おえかきたいかい IN 函館 作品発表会 閉会

2011-01-02 17:11:17 | おえかきたいかい IN 函館
以上、おえかきたいかい IN 函館の全参加者の全作品でした。最初に書き忘れましたが、作品のテーマは、“函館の魅力”です。

性能悪しのケータイのカメラでの撮影ですから、作者に不本意な調子でもって映ったかもしれません。
また、名前を出していいやら悪いやらの確認のとりようがなく、エントリーNO.〇〇さんという書き方となってしまい、大変失礼致しました。
ご理解いただけましたら幸いです。

開催から一ヶ月ほどの時が流れましたが、絵を見ただけで、描いた人の顔がぽこんと浮かんできて、あんなこと話したなぁってぽこんと浮かんできて、なんだかとても懐かしい気持ちになりました。
それだけ自分にとっても、豊かな時間を過ごさせていただいたのだと思います。

作品達につきましては、手元に置かせていただきたい気持ちで一杯だけれど、せっかくそれぞれ、あれだけの一生懸命の作なわけだから、やはり作者にお返しさせていただこうと思います。
また、参加賞のスケッチブックがもりもり余っておりまして、かと言って、参加して下さった皆さん以外の人の手に渡すのは主催として違うなと思ったりもしまして。だもんで、ご迷惑かもしれませんが、もう一冊ずつ受けとってやって下さい(笑)

全国あちこちしている身ですから、全国あちこちでこんなことできたらなぁって思います。また良きタイミングがありましたら、是非開催させていただこうと思います。

最後にもう一度、ご参加、ありがとうございました!


竹原ピストル

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 16:54:41 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.19さんの作品。
『はこだて、何もないっけさ』

静かな静かな風景画の空に、“はこだて、何もないっけさ(函館出身者は、一度は言ったことのあるセリフ)”というフレーズが飛んでいます。
こうして作品達を見てみると、函館出身、函館在住の方、函館に移り住んできた方、まったく他の街で生まれ育ち暮らしている方、それぞれの函館観があるのだなぁ、と、とても興味深く思います。ちばの方が何もないっけさ、と思っているぼくにとっては、函館は魅力溢れるあれこれが盛り沢山な街だよなぁ、って思います。


ご参加、ありがとうございました!

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 16:42:04 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.18さんの作品。

NO.16さんの娘さん。妹ちゃん。
完成したこの絵を提出するやいなや、参加賞のスケッチブックにもう新しい絵を描きはじめていました。これからもたくさん絵を描いてみて下さいね。
アピールタイムではお母さんにフォローしてもらいつつ、ポイントは花火だと発表してくれました。雪の季節に、ぱかっと空を明るくしてくれるような、とても素敵な絵です。


ご参加、ありがとうございました!

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 16:35:06 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.17さんの作品。

NO.16さんの娘さん。お姉ちゃん。
おえかきタイム終盤、かなーり眠そうにしていて、おい、がんばれ!もうちょいだ!とハッパをかけたりしたのだけれど、バッチリこんなにかわいらしい絵を仕上げてくれました。こんな通りを散歩したらきっととてもわくわくするでしょう。そんな、わくわくするような素敵な作品です。
夢を叶えて、バレリーナになれますよう!応援してるぞ!


ご参加、ありがとうございました!

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 16:29:25 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.16さんの作品。

娘さん二人を連れて参加して下さったお母さんの作品。
函館の夜景。
濃いめの色づけで力強くぐりぐりと色の帯が重なっており、しかし、よく見ると、薄く、小さく、かわいらしく、黄色い星がちりばめられている。それでいてしかし、最終的には極太文字でやはりイカをがっちり推してくるあたりに、函館の母の繊細と逞しさを感じます(なんだそりゃ、わけわからん感想ですいません。笑)。


ご参加、ありがとうございました!

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 16:20:39 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.15さんの作品。

このように写メでしか紹介できないのが残念で仕方がないくらい、細かく丁寧に、いろんなところにいろんな人物が描かれている作品です。熊切監督を始め、『海炭市叙景』に出演している方々、スタッフさん、函館の皆さん。。
函館の魅力は“人”だ、と、そんな粋なメッセージが込められている、粋な作品です。


ご参加、ありがとうございました!

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 16:12:34 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.14さんの作品。
『烏賊喰ったか?』

さすがは函館。かなりのイカ率(作品中にイカが登場する率)の高さなのですが、中でも一番豪快で勇ましいイカの絵はこの作品でしょう。函館絵画展で諸々をコーディネートしてくれた友達の絵。


ご参加、ありがとうございました!
それから、いろいろお世話になりました、また飲もう!!

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 16:05:31 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.13さんの作品。
『I LOVE HAKODATE』

函館絵画展について、諸々コーディネートしてくれた友達の奥さんの作品。
まーとりあえずやってみるよー。ぐらいの感じを醸し出していた割に、繊細でキュートな色づかい、そして唯一、額風の外枠が付いている素敵な作品を仕上げてくれた。
また酒のもう!


ご参加、ありがとうございました!

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 15:56:41 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.12さんの作品。
『引越してきて、驚いたこと』

NO.11さんのお母さんの作品。
タイトルのそのまま、NO.12さんが函館に引っ越してきて、驚いたこと、エピソードが、あれこれかわいらしく描かれています。
くるんとひっくり返せば、それはそっくりそのまま函館の魅力に置き換えられる事柄達なのかな、と、くすりとしながらも、ふむふむと頷いてしまうような素敵な作品です。


ご参加、ありがとうございました!

おえかきたいかい IN 函館 作品発表会

2011-01-02 15:49:18 | おえかきたいかい IN 函館
エントリーNO.11さんの作品。
『雪まう金森』

タイトルからして詩的で素敵。鉛筆の濃淡のみで仕上げてあって、画面全体に物悲しさを帯びたなんとも言えない渋味が広がっています。しかし、まだ小学生。野球少年。この先どんなかっくいい男になっていくのやら。です。
『海炭市叙景』にも出演中!小林薫さん、南果歩さんの息子(幼少期)役の彼の作品でした。



ご参加、ありがとうございました!