ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】デイブレイカー…前半は好みのSF、後半は嫌いなグチャグチャ

2011-10-10 14:16:56 | 映画・DVD
近況報告、昨日2011年10月9日(日曜日)の続き…といっても大したことはしておりませんが。
「たかじんのそこまで言って委員会」を観た後ブログを更新。その後買い出しに行って庭の雑草を刈る新しい鎌等を購入。帰宅後はレンタルしていた「トゥルー・グリット」を観賞。

本日、2011年10月10日(月曜日)は遊びに行く予定だというのに寝坊した娘を駅まで送った後、小倉まで行って買い物。京都展でみたらし団子等を購入。帰宅して今に至ります。今から部屋の掃除の予定



以下は映画観賞記録(3ヵ月遅れ)です。



「デイブレイカー」
(監督:マイケル・スピエリッグ、 ピーター・スピエリッグ、出演:イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、サム・ニール、2010年アメリカ/オーストラリア)

TSUTAYA DISCASさんから「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」と一緒に届いた一本。2011年7月11日(月曜日)の夜観賞しました(DVD)。



ストーリー
西暦2019年。数年前から世界を襲った疫病により人類の大半は不老不死のヴァンパイアとなってしまっていた。ヴァンパイア達は太陽光線を避けた社会を構築し、僅かに生き残った人間を捕獲、血液供給減として飼育していたが、人間はヴァンパイアと比較して圧倒的に数の少なく、ヴァンパイアの社会は深刻な血液不足に陥っていた。製薬会社で代用血液の開発を研究しているエドワード・ダルトン(イーサン・ホーク)、ヴァンパイアでありながら人間の血を飲む事に罪悪感を感じ、減所の世界を快く思っていない彼は、ある日交通事故を起こしてしまった人間達を助ける。その後その中の一人オードリー・ベネット(クローディア・カーヴァン)は人間の味方となりそうなエドワードに再度接触し、元ヴァンパイアだったがそれを克服し人間に戻ったというライオネル・コーマック(ウィレム・デフォー)という男に引き合わせる。
詳しくは…http://www.daybreakers-movie.jp/





ピロEK的感想&点数
スピエリッグ兄弟(って呼んでいいのかな)監督作品を観るのは初めてで、彼らの作風など知らなかった私は、この映画を(吸血鬼映画といえど)近未来SF映画だと思って臨んだのですが…というか、途中まではそうだったんだけど…本質は違ったみたいですね

ヴァンパイア化が感染症の一種で、患者数がネズミ算式に増えて行った結果、人類のほとんどがヴァンパイアになってしまい、結果食糧不足(食糧たる人間不足)になってしまう…という設定は面白いと思いましたし、

最近どこかしこで流行りのヌルいヴァンパイアものと違って、ヴァンパイアになる事のリスクも宗教観抜きに理解できる設定(食糧不足とか、紫外線下に行けない故の太陽に怯える不便な生活、血液供給が滞ってしまった場合の怪物化等)…過去のヴァンパイアものって、何か孤独感があるとか、宗教的に神様を裏切っているとか、そういった抽象的なリスクしかなかったし、ましてや太陽光を浴びたら何やらキラキラ光るからダメ…なんていうヌル過ぎるリスクでは決して無いってのも良い感じ

そういうキッチリ(?)ヴァンパイア蔓延化の設定が作られている「アイ・アム・レジェンド」の知性有りヴァージョンのSFという認識で観ていたのですが…

何故か後半は済し崩し的にスプラッタムービーへと変貌。いろんな意味でグチャグチャです
設定が勿体無い気がしました
…ところで、おなか減ってるときに人間見ただけであんなに理性無くしちゃう兵隊さんたちは、朝になったら冷静に建物内に避難出来るのでしょうか

で、このオチってバットエンドなんですかねぇ
ヴァンパイアが人間に戻るのに、戻った人間が犠牲になる連鎖だと…世界の終末に向かっちゃう可能性もあるし、ラストシーン自体がいろんなゾンビ映画のラストというか、マッドマックスというか、そういう感じでしたからねぇ


最後ぐちゃぐちゃになっちゃったと私は認識しているこの映画ですが、出演者各位は勿体なくも味のある方たちばかり。
例えば、脇役のウィレム・デフォー。彼がヴァンパイアというと如何にもな気がするけど、ヴァンパイアを克服した陽気な(?)親父でも違和感無い感じでした。この方は顔が特殊にもかかわらず、色々演じ分けられる方のようです。


