだ行き止まりが無いようです。

ジャニも宝塚もまあ落ちること落ちること…

おかげで、観劇ペンディング予定でビッシリだった、11月のスケジュールが良い感じで空いてきました。

これで、トラジャに全滅でもしようなら、11月のジャニ観劇はふぉーゆーと林君出演の『天使にラブソングを~』だけになってしまうではありませんか?

勿論1カ月に2公演は悪くありません。

しかし、本当に沢山落選したので、メンタルズタズタなのです。

「こんなことなら無理目の大阪遠征など企てず、優馬君の舞台を申し込んでおけばよかった」と後悔してももう遅いですよね。

と、思っていたら、そうでもありせんでした。

今日7日から優馬君の舞台『地球防衛軍 苦情処理係』の一般発売が始まったのですね。

早速購入しましたよ。

公式サイトまで行ったら、動画があって、凄く面白そうでした。

これで、11月のジャニ観劇は3公演まで確保できました。

さて、問題はトラジャです。

当落発表の12日が怖くてたまりません。

とにかく、心を強く持って待ちましょう。

それにしても、台風は心配です。

 

コメント

だって心配

2019年09月07日 | 滝沢秀明

こんばんは

やっと土曜日になりました。

一週間って、時間は勿論一定なのに、長かったり短かったりしますよね。

大体、楽しい時はあっという間に過ぎ、そうでない時はなかなか日が進みません。

今週は、長く感じた一週間でした。

怖くて飛行機に乗れない私は、飛行機に乗る必要があるところに行けません。

ですから、ジャニ遠征も殆どが本州止まりで、博多に数回行ったのが精一杯です。

往復新幹線利用でその都度ぎっくり腰になりましたから、結構体を張っての博多遠征でした(苦笑)。

もし、飛行機にスイスイ乗れたなら、北海道も沖縄も、それに『滝沢歌舞伎』のシンガポール公演だって、行けたはずです。

自業自得とは言っても、私は相当人生を狭く、つまらなく生きてますよね。

そんな私は、家族が飛行機に乗るのも心配で心配でたまりません。

息子が海外出張の多い部署にいた時は、もう大変でした。

やっと配転になって、海外出張どころか国内出張も無し、なんなら、リモートで会社にすら行かなくて良い職場環境に変わって、一安心です。

とは言っても、別にそばにいてほしいわけではないので、リモートには迷惑していますが。

ところが、今度は転職した旦那が出張三昧になりました。

で、今週も出張で、行き先が北海道だったのです。

たった一泊でも、果てしなく長い2日間に感じましたし、加えて出かける前から心配でチリチリしていましたから、結局辛い思いの多い一週間でしたね。

で、つくづく思うのです。

ジャニーズアイドルのお母さんは本当に大変だなと。

はっきり言って、私なら無理です。

だって「YOU〇〇しちゃいなよ」の一言で、アッという間に海外に連れて行かれてしまうのですよ。

もちろん、それはジャニーさんだからこそで、これからは違ってくるのでしょうけれど、どのみちフットワークは軽くないとチャンスを無駄にしますよね。

そんな風に心配させる人の突き当りにいるのが、滝沢さんです。

お仕事で飛行機に乗るのは勿論、スカイダイビングとかバンジージャンプとかスキューバダイビングとか、大好きじゃないですか。

「火山探検家」として、世間に認知される程の実績も残されています。

もちろん、滝沢さんのことは全面的に、支持、応援していますが、心配は止められません。

座長公演だって、本音を言えば「そんなに危ないことをしてくれなくても、喜んで見に行くのに」と思っていました。

私、日生劇場で『将門』を演じられた時は毎年、将門塚と神田明神にお参りに行ってましたから。

そう考えると、非常に寂しいけれど、芸能人を引退されてからは忙しくて、「危ないこと」に挑戦する時間が無さそうで、ちょっと安心しています。

ただ、今度は「忙しい」が限度を越してそうで、心配なのですよね。

せめて運転手さんを頼んで、移動の時間くらいは仮眠をとれる、とかしていただけないでしょうか。

まあ、大きなお世話なのでしょうけれど(苦笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント