父ちゃんまたね!

2007-06-18 01:19:34 | 日記
姉ちゃんのブログ参照、そして、以前、自分のブログでもちょいと触れたりもしたのだけれど、父ちゃん、現在、ハワイアンバンドでバリバリに頑張って活動しているんですね。



父ちゃんとは毎年、元旦、近所の神社に二人でお参りに行く習慣がありました。
ぼくがまだ赤ちゃんの頃から(さすがに記憶はないけど)、大学卒業まで。

今でも覚えているのは、高校時代のとある元旦、神社へ向かう道すがら、ぼくに、将来は堅く、安定した職業に就いて欲しいと切望していた父に、“オラはプロミュージッシャンを目指したいんじゃ!”の意志を告げるべく、その前フリとして、「父ちゃんには若い頃、夢とかってなかったの?」と尋ねたところ、父ちゃんに若干遠い目をされつつ、「それどころじゃなかったなぁ、食っていかなきゃいけなかったから。。。」なんてポツリと呟かれたりなんかして、ぼくは父ちゃんが早くに両親を亡くして、鬼のように貧乏していたことなんかを知ってはいたりもしたから、先述の、“オラ、プロミュージッシャンを目指したいんじゃ!”を上手いこと切り出せなくなっちゃって。。。みたいな思い出ですね。

結局のところ、ぼくはなんだかんだと理由をつけては大学卒業後も北海道生活を続行、ヤコゼンを結成、ガンガンに活動をして、東京進出により、やっと関東に帰って来たかと思えば、“父ちゃん、母ちゃん、報告が遅れましたが、プロミュージッシャンになりました”みたいな、卑劣な手段を用いるに至ったのでした。

序盤は、なんじゃそりゃ!聞いてねーぞ!ってな感じではありましたが、しばらくすると、なにやら熱心に応援し始めてくれましたですね。近所や会社の仲間達に宣伝してくれたりね。

父ちゃんがかつての職場の仲間達とかつて組んでいたハワイアンバンドの活動に再び熱を入れだしたのはちょうどそんな時期からでしょうか。

何度か観に行ったなぁ。家族の為にバッキバキに働いて、そして、ぼくに夢を見させてくれたゴッツゴツの両手が、意外や意外、スチールギターの上、軽やかに跳ね回っておりましたね。

写真は、クソ真面目でクソ几帳面。超無口。頑固。短気。なのに顔は赤塚不二夫先生に酷似。というなんともカラミづらい父。が、こんな柔和な表情を見せるとはなぁ。という一枚(上段のセンター)。父ちゃん、楽しんでるんやね。頑張れよ。

アロハシャツ返して。



長々とメンゴ。おやすーみ。




ではまた!



コメント (7)   この記事についてブログを書く
« で、 | トップ | そんなものに私はなりたい。 »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お父ちゃん! (かず)
2007-06-18 01:25:19
いい顔してますね!!



なんだか私もたまには父とゆっくり話がしたくなりました。
素敵なパパりん(^ω^) (なみ)
2007-06-18 01:26:02
素敵なお父様ですね。てか楽器ひけるお父様ってのがすごいですよね?なみのパパはもっぱら釣りっス。

息子さんが音楽で生きてく事を決めて、心配しつつもやっぱり応援していつでも味方になってくれるのは親ですね。素敵なお父様(^ω^)

ピストルさんもお疲れ様です。おやすみなさいませー
アロハ (ターボ)
2007-06-18 08:07:04
気に入ってくれたっぽいですね

絡みずらくとも話せるうちに沢山話しておく方が良いですよ



経験者は語る

俺、頑張ろ

これぞ男ぞ! (カツヒコ)
2007-06-18 10:10:36
「それどころじゃなかったなぁ、食っていかなきゃいけなかったから。。。」
…家族の為にバッキバキに働いて…
…クソ真面目でクソ几帳面。超無口。頑固。短気。

大きな大きなお父さんです!
かくありたい・・ (あもはる)
2007-06-18 11:33:07
ステキなお父さんですね。
一緒に写っている方々の笑顔もステキです。
親子 (梨絵)
2007-06-18 12:31:56
素敵なお父上。



なんだかんだ言いつつも自分も夢見たであろうミュージシャンになった息子を誇らしく思ってるでしょうね。



うちも貧乏の中の貧乏を経験しつつひどく短気&ワガママ(笑)な親父に小さい頃はボッコボコに殴られ続けたもんですが今では家族で一番あたしらが仲良いんじゃないか?みたいな関係になってます。



歳とるとより偉大さがわかりますね。
Unknown (なつ)
2007-06-18 19:08:26
いい写真だなぁ。年をとって人生楽しんでらっしゃる方ってすごく輝いてみえます
うちはあまり父親とうまくいっておらず・・
いつかもうちょっと大人になれたら和解できるのかなぁなんて思っています。

日記」カテゴリの最新記事