ということで点数は4点弱(5点満点中)ぐらいかなぁ
個人的には、この事態にをどうやって抗うかだけでキッチリキレイに落してくれた方が好みの映画になったでしょうねぇ



補足・蛇足
ウィレム・デフォーについてもうチョイ。
彼のヴァンパイア役っていうので、『ん、また』と思ったのでネットで検索すると…「Daybreakers(原題)」で「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」以来のヴァンパイア役という記事に行き当たりました。
しかし私は「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」は未鑑賞。なのでそこから引き出された記憶では無いと思い、今度はウィレム・デフォー自身の出演歴を調査すると…ヤッパリ私が観ている映画の中にありました…「ダレン・シャン」です。アレで脇役のヴァンパイアを演じてました。無かった事にされているか、記事を書いた人が完全に失念していたかは分かりませんが…まぁ「ダレン・シャン」(当ブログでの配点2点弱)なら仕方ないですね



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 【映画】ナルニア国物語/第3... | トップ | 【映画】ダーリンは外国人…面... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

デイブレイカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:DAYBREAKERS。ピーター・スピエリッグ、マイケル・スピエリッグ監督、イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、イザベル・ルーカス、サム・ニール、マイケル・ドーマ ...
デイブレイカー (だらだら無気力ブログ)
人類に変わってバンパイアが世界を支配し、人類はバンパイアへの血液供給 のための家畜となってしまった世界で、人類の減少によりバンパイアに 食糧問題が直面する様を描いた近未来SFアクション映画。 主演は『その土曜日、7時58分』のイーサン・ホーク。 共演は『...
デイブレイカー  監督/ピーター&マイケル・スピエリッグ (西京極 紫の館)
【出演】  イーサン・ホーク  ウィレム・デフォー  サム・ニール 【ストーリー】 2019年、ウィルスの蔓延により、全人口の95%がヴァンパイアとなっていた。エドワードは製薬会社ブロムリー=マークス社で人工血液を開発する研究者。彼自身もヴァンパイアだが人血を飲...
デイブレイカー (食はすべての源なり。)
デイブレイカー ★★★★☆(★4つ) イーサンホーク出演作品は、青春(今を生きる)、恋愛(恋人までの距離、ビフォアサンセット)、ドラマ(生きてこそ)、SF(ガタカ)とジャンル問わず好きな作品ばかりなので、えぐい、グロイと聞いてたけど、そこは目をつぶって鑑...
デイブレイカー (とりあえず、コメントです)
イーサン・ホーク主演の近未来SFスリラーです。 ほとんどの人類がヴァンパイア化した世界でどんな物語になるのかなあと気になっていました。 予想以上に面白くてドキドキする展開でした~
デイブレイカー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【DAYBREAKERS】 2010/11/27公開 オーストラリア/アメリカ R15+ 98分監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ出演:イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、クローディア・カーヴァン、マイケル・ドーマン、サム・ニール、イザベル・ルーカス、ヴィンス....
デイブレイカー (2009) (肩ログ)
DAYBREAKERS オーストラリア/アメリカ 監督: マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ 出演: イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、クローディア・カーヴァン、マイケル・ドーマン、サム・ニール、イザベル・ルーカス、ヴィンス・コロシモ、他 久しぶりの...
デイブレイカー (キノ2)
★ネタバレ注意★  ヴァンパイアブームって、まだ真っ盛りなんでしょうか、そろそろ終焉したのでしょうか。  終焉したのだとしたら、この作品が掉尾を飾ったことになるのかもしれない。  オーストラリアからやって来た、ピーターとマイケルのスピエリッグ兄弟が...
デイブレイカー (心のままに映画の風景)
2019年、人類のほとんどがバンパイアと化した近未来。 ヴァンパイアの食糧源である人間の数が減少する一方で、血液研究者のエドワード・ダルトン(イーサン・ホーク)は、人間に危害を与えずに済む代用血...
デイブレイカー (銀幕大帝α)
DAYBREAKERS/09年/濠・米/98分/SFヴァンパイア・アクション・ホラー/R15+/劇場公開 監督:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ 脚本:マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ 出演:イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、クローディ....
『デイブレイカー』に学ぶ3倍オモシロくする方法 (映画のブログ)
 抜群に面白いSFの一つとして『スラン』を挙げることに反対する人はいないだろう。A・E・ヴァン・ヴォークトが1940年に発表したこの傑作小説に魅入られた人は多い。  新人類が活躍する『スラン』の後継とい...
デイブレイカー/Daybreakers (我想一個人映画美的女人blog)
人口の95%がヴァンパイア!もはや人間が絶滅危惧種!ヴァンパイアだらけになった近未来、人間は彼らの血液供給源となる。 人間対ヴァンパイア。生き延びるのはどっち?! ピーター&マイケル・スピエリッグ、2003年のゾンビ映画「アンデッド」で注目を浴びた オ...
デイブレイカー (Daybreakers) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 主演 イーサン・ホーク 2009年 オーストラリア/アメリカ映画 98分 ホラー 採点★★★ 映画でも良く取り上げられる“永遠の命”って、確かに非常に魅惑的な響きを発しておりますねぇ。ただ、何歳の時点でそ...
【デイブレイカー】 (日々のつぶやき)
監督:ピーター・スピエリッグ 出演:イーサン・ホーク、ウィリアム・デフォー、サム・ニール   絶滅寸前の「人間」は、捕獲・管理されていた ― 「人間のほとんどが不老不死に惹かれヴァンパイア化してしまった2019年、人間の減少により血液不足が深刻な社会問
「デイブレイカー」血が欲しい~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヴァンパイア] ブログ村キーワード  ヴァンパイアと人類の戦いを描いた映画ってのは、これまでにも色々とございましたが、本作が描いているのは、これまでとは少々毛色が違っていると思います。「デイブレイカー」(ブロードメディア・スタジオ)。だって、地球...
デイブレイカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人類の大半がヴァンパイアと化した近未来を描くSFアクション・スリラー。監督は「アンデッド」のピーター&マイケル・スピエリッグ兄弟。出演は「ニューヨーク、アイラブユー」の ...
デイブレイカ―(2009)DAYBREAKERS (銅版画制作の日々)
 ついに観ましたよ! 絶望寸前の人類に希望はあるのか── Tジョイ京都にて鑑賞。先日頂いた招待券にて鑑賞しました。実は「黒く濁る村」かどちらか鑑賞しようと考えたんですけれど、、、。ヴァンパイアものがやはり気になりましてこれをチョイスすることに。このシア...
『デイブレイカー』 ('10初鑑賞154・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 11月27日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:40の回を鑑賞。
デイブレイカー (風に吹かれて)
ヒーローになれそうでなれないイーサン (^m^)公式サイト http://www.daybreakers-movie.jpある日突然、未知のウィルスによる疫病が世界中に蔓延し、人類のほとんどが、ヴァン
デイブレイカー (迷宮映画館)
完全に壊れ記事です・・・。
試写会「デイブレイカー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/11/17、なかのZEROホール。 18時半開場とやや遅めだが、中野での開催ではいい時間帯だ。 18時35分に着いた時はもう列がなくなっていた。 雨だったので早めに開けたのだろうか。 会場は半分強くらいの入りか。 2階席も開いていたが、ほとんど入っていな....
デイブレイカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人類の大半がヴァンパイアと化した近未来を描くSFアクション・スリラー。監督は「アンデッド」のピーター&マイケル・スピエリッグ兄弟。出演は「ニューヨーク、アイラブユー」の ...
デイブレイカー (LIFE ‘O’ THE PARTY)
「画面に現れた時に「出たーーッ!!!!」って親父がいるじゃな
『デイブレイカー』『リセット』を新橋文化で観て、うんうんとちゃうやろ、ふじき☆☆☆,☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
新橋文化二本立て復帰興行の一発目。 ◆『デイブレイカー』 五つ星評価で【☆☆☆アイデアがいい。後半はちょっと迷走】 冒頭、人類の大半がすでにヴァンパイアに 移行して ...
デイブレイカー (mama)
DAYBREAKERS 2009年:オーストラリア、アメリカ 監督: マイケル・スピエリッグ 、 ピーター・スピエリッグ 出演:イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、マイケル・ドーマン、サム ...